~越境EC 流通総額No.1 BEENOSグループの購買データから、2021年の世界の消費動向を分析~ BEENOSが「越境EC世界ヒットランキング2021」を発表

2021年の消費キーワード 「世界同時 消費」

越境EC 流通総額No.1(※1)のBEENOSグループのBEENOS 株式会社(東証一部 3328、本社:東京都品川区、代表取締役:直井 聖太、以下BEENOS))は、2021年の越境ECの消費動向を振り返りランキングを発表する「BEENOS 越境EC 世界ヒットランキング 2021」を本日、発表しました。2008年より越境EC事業を展開してきたBEENOSグループは、2,500以上の国内ECサイトの海外販売をサポート実績があります。「BEENOS 越境EC 世界ヒットランキング 2021」は、越境EC 流通総額No.1(※1)のBEENOSグループの購買データより2021年の消費傾向を振り返り、「日本発、世界でヒットした商品」を紹介するランキングです。


新型コロナウィルスによる影響で2021年も訪日が制限されインバウンド消費が打撃を受ける一方で、越境ECは伸長しており、BEENOSの海外購入サポートサービス「Buyee」の2021年第4四半期の流通総額は前年同期比51.2%増(※2)で過去最高を更新し、アメリカ、台湾からの流通も増加しました。動画配信などの共通プラットフォームにより世界同時にヒットが生まれた2021年、リアルタイムで海外の需要を取り込むために世界で同時販売可能な環境づくりが重要と考え、BEENOSは、流通額が大幅に伸長した2021年の購買傾向をエリア別で発表することにより、日本企業が「海外に挑戦」するための一助となることを目指します。

 
  • 【2021年の消費キーワード】世界同時 消費
2021年もコロナ禍でリアルな移動は制限が続いていますが、一方で、DXやオンラインでのグローバル化が進み、世界はより近づきました。Netflixで世界同時配信された「イカゲーム」の世界的ヒットなど、コンテンツをきっかけに、世界で同時にヒットが生まれたのが2021年です。共通プラットフォームによる世界同時配信やリアルタイムの多言語での翻訳化、ボーダーレスなファンコミュニティによって、ヒットの時差は縮まり、各国のトレンドと世界のトレンドが相互に影響を与えるようになりました。それによって、国内だけでなく世界で同時に販売できる「EC=グローバル」がさらに重要になりました。

<世界同時消費の例>

2021年に話題になったアニメといえば、「呪術廻戦」が挙げられます。同作は新作アニメを現地放映とほぼ同時に配信している世界最大級のアニメ配信サイト「クランチロール」で配信され、日本との時差を感じさせないタイミングで海外でもヒットし、Buyeeでの関連商品の流通も前年同期比214.55倍に急拡大しました。
また、日本と海外でのトレンドの垣根がなくなり、「レトロブーム」は世界に広がりました。「アナログ」関連2.06倍、「チェキ」関連1.91倍とBuyeeでの流通も前年同期比で伸長しました。
こうした世界同時 消費の背景に、DX、SNSの浸透があり、世界と各国のトレンドは相互に影響を与え合うようになりました。

 
  • 【BEENOS 越境EC 世界ヒットランキング 2021】
日本企業と海外のお客様をつなぐ越境EC 流通総額No.1(※1)の購入サポートサービス「Buyee(https://buyee.jp/)」の購買データに基づき抽出した日本発、世界で売れている商品のエリア別(※3)ランキング(※4)です。 


※「世界人気TOP5」には前年同期比の伸長率を記載。昨年比で順位が上がった商品カテゴリの伸長率は赤字で記載

<トピックス>
・世界的に日本の「エンタメ」、「ファッション」の需要が高い
・インフルエンサーやデザイナーズブランドなどの影響で、ファッションにもオタク消費的な傾向が顕著になった
・コロナ禍で価値観が見直され現金だけでないモノの価値が高まり、「トレーディングカード」、「アクセサリー・時計」の需要が上昇

 
  • 【越境EC 二大ジャンル】エンタメ、ファッション

Buyeeにおける越境ECで人気の二大ジャンルが「エンタメ」と「ファッション」です。趣味嗜好性の高いロングテール商材は世界中のお客様にリーチできる越境ECにおいて需要が高くなる傾向があるため、「エンタメ」「ファッション」は越境ECと相性が良く、流通に結び付きやすいジャンルです。Buyeeでも例年、流通額が大きい二大ジャンルですが、2019年から2021年の2年間で「エンタメ」関連3.16倍、「ファッション」関連4.82倍と、両ジャンルともさらに流通が拡大しています。
DXがさらに広がった2021年、動画配信サイトやSNSなどの共通プラットフォームからの情報発信でファンを増やしたコンテンツやブランドがさらに人気を伸ばしました。


●エンタメジャンルの人気商品

 

特に伸長した商材は、「トレーディングカード」で、Buyeeでは前年同期比で3.44倍に流通が伸長しました。コロナ禍で価値観が見直され、現金だけでないモノの価値が高まり、投資目的での需要が高まりました。
また、海外対応とローカライズで流通を拡大させているのが「VTuber」関連です。バイリンガルVTuberに代表されるように日本では珍しく当初から世界市場を狙ったコンテンツが奏功し、Buyeeでの関連商品の流通は前年同期比18.99倍と急拡大し、海外人気が爆発しています。
なお、コンテンツホルダー以外でも、「ファミコン」といった関連商品が前年同期比2.34倍で伸長しており、お家で楽しめるエンタメ商材に商機が見られます。


■Buyee、Buyee Connect導入をお考えの方のお問合せ先
BeeCruise株式会社
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/
[越境展開のノウハウブックの無料ダウンロード]
https://beecruise.co.jp/documents/form/?type=document01


(※1)国内越境EC 年間流通総額 No.1
該当サイトにおける海外個人を対象とした日本から海外への年間流通総金額
東京商工リサーチ調べ(2021年5月時点)
https://beenos.com/news-center/detail/20210607_bns_pr/

(※2)2021年第4四半期(2021年7月1日~9月30日)のBuyeeにおける流通総額の前年同期比

(※3)各エリアに該当する国・地域
・北米:アメリカ、カナダ
・東アジア:中国、台湾、香港、韓国、モンゴル、マカオ
・東南アジア:ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム
・南アジア:バングラデシュ、ブータン、インド、モルディブ、ネパール、パキスタン、スリランカ
・ヨーロッパ:アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アンドラ、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オランダ、オーストリア、ギリシャ、クロアチア、スイ
ス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、
ポルトガル、ポーランド、マケドニア、マルタ、モナコ、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア

(※4)「BEENOS越境EC世界ヒットランキング2021」および各関連商品の流通額の前年同期比の算出方法
2021年1月1日~2021年9月30日のBEENOSグループの「Buyee」の購買データを元に独自に算出


<日本企業の海外販売を支援する「Buyee」 「言語」「決済」「物流」の3つの壁を解消>
Buyeeは、日本企業の越境ECをサポートする購入サポートサービスです。海外販売の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消し、サービス利用料も0円から対応可能です。Buyeeを導入することで、一括で世界118ヶ国/地域に販売できます。さらに、2020年より新サービス「Buyee Connect」を提供開始し、タグ設置のみで自社のECサイト上に海外専用カートを開設することができ、より手軽に越境ECがスタートできるようになりました。BEENOSグループは越境EC黎明期である2008年より海外転送サービスである「転送コム」事業を開始し、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。海外への販売環境の構築に留まらずユーザー獲得や集客支援も提供しており、手厚い海外販売支援が評価され、2,500以上の国内ECサイトの海外進出のサポート実績があります。(※5)

なお、海外のお客様からは、配送手段や決済手段が多様であること、アメリカやロシア、中国、台湾エリア向けの独自物流構築による国際配送料の安さ、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど高いサービスレベルが好評で、現在会員数は330万人以上に上ります。(※5)さらに、出店企業と公式で連携していること、10言語に及ぶカスタマー対応など安心のサポート体制で、リピーターも多いサービスです。
(※5)「Buyee」と越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」を合わせた数字、2021年9月末時点


【BEENOSグループの概要】
BEENOSグループは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしており、グローバルECサービスの運営や、インバウンド需要を見込んだ日本独自のコンテンツ商材の企画・開発、そして国内外約70社の企業への出資を行っております。
越境EC関連サービス「転送コム(https://www.tenso.com/)」と「Buyee(https://buyee.jp/)」においては、両サービスあわせて2,500以上(2020年9月現在)の国内ECサイトの海外販売をサポートしており、配送対象は118ヶ国/地域に上ります。国境を越えた商取引の障壁となる「言語」「決済」「物流」の問題を解消することに加え、海外発送オペレーションやグローバルなカスタマーサポートなど独自のノウハウを培ってまいりました。12年以上の越境EC購買データベースの構築や機械学習など、テクノロジーを活用して海外のお客さまに便利で分かりやすく、安心してご利用いただけるサービスづくりに努めております。配送手段、決済手段が多様であることや、複数のサイトで購入した商品でも同梱できることなど高いサービスレベルを海外のお客様に評価いただき、会員数は330万人以上(※5)となりました。


【BEENOS 株式会社の概要】
(1)社 名 : BEENOS 株式会社
(2)代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太 
(3)本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
(4)設 立 年 月 : 1999年11月
(5)資 本 金 : 27億75百万円
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BEENOS株式会社 >
  3. ~越境EC 流通総額No.1 BEENOSグループの購買データから、2021年の世界の消費動向を分析~ BEENOSが「越境EC世界ヒットランキング2021」を発表