夏野菜の季節 心配なのは「値上がり」 形は気にせず、使いきれる量を買って対応

-夏野菜に関する調査(2022年)-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「夏野菜に関する調査(2022年)」を実施しました。今夏、人々から好まれる夏野菜や夏野菜を使った料理とは、どのようなものなのでしょうか。今回は、「夏野菜と聞いて食べたいもの」「夏野菜を使った料理で食べたいもの」「野菜の購買行動」「家庭菜園の経験・意向」などを聴取しました。
◆自主調査リリースの続きはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20220629summerveggies/ 
■調査結果

夏野菜で食べたいものとして、「きゅうり」「トマト・ミニトマト」「ナス」「とうもろこし」が上位にあがった。<図1>
女性は「シソ・ミョウガ・ショウガ」と答えた人が男性より20pt以上高い。

夏野菜を使った料理で食べたいものは、「カレー」「サラダ」「天ぷら」がTOP3。<図2>
4位以降は男性は「野菜炒め」「冷しゃぶ」が続き、女性は「冷しゃぶ」「おひたし、焼きびたし」が続く。夏野菜と聞いて食べたいもの・夏野菜を使った料理ともに女性の方が回答割合が高く、夏野菜は女性に好まれている様子。


野菜に関する購買行動に関しては、「野菜の値上がりを心配している」「形が悪くても気にしない」「使い切れる量だけ買う」が上位。<図3>

現在家庭菜園を行っている人は2割。これまでの経験に関係なく今後やってみたいと思っている人は3割と、現在行っている人と合わせて半数は、自分で野菜を育てることに関心がある。 <図4>


◆クロス集計表のダウンロードはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/report/life/20220629summerveggies/

■調査項目
□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが「してもいい」と思う外出を伴う行動
□夏野菜と聞いて食べたいもの
□夏野菜を使った料理で食べたいもの
□野菜に関する購買行動
□家庭菜園の経験・意向

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  : 2022年6月24日(金)~6月26日(日)
有効回答数 : 本調査1,100サンプル                  
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

【会社概要】
会社名 : 株式会社クロス・マーケティング  http://www.cross-m.co.jp/
所在地 : 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立 : 2003年4月1日
代表者   : 代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 : マーケティングリサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当 : マーケティング部 TEL : 03-6859-1192 FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp  
≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロス・マーケティング >
  3. 夏野菜の季節 心配なのは「値上がり」 形は気にせず、使いきれる量を買って対応