学校給食週間に、葉隠勇進が受託する学校で特別メニューを提供

学校給食を全国の小学校で提供する葉隠勇進株式会社(東京都港区、社長執行役員:鈴木 紀之)は、全国学校給食週間に合わせて、給食の歴史を辿る献立や、各地の地場産物を活用した献立など特別メニューを提供しました。全国学校給食週間は、毎年1月24日から1月30日として定められ、学校給食の意義や役割の理解と関心を深めるための週間です。
  • 全国学校給食週間とは
学校給食は、明治22年に始まり、各地に広がっていきましたが、戦争の影響による食糧不足で一時中断されました。戦後、食糧難による児童の栄養状態の悪化を背景に学校給食の再開を求める国民の声が高まり、昭和22年1月から学校給食が再開されました。昭和25年度からは、学校給食による教育効果を促進する観点から、冬季休業と重ならない1月24日から1月30日までの1週間を「学校給食週間」と定め、今に至ります。※1

子どもたちの食生活を取り巻く環境が大きく変化している中で、学校給食は子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けるために重要な役割を果たしています。
葉隠勇進は、学校給食週間で多くの子どもたちに様々なテーマの特別給食を提供しました。

※1 出典:文部科学省「全国学校給食週間について」
https://www.mext.go.jp/a_menu/sports/syokuiku/1299359.htm
 
  • 令和3年度 葉隠勇進の学校給食週間の取り組み
佐賀県・武雄市にある中学校の特別給食

給食の起源をイメージした「おにぎり、鯖の塩焼き、千切りたくあん、具沢山みそしる」給食の起源をイメージした「おにぎり、鯖の塩焼き、千切りたくあん、具沢山みそしる」

佐賀県武雄市にある中学校では28日、今からおよそ130年前に日本で最初に提供されたという給食をテーマにした「特別給食」を提供しました。学校給食は、山形県鶴岡市の私立忠愛小学校で「おにぎり、魚、たくあん」が提供されたのが起源だと言われています。

特別給食の当日、1500個ものおにぎりを手作りで握るため、5人がかりで調理にかかりました。1人が配送された炊き立てのご飯をひっくり返し、4人で握っていきます。お米が残らないように分量に合わせて手作りでおにぎりを握ることは、調理員の熟練の感覚や技術が必要のため、難しいと言います。
 

おにぎり型に入れてから、手で崩れないように握っていくおにぎり型に入れてから、手で崩れないように握っていく

忙しい特別給食の日。調理員全員で打ち合わせしてから大量調理にかかる忙しい特別給食の日。調理員全員で打ち合わせしてから大量調理にかかる

東京都・文京区にある小学校の特別給食

昭和27年に親しまれたという「鯨の竜田揚げ、キャベツのごま酢和え、じゃがいもの味噌汁、麦ごはん」の献立昭和27年に親しまれたという「鯨の竜田揚げ、キャベツのごま酢和え、じゃがいもの味噌汁、麦ごはん」の献立

東京都文京区のこちらの小学校では、時代の中で形を変えてきた学校給食の歴史を一週間で、追体験しました。月曜日から順番に、学校給食が始まった明治22年、昭和27年、昭和39年、昭和40年、そして現在の人気献立が児童の前に並びました。

中でも昭和27年の献立にあった「鯨の竜田揚げ」は、現代では珍しく、はじめて口にした児童も多かったようです。しょうが汁で臭みをとり、醤油とお酒で下味をつけ、片栗粉をまぶして油で揚げた鯨肉は、現代の児童にも「初めての味だけど美味しい!」と好評でした。
 

明治22年に親しまれたという「鮭の塩焼き、からし和え、すいとん汁、ご飯」の献立明治22年に親しまれたという「鮭の塩焼き、からし和え、すいとん汁、ご飯」の献立

東京都・大田区にある小学校の特別給食

東京都大田区にある小学校は、揚げパン発祥の小学校として知られています。昭和27年頃、風邪で休んでいた児童の自宅に給食を届けるために、当時の調理員さんが「食べやすいように」と硬くなったパンをおいしく食べてもらいたいと考えて油で揚げ、砂糖をまぶしたことが始まりです。その揚げパンが人気メニューとなり、評判を呼んで区外の学校へと広まっていったそうです。

東京都・豊島区にある小学校の特別給食

東京都豊島区にある小学校では、26日提供の「千住ねぎと豚肉のうま煮丼」や、27日提供の「八丈島レモンと蜂蜜のトースト」など、東京都で採れた地場産食材の活用をした献立がテーマでした。八丈島のレモンを使ったトーストは、レモンを加熱すると変色しやすい特徴に気を付けて、バターと砂糖と蜂蜜を混ぜ合わせる直前にレモンを加えるなど調理にも工夫を凝らしました。甘酸っぱいトーストは児童に好評でした。

千葉県の学校給食週間特別メニュー

千葉県の魅力が詰まった「さわらのにんじんソースがけ、千葉の恵み和え、3種のいもの味噌汁、いよかん」千葉県の魅力が詰まった「さわらのにんじんソースがけ、千葉の恵み和え、3種のいもの味噌汁、いよかん」

千葉県で提供された学校給食週間の統一献立です。千葉県で生産されたにんじんや、さといもなどの地場産食材をふんだんに使った、千葉県の魅力が詰まった給食でした。特に「千葉の恵み和え」は、1~2月が旬の菜花をはじめ、千葉県産の野菜やのりを使い、千葉県の魅力を再発見できるようにという想いが込められた特別な献立でした。
 
  • 全国学校給食週間や、学校給食について取材のご要望がございましたら、以下までご連絡ください。
【お問い合わせ先】
ソシオークホールディングス株式会社
事業推進本部 経営企画部 広報課 mit@socioak.com
 
  • 葉隠勇進株式会社について
葉隠勇進株式会社は、学校給食業務を受託運営しております。
子どもたちの「おいしい」の声が聞きたいから、安全で真心のこもった「食育給食」を提供します。私たちの食育は、成長期を支える給食を残さず食べてもらえるように、心を込めてひと手間もふた手間もかけることです。子どもたちの成長に欠かせない「安全でおいしい給食」に加えて「思い出に残る給食」の提供を目指します。
 
  • SDGsの取り組み
ソシオークグループは「社会と共生する樹でありたい」を合言葉に、CSVの推進を重要な経営課題と位置づけ、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとしていきいきとした未来に向けて貢献してまいります。
グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」をSDGsの重点課題として選定しました。

葉隠勇進では「2.飢餓をゼロに」「3.すべての人に健康と福祉を」「8.働きがいも経済成長も」「12.つくる責任つかう責任」を重点課題として捉え、取り組んでおります。

【主な取り組み】
2.こども食堂の開催
3.学校給食事業における肥満や生活習慣病にならない健康な食事の提供
8.学校給食事業における女性・高齢者・障がい者等の雇用及び働き甲斐のある職場の提供
12.学校給食事業における給食残菜削減の取り組み
 
  • 『現場力』向上の取り組み
ソシオークグループは、現場の社員が自ら課題や改善点を見つけ、知恵と工夫によりチームで改善を重ねていく『現場力』の取り組みを推進しております。現場の中にある課題と改善点の取り組みをまとめた報告書の提出枚数は、取り組みを強化したことで年々向上し、2020年は年間で4,000件を超える提出がありました。現場力は自ら考え、自ら実践するナレッジワーカーとしての誇りの醸成や、個人の持続的成長につながるとともに、年に2回、特に素晴らしい取り組みを表彰することで、各現場の意欲向上や組織の活性化にもつながっております。
 
  • 葉隠勇進株式会社
~てしおにかけた究食へ~
社長執行役員:鈴木 紀之
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
設立:1963年2月
事業内容:学校給食業務
URL:https://www.hagakure.co.jp/
 
  • ソシオークグループ
商号:ソシオークホールディングス株式会社
~社会と共生する樹でありたい~
代表者:大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
設立:2013年10月
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ソシオフードサービス株式会社/株式会社クックサービス/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
URL:https://www.socioak.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソシオークグループ >
  3. 学校給食週間に、葉隠勇進が受託する学校で特別メニューを提供