JAL、国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請

JAL
2019年12月17日

  JALは、2020年1月1日から適用となる日本発国際貨物燃油サーチャージを、本日、国土交通省へ申請しました。基準となる2019年11月のジェット燃料の平均価格が1バレル当たり74.95米ドルであったことから、燃油指標価格を「70.00以上75.00未満」とし、サーチャージ額は1kgあたり18円(米州・欧州など遠距離路線)、9円(アジア遠距離路線)、9円(アジア近距離路線)となります。
  JALは日本発国際貨物燃油サーチャージの改定時期を年12回(毎月)としており、また、各月の貨物燃油サーチャージ額は「シンガポールで取り引きされるジェット燃油(ケロシン)価格の前々月の平均値」を燃油指標価格として、2016年10月より導入した以下テーブルに従いサーチャージ額を決定します。
  JALは最大限の自助努力を行いながら、安定的な貨物輸送サービスの提供に努めてまいります。

貨物燃油サーチャージテーブル                                              (表示価格は貨物1kgあたり)

                                            以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JAL >
  3. JAL、国際貨物の燃油サーチャージ改定を申請