新成人500名にきく、2018年 新成人に関する定点調査(マクロミル調べ)

1 月 8 日は成人の日!
2018年1月に成人式を迎える全国の新成人を対象に「2018 年 新成人に関する調査」を実施しました。この調査は 2008 年から開始し、今回で 11 年目。調査手法はインターネットリサーチ、調査期間は 2017 年12月15日(金)~12月17日(日)、有効回答数は 500 名。

 

<HoNote通信 vol.96>

■Topics
  • 将来の夢がある新成人は、過去最低の54%
  • 「日本の未来は明るい」34%。2014年がピークで2015年からほぼ横ばい
  • 将来1番就きたい職業、2位の「わからない」が28%で、1位の「会社員」31%に迫る
  • スマホ所有率、「iPhone」が「Android」を大きく引き離し、その差は22%に
  • SNS利用率、1位「LINE」96%、2位「Twitter」80%で、いずれもこの6年で最高。
    「Instagram」が躍進、51%で「Facebook」の2倍に
  • 社会潮流に対する考え、“AI”は半数弱が不安を抱く、
    “グローバル化”は半数弱がグローバル人材になりたいが8割が「英語に不安」
  • 活躍を期待する2018年新成人ランキング
    1位フィギュア「宇野昌磨」、2位モデル・タレント「藤田ニコル」、3位プロ野球「オコエ瑠偉」


■調査結果

【1】将来の夢がある新成人は、過去最低の54%

将来の夢があるか尋ねると、「ある」は54%、「今のところない」は38%、「わからない」は8%でした。将来の夢がある新成人は、2008年に調査を開始して以来最低となりました。

 

 

 

 

【2】「日本の未来は明るい」34%。2014年がピークで2015年からほぼ横ばい

日本の未来について、「明るいと思う」「どちらかといえば、明るいと思う」「どちらかといえば、暗いと思う」「暗いと思う」の四択で尋ねました。2018年の新成人は、「明るいと思う」計※1が34%、「暗いと思う」計※2が66%。日本の未来を明るいと思う新成人は、2014年がピークで44%、その後2015年に34%に落ち込んでからほぼ横ばいに推移しています。

※1:「明るいと思う」3.8%+「どちらかといえば、明るいと思う」30.6%の合計
※2:「暗いと思う」12.8%+「どちらかといえば、暗いと思う」52.8%の合計
 

 

 



【3】将来就きたい職業、2位の「わからない」が28%で、1位の「会社員」31%に迫る

将来就きたい職業は、1位「会社員」31%、2位「公務員」20%でした。1位「会社員」、2位「公務員」の順位は当データの取得を開始した2011年から8年連続で維持し続けているものの、今年は「わからない」と回答した割合が1位の「会社員」に3%差まで迫っています。



【4】スマホ所有率、「iPhone」が「Android」を大きく引き離し、その差は22%に

デジタル端末の所有率を確認しました。その中でスマートフォンに注目すると、2016年に“Android”を追い抜いた“iPhone”の所有率が61%まで増加、“Android”は36%まで減少しています。“iPhone”の所有率は5年で約2.5倍に増加しました。一方で“パソコン”は、デスクトップ、ノート共に減少傾向となっています。



【5】SNS利用率、1位「LINE」96%、2位「Twitter」80%で、いずれもこの6年で最高。「Instagram」が躍進、51%で「Facebook」の2倍に

SNSの利用率は、1位が「LINE」96%、2位が「Twitter」80%で、いずれもこの6年で最高となりました。3位は「Instagram」で51%、4位の「Facebook」26%の2倍となっています。2016年に3位だった「Facebook」は、2017年に「Instagram」に追い抜かれ、今年はその差は2倍にまで広がりました。



【6】社会潮流に対する考え、“AI”は半数弱が不安を抱く、“グローバル化”は半数弱がグローバル人材になりたいが8割が「英語に不安」

社会の潮流として“グローバル化”や“AI(人工知能)化”といった話題が多く挙がる中で、今年2018年の新成人はこれらをどのように捉えているのでしょうか。

まず“AI化”について尋ねると、「AIに期待している」が37%、「AIに期待していない」が29%でした。また「AIに不安がある」が48%で、期待をしている・していないに関わらず半数弱の人がAIに対して不安を抱いているようです。

次に“グローバル化”について尋ねました。「身の回りの環境がグローバル化した」と“実感している人”と“実感してない人”はそれぞれ約34%で同等に存在しています。また、グローバル人材になりたいと考えている人は45%と半数弱いるものの、「英語への不安がある」と感じる人は79%にものぼっています。

 



【7】 活躍を期待する2018年新成人ランキング 1位フィギュア「宇野昌磨」、2位モデル・タレント「藤田ニコル」、3位プロ野球「オコエ瑠偉」

2018年1月に成人式を迎える同じ歳の新成人のうち、今後の活躍を期待・応援している人を尋ねました。ここではトップ10位を発表します。1位はフィギュアスケート選手の「宇野昌磨」で33%、2位はモデル・タレントの「藤田ニコル」31%、3位はプロ野球選手の「オコエ瑠偉」22%がランクインしました。(4位~10位は以下の表の通り)

●活躍を期待する新成人ランキング トップ10
ベース:新成人(n=500)/複数回答

1位   宇野昌磨 (フィギュアスケート選手) 33.2%
2位   藤田ニコル (モデル・タレント) 30.6%
3位   オコエ瑠偉 (プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」) 22.4%
4位   桜井日奈子 (女優・モデル・タレント) 18.2%
5位   宮原知子 (フィギュアスケート選手) 17.8%
6位   杉咲花 (女優) 13.6%
7位   小笠原慎之介 (プロ野球「中日ドラゴンズ」) 12.0%
8位   上白石萌音 (女優・歌手) 11.8%
9位   飯豊まりえ (女優) 9.0%
10位 井上苑子 (シンガーソングライター) 8.8%



▼ 調査の詳細や、その他の調査結果は、以下のURLからダウンロードいただけます。

市場調査メディアHoNote(ホノテ)
https://honote.macromill.com/report/20171228/?cid=SL-PR



<その他の調査結果>
  • ž「自分の未来」について
  • ž「日本の政治」に、どの程度期待できるか
  • 「国民年金制度」に対する信頼度と考え
  • 自分たちの世代が日本の将来を変えていきたいと思うか
  • ž関心を持っている政治・経済・社会のニュース
  • 政治・経済・社会・外交への関心
  • 「理想の大人」はいるか、それはどのような関係の人か
  • 20歳になって嬉しいと思うこと
  • 就職に不安を感じているか
  • 新成人の考え方の傾向
  • 海外についての関心
  • 友達はいるか、その中で親友はいるか
  • 「友達」とのコミュニケーション
  • 「友達」についての考え方
  • 利用している情報源、その中で信頼している情報源 ・・・など

▼「2018年 新成人に関する調査」調査概要

調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 全国、2018年成人式の参加対象となる平成9~10年生まれの男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 男性250サンプル、女性250サンプル(合計500サンプル)
調査期間 2017年12月15日(金)~12月17日(日)
 
※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクロミル >
  3. 新成人500名にきく、2018年 新成人に関する定点調査(マクロミル調べ)