<2020年に「来る!」野菜>最も注目の野菜は日本人に大人気のあの国から来た「水蓮菜」時短調理志向を受けて進化したあの野菜もランキング入り!

~毎週300品目の野菜を取り扱う Oisixの青果バイヤーが選ぶ注目の野菜とは~

 安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が運営する「Oisix」は、毎週300品目の野菜を取り扱うバイヤーが売れ行きとお客様からのご支持から独自の視点で選出「2020年注目の野菜トップ5」を発表します。
<2020年 注目の野菜トップ5>

第1位 台湾発!ぐるぐる水蓮菜(すいれんさい)

▲ぐるぐる水蓮菜▲ぐるぐる水蓮菜


第2位 1つで3度おいしい「サラトリオレタス」

▲サラトリオレタス▲サラトリオレタス


第3位 「時短便利」じゃがいも&かぼちゃ

▲レンチン簡単!パッとかぼちゃ▲レンチン簡単!パッとかぼちゃ


第4位 「代替肉」ステーキしいたけ

▲ステーキしいたけ▲ステーキしいたけ


第5位 ひと口サイズ キャンディーキウイ

▲キャンディーキウイ(左)  通常サイズのキウイとの比較▲キャンディーキウイ(左)  通常サイズのキウイとの比較


■第1位は炒めてシャキ旨! 「水蓮菜」 野菜界最長! 台湾から入荷した1m超えの野菜

 おいしい食材の宝庫と呼ばれ、今年は日本からの旅行者が200万人※1を突破、高校生の修学旅行で海外渡航先としてもトップ※2になった台湾。その台湾で「現地で出会ったおいしい野菜」として知られていながら、これまで国内では専門料理店以外でお目にかかることのなかった野菜がついに上陸。
 個人のお客さまが手軽にお求めいただけるよう、Oisixでは2019年7月より水蓮菜を輸入販売開始しました(台湾料理店向けに業務用はごく少量流通しています)。


 水蓮菜は水の中で栽培される野菜で、水の中にいるときには1本のつるとして成長し、その長さは1m、長いものでは3mを超えることも。生産者はダイバースーツを着て水中に入り収穫します。


 ぐるぐる長い水蓮菜は、キッチンバサミを使ってカットしながらざるに入れ、切り終わってから水洗いして料理に。くせになるシャキシャキした食感を活かして塩とにんにくでシンプルに炒めるのはもちろん、これからの季節は、しゃぶしゃぶや鍋にもおすすめしています。


※1 台湾交通部観光局発表
※2 文部科学省(2017年度)「高等学校等における国際交流等の状況について」


■収穫体験で野菜が好きになるきっかけや食育にも 「サラトリオレタス」は3度おいしい

 ポットごと土つきでお届け、1つの株で3種のレタスを楽しめるレタスがお子さんを持つ家庭で話題となり、2020年にかけてさらに人気に火が付きそうです。

 3種のレタスはふりふりでシャキシャキ食感のグリーンクリスピー、やわらかで食べやすいグリーンオーク、華やかな色のレッドオーク。それぞれに個性があり、食感も見た目も異なるため、根元を切り落としてさっと洗うだけで簡単に彩りも華やかなサラダが完成。くせの少ないレタスなので、和洋中、どんなドレッシングにもよく合います。


 根と土がついているので新鮮さが長続きする上、家でレタスの収穫体験もできます。

 「子どもたちが大喜びで収穫のまねっこをして、洗ってサラダにしていただきました。柔らかくて美味しかったです。4歳の息子も自分で収穫したと言ってもりもり食べました!」


■調理が面倒なじゃがいもやかぼちゃが、劇的に進化

 時短調理志向を受けて、主婦に寄り添うパッケージの進化が見られたのも2019年ならでは。酷暑の時期にも頼れ、数分でホクホクに仕上がるレンチン対応パッケージのじゃがいもやかぼちゃに熱い支持が集まりました。

 固いかぼちゃもダイスカットにした状態でお届けすることにより、食卓に気軽に出せると人気になっています。凍ったまま袋ごと電子レンジで3分加熱するだけでなめらかに仕上がる「ポテトサラダベース」など、冷凍じゃがいもも進化が続いています。


■「代替肉」として人気急上昇 ジューシーな食感と溢れる旨味 肉厚!ステーキしいたけ

 その旨みがより強くなるように研究・開発されたしいたけです。肉厚でジューシーな食感と、噛むと溢れる旨味は、一度食べたら忘れられない美味しさと話題に。

▲ステーキしいたけ▲ステーキしいたけ

 また、ぶなしめじ、エリンギ、しいたけなどの国産きのこを50%以上使用し、肉のような食感と味わいに仕上がったきのこハンバーグパティといった、海外で今話題の「プラントベース(植物性)のお肉」にもお客様は注目しています。



■ひと口ゼリーの感覚でお弁当に キャンディーキウイ

 香川県は瀬戸内の温暖で穏やかな気候の中、のびのびと育ったかわいいキウイ。酸っぱくなく、小さくても甘みはしっかり。指先で軽く押さえて柔らかくなってきたら食べごろで、爪で切り込みを入れて半分に割り、軽く押し出せば、ひと口ゼリー感覚で気軽に食べられます。

 プチサイズなので、お弁当箱のすき間にちょっと入れるにも便利と人気に。皮ごと食べられるので味うつりもなくて便利です。

■食品宅配サービス「Oisix」とは
 
「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトに、インターネットで有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品など生鮮食品を届けるEC食品宅配サービスです。現在、会員数は230,556人(2019年9月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。
 必要量の食材とレシピがセットになった、主菜と副菜の2品が20分で作れるミールキット「Kit Oisix」を2013年7月より販売を開始し、本年7月に発売6周年を迎えました。シリーズ累計出荷数は4,500万食( 2019年11月時点)を突破いたしました。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
 オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix(おいしっくす)」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドで提供しています。
 また、買い物難民を支援する移動スーパー事業「とくし丸」も順調に事業を拡大しております。当社は「これからの食卓、これからの畑」を理念に掲げ、食に関する社会課題をビジネスの手法で解決する事業を推進しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オイシックス・ラ・大地株式会社 >
  3. <2020年に「来る!」野菜>最も注目の野菜は日本人に大人気のあの国から来た「水蓮菜」時短調理志向を受けて進化したあの野菜もランキング入り!