インテージグループのアスクレップとアンテリオ、経営統合に向けて新社名を『株式会社インテージヘルスケア』に決定

株式会社インテージホールディングス(本社:東京都、代表取締役社長:宮首賢治)は、インテージグループのヘルスケア領域を担う株式会社アスクレップ(本社:東京都、代表取締役社長:矢作友一)と株式会社アンテリオ(本社:東京都、代表取締役社長:仁司与志矢)の経営統合を本日開催の取締役会において正式決定し、新たな商号を「株式会社インテージヘルスケア」とすることにしました。
これにより、株式会社アスクレップと株式会社アンテリオは、株式会社アンテリオを存続会社とする吸収合併方式にて統合し、2019年4月1日付けで「株式会社インテージヘルスケア」となります。また、同社の直下に株式会社医療情報総合研究所、株式会社プラメド、Plamed Korea Co.,Ltd、株式会社京都コンステラ・テクノロジーズ、9月にグループ入りした株式会社協和企画の計5社を置く体制とします。

【新会社の代表者 仁司与志矢のコメント】
ヘルスケア業界においては近年、さまざまな場面で多様な医療データを用いた取り組みが行われています。新会社「株式会社インテージヘルスケア」の中核事業は、CRO(医薬品開発業務受託機関)とヘルスケア領域に特化したマーケティングリサーチとなります。インテージグループが最も得意とする「情報を収集・加工・分析し、価値を与える」という強みを新会社においても最大限に生かし、医薬品や医療機器などの開発からマーケティング、製造、販売、さらにその後に至るライフサイクル全般において、医療を享受する人、提供する人、健康を願うすべての人にとって、より良い意思決定をサポートしていきます。また、インテージのヘルスケアグループの各社におけるリソースや人材を結集し、グループ全体のさらなる事業拡張と新たな付加価値の創出をめざします。

新会社の概要(2019年4月1日付)
新商号: 株式会社インテージヘルスケア
所在地: 東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
代表者の役職・氏名: 代表取締役社長 仁司 与志矢
主な事業内容:
一般用医薬品・医療用医薬品の市場調査、CRO(医薬品開発業務受託機関)業務、データマネジメント・解析業務など
決算日: 3月末
大株主および持株比率: 株式会社インテージホールディングス 100%
(注)資本金については現時点では未定です。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社インテージホールディングス
広報・CSR 部 担当:上村
TEL:03-5295-1508
メール:pr-intagegroup@intage.co.jp

【株式会社インテージホールディングス】 http://www.intageholdings.co.jp/
インテージグループは、1960年に市場調査の専門機関として創業して以来、マーケティングリ
サーチを中核に、ビジネスインテリジェンス事業やヘルスケア領域の情報サービスを展開する、
極めてユニークな企業グループを形成しています。
株式会社インテージホールディングスは、グループ各社が保有する情報やシステムに関する専
門性を背景に、お客様と生活者をつなぐ架け橋として、豊かで可能性の広がる社会の創造をめ
ざしています。

【株式会社アスクレップ】 http://www.asklep.co.jp/
株式会社アスクレップは医薬品開発・製造販売後調査・安全性業務支援をコアビジネスとした医
薬情 報事業を展開しています。 その先にいる患者さんのクオリティ・オブ・ライフ向上に貢献する
ことをコアバリューとし、知識集約型の Medical Intelligence Provider(情報価値創造企業)として、
医療に関わる情報・データの価値を高め、付加価値の高いソリューションの提供を目指していま
す。

【株式会社アンテリオ】 http://www.anterio.co.jp/
株式会社アンテリオは、調査、企画、分析における高度なスキルと豊富な経験・知識をコア・コン
ピタンスとし、ヘルスケア領域のマーケティングリサーチに精通したトップカンパニー。インテージ
グループの一員として健康食品から一般用・医療用医薬品、医療機器までの幅広いヘルスケア
領域のあらゆる課題に対して最適な意思決定をサポートしています。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インテージホールディングス >
  3. インテージグループのアスクレップとアンテリオ、経営統合に向けて新社名を『株式会社インテージヘルスケア』に決定