「Kobe INK物語」 のカラーを採用した神戸発の医療用ウエア「神戸スクラブ」を発売

ワールド×兵庫医療大学×ナガサワ文具センターが産学連携で共同開発

株式会社ワールド(神戸市中央区、社長 上山 健二)は、ファッション性と機能性を併せ持つ医療用ウエアブランド「フィールドワールド」の新商品「神戸スクラブ」を、神戸・ポートアイランドにある兵庫医療大学(神戸市中央区、学長 馬場 明道)、神戸・三宮に本店を持つ創業明治15年の老舗文具店 株式会社ナガサワ文具センター(神戸市中央区、社長 長澤 宗弘)との産学連携で共同開発し、10月よりナガサワ文具センター本店および同社の通販サイトにて先行発売いたします。


※スクラブ(英: scrub)・・・半袖で首元がVネックとなっている医療用白衣。主に医療従事者が着用する。「ごしごし洗う」といった意味である「スクラブ」を語源としており、頑丈な素材が使用されているため強く洗っても生地が傷みにくいのが特徴。
■「神戸スクラブ」開発の経緯
 

 

「フィールドワールド」では、昨年、神戸市の代表的産業でもある“ファッション”と“医療”を組み合わせ、兵庫県の地場産業である播州織の素材を活かした「ドクターコート」「ドクタージャケット」を発売しました。

 その後、医療用スクラブにも多くの要望をいただいたことから、昨年12月に、ワールド本社と同じポートアイランドにある兵庫医療大学に協力を依頼。神戸ならではのスクラブ開発のために、大学内でプロジェクトメンバーを選出し、毎月、開発のミーティングを重ねました。また、スクラブは、白衣よりもカラーバリエーションが豊富であり、病院内でのチーム分けや患者からの視認性向上のために着用される場面が多いことから、兵庫医療大学の学生を対象にアンケートを実施し、赤系・青系のカラーで検討を進めました。


  そして、神戸らしいカラーをと、16年3月には、オリジナルインク「Kobe INK物語」が人気の株式会社ナガサワ文具センターに協力を依頼。同インクの開発者である商品企画室 室長 竹内 直行氏が全面協力し、現在展開する50色以上の中から、神戸の海をイメージした“港島アイランドブルー”、神戸のワインをイメージした“神戸ボルドー”の2色を採用することになりました。

 

 また、素材には制菌加工、制電糸を使用するなど医療に適した機能はもちろん、業務用洗濯でも色が落ちにくい染色加工を行うと共に、デザインのポイントとして部分使いで播州織をあしらいました。
 こうして開発した「神戸スクラブ」は、兵庫医療大学のプロジェクトメンバーが最終のサンプルチェックに協力し、着心地や動きやすさに加えて、シルエットやラインの美しさにもこだわり、修正を重ねて完成しました。

■「フィールドワールド」神戸スクラブ 商品概要
ブランド名:FIELD WORLD(フィールドワールド)



価格:トップス、パンツ 各7,900円 (税抜き)
発売予定:2016年10月
サイズ:男女 各5サイズ展開(SS、S、M、L、LL)            
カラー:神戸ボルドー、港島アイランドブルーの2色
素材:ポリエステル80%、コットン20%(播州織部分はコットン100%)             
機能:制菌加工、制電糸使用
販売方法:10月より、ナガサワ文具センター本店及び同社の通販サイトにて先行発売。その後は、医療用ウエアの専門店や専門サイトで販売予定。

 NO.6 神戸ボルドー

西神戸のなだらかに広がる丘陵地でじっくりと育まれる葡萄は、神戸ワインとして全国に出荷され人気を得ています。華やかな中に深みと落ち着きが感じられるエレガントなワインカラーは、神戸からのメッセージにふさわしい1色に仕上がっています。



NO.37 港島アイランドブルー

人口島として誕生したポートアイランドの最南端にある神戸空港周辺の海は、晴天の日には青空と太陽光を反射して見事な美しい輝きを見せてくれます。神戸上空より臨む、際立った深い海の青をお楽しみください。
※カラーの説明はナガサワ文具センター「Kobe INK物語」パンフレットより引用

 
■8月26日(金)13:45~16:00、
「なるほど医学体験!HANSHIN 健康メッセ」プレスプレビューに登場!

 

「神戸スクラブ」を、8月27日(土)~29日(月)、大阪・梅田 ハービスHALLで初開催されるイベント「なるほど医学体験!HANSHIN 健康メッセ」の「もっと知りたい! 看護の世界(ワールド)」ブースに展示いたします。 http://www.kenko-messe.com/


 前日の8月26日(金)13:45~16:00のプレスプレビューでは、兵庫医療大学の学生がモデルとなって「神戸スクラブ」を着用すると共に、「Kobe INK 物語」開発者であるナガサワ文具センター 商品企画室 室長 竹内 直行氏(写真)も来場します。ぜひ、取材にお越しください。

 



 ■「Kobe INK物語」とは


自然に恵まれ色彩の豊かな『お洒落な神戸の街』に似合うカラーで万年筆を楽しんでいただくためのインクとして、株式会社ナガサワ文具センターが、2007年に発表。「六甲グリーン」「旧居留地セピア」など神戸各地の歴史や風景など市内各地をテーマに50色以上を展開。現在では万年筆だけでは無く、ガラスペンやカリグラフィと組み合わせて、カラーインクとして楽しんでご使用になる方も増えています。

※Kobe INK物語 容量 50ml 全57色、価格 各1,800円 (税抜き)

 ■株式会社ワールド 概要 http://corp.world.co.jp/


(住所:〒650-8585 神戸市中央区港島中町6丁目8番1)
1959年1月、神戸市生田区(現・中央区)で婦人ニット卸として創業。1967年に開発した第1号のトータルコーディネートブランド「コルディア」は、来年デビュー50周年を迎える。1993年からは、小売事業に参入し、百貨店、駅ビル、ファッションビル、ショッピングセンターにもチャネルを広げ、事業を拡大。「アンタイトル」「インディヴィ」「リフレクト」「タケオキクチ」「グローブ」「シューラルー」など多数のブランドを展開する総合ファッションアパレル企業。

■学校法人兵庫医科大学  兵庫医療大学 概要  http://www.huhs.ac.jp/


(住所:〒650-8530兵庫県神戸市中央区港島1丁目3番6)
兵庫医療大学は、薬学部・看護学部・リハビリテーション学部の3学部を擁する大学として、2007年4月、神戸・ポートアイランドに開学した「医療総合大学」。同一法人である兵庫医科大学(医学部)や兵庫医科大学病院等と組織内で強く連携し、チーム医療を担うことのできる医療専門職者を養成している。また、近年は社学連携事業にも力を入れ、地域の方々の医療や健康に貢献すべく、市民健康講座や社学・産学連携プロジェクトを推進。来年2017年には開学10周年を迎え、ますます地域の方に愛される大学を目指している。

 ■株式会社 ナガサワ文具センター 概要 https://kobe-nagasawa.co.jp/


(住所:〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町93番 栄光ビル7F)
明治15年(1882年)創業以来、一世紀にわたりステーショナリー専門店として、地元神戸はもちろん近畿一円に広く知られており、ユーザーより「三宮ナガサワ」と親しまれ、年間120万人の方々にご利用いただいている。また、「KobeINK物語」をはじめとするオリジナル商品開発にも力を入れる。三宮センター街の本店、ハーバーランドの神戸煉瓦倉庫店他、大阪・梅田、明石などで10店舗を展開。

   

 

  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社 ワールド
  3. 「Kobe INK物語」 のカラーを採用した神戸発の医療用ウエア「神戸スクラブ」を発売