freee、辻調で未来の料理人達にSDGs出張授業開催

美味しいのに捨てられてしまう魚「雑魚(ザコ)」の特別授業とオリジナル短編映画を上映!

 freee株式会社(以下、freee)は、辻調グループ(辻調理師専門学校、エコール 辻 東京、エコール 辻 大阪)でSDGs授業を開催しました。美味しく食べられるのに形が規格外、数が揃わないという理由で捨てられてしまう魚「雑魚(ザコ)」を題材に、雑魚の流通・調理法の他、実在する飲食店経営者から開業のキッカケやビジネスへの想いを伝える為の授業を企画しました。
 授業当日は、freeeが提供する「クラウド会計ソフトfreee」のユーザーで、小田原で雑魚専門の飲食店を営むkai’skitchenオーナー甲斐昂成氏が講師を務め、辻調グループの大阪校・東京校で聴講を希望する“未来の料理人”総勢190名の生徒の皆さんに授業を開催しました。
 辻調グループは、現在、SDGsの授業に積極的に取り組んでおり、今回の雑魚勉強会+映画上映の企画にも快諾をいただきました。

■実在する雑魚料理人をイメージした短編映画「ムカチノカチカ」を上映
 授業冒頭では、freees主催のスモールビジネス映画祭で特別制作した短編映画「ムカチノカチカ」を上映。映画は、働くことに悩む会社員が雑魚や漁師と出会い、雑魚の飲食店を開業し、本当に自分がやりたいことや表現したいことを実現していくストーリー。

 


 学生たちからは「感動した」「新しい挑戦をする姿にワクワクした」という感想が集まりました。

映画を見る学生たち ※換気、座席間隔に配慮した上で上映しています映画を見る学生たち ※換気、座席間隔に配慮した上で上映しています

​ 上映後はそのまま雑魚の座学授業へ。美味しく食べられるのに形が規格外、数が揃わないという理由で捨てられてしまう魚「雑魚(ザコ)」。そもそもなぜ雑魚が存在するのか流通の現状、甲斐氏が望む雑魚の活用方法などを学生たちに伝えました。他にも、その日に釣ったウツボの神経抜き実演の他、カゴガキダイの試食などを行いました。
 参加した学生達からは、なぜ雑魚に着目したのか、働いていてやりがいを感じる時はどんな時か、など雑魚だけでなく甲斐氏の働き方についても多くの質問が挙がりました。

本来は捨てられてしまう雑魚が詰められた「宝箱」本来は捨てられてしまう雑魚が詰められた「宝箱」

ウツボの神経の抜き方を説明する甲斐氏ウツボの神経の抜き方を説明する甲斐氏

■授業に参加した学生の感想
「短い時間で心動かす素晴らしいひらめき。甲斐さんと動画と音楽クリエイターでした!料理人を志す者は、必ず見るべきです。自分の将来について考えるヒントに必ずなります。」
「SDGsに関係していて今時の問題に良い回答している映画だと思ったこの映画がもっとみんなに広まればいいと思いました!!」
「雑魚のセミナーとても面白かったです。雑魚は、YouTubeの魚をさばく動画で見て知っていたものもありましたが実際に目の前で見るのは初めてでした。ムカチノカチカ 様々な理由で価値がないとされる魚、雑魚は、私達消費者が選り好みした結果生まれたものでもあるんだと今日話を聞いて思いました。」

■映画製作の背景:確定申告フェスでグランプリ獲得。甲斐氏のストーリーが映画化へ

確定申告フェスの風景(2020年2月開催)確定申告フェスの風景(2020年2月開催)

 

 2020年2月に開催されたfreee株式会社主催「確定申告FES」のコンテンツ「STORY AWARD 2020」でスモールビジネスの魅力や取り組みなどストーリーをプレゼンテーションするアワードに甲斐氏が出場。最優秀賞を獲得し、そのストーリーが映画化されました。

辻調グループの教員の皆さんと甲斐氏・freee社員辻調グループの教員の皆さんと甲斐氏・freee社員

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. freee >
  3. freee、辻調で未来の料理人達にSDGs出張授業開催