プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

河出書房新社
会社概要

大河ドラマも注目!角田光代 新訳『源氏物語』累計20万部突破、「桐壺」など章全文を無料ためし読み配信中!

河出文庫『源氏物語1』は2月1日重版出来。全集版の美麗函入り三巻セットも好評!

河出書房新社

株式会社河出書房新社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小野寺優)から刊行している角田光代による新しい現代語訳『源氏物語』はシリーズ累計20万部を突破いたしました。紫式部による日本文学最大の傑作である源氏物語に、NHK大河ドラマ「光る君へ」の放映スタートでさらに注目が集まっています。

河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語1』河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語1』

紫式部によって約1000年前に書かれた『源氏物語』は、世界最古の長篇小説であり、日本文学最大の傑作です。「桐壺(きりつぼ)」から「夢浮橋(ゆめのうきはし)」まで五十四帖で成り立ち、輝く皇子として生まれた光源氏が、女たちとさまざまな恋愛を繰り広げる華麗な物語であると同時に、そこには生と死、無常観など人生や社会の深淵が描かれています。その素晴らしさは、400人もの個性溢れる登場人物が織りなすストーリーの面白さ、卓越した構成力、きめ細やかな心情を豊かに綴った筆致にあり、約800首もの和歌に加えて、漢詩、漢文など、文学、宗教、歴史が盛り込まれた壮大かつ重層的な作品です。

与謝野晶子・谷崎潤一郎・瀬戸内寂聴などの文豪たちが挑んできた現代語訳を、2020年に角田光代さんが5年の歳月をかけて完成させました。"角田訳"は、何より小説としての面白さが堪能できる最新の現代語訳であり、第72回読売文学賞(研究・翻訳賞)を受賞した話題作です。

2024年1月7日よりスタートしたNHK大河ドラマ「光る君へ」は、紫式部の生涯を中心に、藤原道長との知られざる恋、平安時代の色鮮やかな世界、歴史上の人物たちの数奇な運命や恋の和歌などが豪華キャストによって描かれています。2023年10月に刊行を開始した河出文庫 古典新訳コレクション『源氏物語』(全8巻、2024年10月完結予定)もドラマの盛り上がりとともにさらに注目を集め、2024年2月1日出来の重版をもって累計20万部を超えることとなりました。光源氏のモデルになったともされる藤原道長と紫式部の恋の行方に、毎週のドラマ放映後は報道やSNSが異例の盛り上がりを見せています。

2024年1月より河出書房新社と東洋経済オンラインとのコラボレーション企画として、角田光代 新訳『源氏物語』の無料ためし読み連載(毎週日曜日14時配信)をスタートいたしました。1月には第一帖「桐壺」が早くも全文掲載、2月からは人気帖「夕顔」の配信がはじまります。大河ドラマ「光る君へ」をより深く楽しめるコラボ企画にもご注目くださいますようお願いいたします。


■【東洋経済オンラインとコラボ!】毎週日曜日に無料ためし読み最新話を配信中!

愛されれば愛されるだけ増えた「その女」の気苦労

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺①/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/719356

「定められた別れの道」桐壺の最期と遺された若君

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺②/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/719467

「亡き桐壺」に囚われる帝と母、それぞれの長い夜

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺③/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/721081

成長した若宮、うつくしいが故に漂う「不気味さ」

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺④/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/721084

亡き人にうりふたつ「藤壺」がもたらす宮中の変化

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺⑤/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/721086

元服、結婚と順風満帆でもかなわぬ「光君の思い」

(「源氏物語」を角田光代の現代訳で読む・桐壺⑥/全6回)

https://toyokeizai.net/articles/-/721087

2月4日からは名作帖『夕顔』を配信します!ぜひ、お楽しみください!

https://toyokeizai.net/category/genjimonogatari


■訳者紹介

角田光代(かくた・みつよ)

1967年生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。著書に『対岸の彼女』(直木賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)など。『源氏物語』の現代語訳で読売文学賞受賞。


■書誌情報(河出文庫版)

書名:源氏物語 1(河出文庫・古典新訳コレクション)

著:紫式部 訳:角田光代

仕様:文庫判/並製/320ページ

定価:880円(本体 800円) ISBN:978-4-309-41997-8

URL https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309419978/

※全8巻、2024年10月完結予定です。

河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語1』河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語1』

河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語2』河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語2』

河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語3』河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語3』

河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語4』河出文庫 古典新訳コレクション 『源氏物語4』


■書誌情報(全集版)

書名:『源氏物語』美麗函入り 全三巻セット

著:紫式部 訳:角田光代

仕様:46変形判/上製/計1996ページ

定価:11,550円(本体10,500円) ISBN:978-4-309-87500-2

URL https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309875002/

『源氏物語』美麗函入り 全三巻セット『源氏物語』美麗函入り 全三巻セット


■関連情報

【疾走感ある、今息づく現代語訳!】角田光代訳『源氏物語』、いよいよ文庫版刊行開始!(2023年10月6日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000505.000012754.html

あえて「格式張らない新訳」で読む源氏物語の斬新 角田光代が5年がかりの新訳に挑み得た気づき(2024年1月1日)

https://toyokeizai.net/articles/-/724154

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.nhk.jp/p/hikarukimie/ts/1YM111N6KW/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

河出書房新社

89フォロワー

RSS
URL
http://www.kawade.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
電話番号
03-3404-1201
代表者名
小野寺優
上場
未上場
資本金
3000万円
設立
1957年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード