【働く主婦771人に聞く】世帯の冬のボーナス「減った(減りそう)」39.2%/使い道は「貯金」52.9%、「生活費」42.0%

しゅふJOBパート調べ

 主婦に特化した求人サイト『しゅふJOBパート』(事業運営者:株式会社ビースタイル メディア/本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小牟田斉美)は、「冬のボーナス」について求職中の主婦層を対象にアンケート調査を行いました。(有効回答数:771件)
■調査結果概要
・世帯全体の収入で見た時の2020年冬のボーナス金額
┗2020年夏と比べて、「増えた(増えそう)」7.1%、「減った(減りそう)」34.1%
┗2019年冬と比べて、「増えた(増えそう)」7.4%、「減った(減りそう)」39.2%

・ボーナスが入らなかった分の対策
┗「節約して支出を減らす」54.6%、「貯金を切り崩す」37.4%

・ボーナスの使い道
┗「貯金」52.9%、「生活費」42.0%


■サマリ
 求人サイト『しゅふJOBパート』の登録者に、2020年冬のボーナスが前回、前々回と比べてどうだったかを世帯単位で聞いたところ、3分の1以上が「減った(減りそう)」と回答しました。「変わらない」と回答した人も4分の1ほどだったため、前回からボーナス額が増えなかった世帯は62.6%にのぼりました
 ボーナスが減った分の対策として「節約して支出を減らす」が1位になっていたり、ボーナスの使い道の上位が「貯金」「生活費」「ローン返済」と娯楽関係の項目が上がっていないことから、積極的な消費にはまだ慎重な姿勢がみられます。

・世帯全体の収入で見た時の2020年冬のボーナス金額
┗2020年夏と比べて、「増えた(増えそう)」7.1%、「減った(減りそう)」34.1%


┗2019年冬と比べて、「増えた(増えそう)」7.4%、「減った(減りそう)」39.2%


・ボーナスが入らなかった分の対策
┗「節約して支出を減らす」54.6%、「貯金を切り崩す」37.4%

・ボーナスの使い道
┗「貯金」52.9%、「生活費」42.0%


<調査詳細はこちらをご覧ください>
~上記以外に、以下の結果も公開中です~

・自分のボーナス、配偶者などのボーナスは支給された?
・おすすめの節約術
・その他、フリーコメント
 

▼働く主婦など771人に聞く!2020年の『冬のボーナス』は減った?増えた?|夏・昨冬との比較は『3分の1以上が「減った」』傾向
https://part.shufu-job.jp/news/solution/13898/?utm_source=prtimes1211&utm_medium=refferal(しゅふJOBナビのページへ)
 

■調査結果概要
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:771名
調査実施日:2020年12月1日~12月7日まで
調査対象者:求人サイト『しゅふJOBパート』登録者

※本リリースの引用の際は、
必ず「しゅふJOBパート調べ」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。

 

  • しゅふJOBパートとは?

パートのお仕事探しならしゅふJOBパート!扶養内・短時間・週2日~週4日で働けるパート・アルバイトや、正社員業務委託、派遣まで、主婦歓迎のお仕事情報が満載!主婦に嬉しい条件で探せる、主婦と主夫のためのパート求人サイトです。
https://part.shufu-job.jp?utm_source=prtimes1211&utm_medium=refferal

 

  • ビースタイルグループとは?

best basic style~時代に合わせた価値を創造する~を共通の基本理念に掲げ、その時代の社会問題や人々の不便を革新的な事業によって解決しようと取り組んでいます。創業以来、主婦の雇用をのべ16万人以上創出してきた『しゅふJOB』や時短×ハイキャリアを実現する『スマートキャリア』、すきま時間で働く『ご近所ワーク』など人材サービス事業を主軸に、RPA導入支援や民泊清掃、スーパーフード“モリンガ”のプロデュースなど事業領域を広げながら、グループ共通のバリュー「四方善」を実践して参ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビースタイルグループ >
  3. 【働く主婦771人に聞く】世帯の冬のボーナス「減った(減りそう)」39.2%/使い道は「貯金」52.9%、「生活費」42.0%