「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」 が『ミシュランガイド東京2022』にて15年連続で三つ星の最高評価を獲得

~フォーシーズが運営する「ジョエル・ロブション」ブランドの3店舗が15年連続星獲得~

 株式会社フォーシーズ(東京都港区南青山 社長:淺野 幸子)が運営するフレンチレストラン「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」は2021年12月3日(金)に発刊される、『ミシュランガイド東京2022』にて最高評価である三つ星に15年連続で選ばれました。 また、 「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」は15年連続、 「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」 は14年連続(初年度は一つ星)となる二つ星に選ばれ、フォーシーズが運営する3店舗で15年連続ミシュランガイドに掲載されました。

 

受賞店舗(ジョエル・ロブション)
 「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」(恵比寿) ☆☆☆
 「ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション」(恵比寿)☆☆
 「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」(六本木)☆☆


≪ジョエル・ロブション総料理長 関谷 健一朗のコメント≫
いつも応援してくださる御客様、素晴らしい食材や機材を提供してくださる皆様に心より感謝申し上げます。
頂戴した評価が正しかったと感じていただけるよう、ロブションの全スタッフと共に精進して参ります。本当にありがとうございます。
関谷 健一朗 Instagram アカウント @chef_ken_ichiro : https://www.instagram.com/chef_ken_ichiro/



≪ジョエル・ロブションのレストランとは≫
 ジョエル・ロブションの芸術的かつ独創的な料理は世界の美食家から「皿の上の芸術」とも讃えられ、その技法、「料理は愛」という料理哲学は世界中の『ジョエル・ロブション』へ受け継がれている。
 日本では、東京・六本木に世界で初となるカウンタースタイルのフレンチレストラン「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」や恵比寿ガーデンプレイス内に位置する「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」をはじめ、現在はレストラン・カフェ・パティスリー・ブランジュリー・バーなど全12店舗を展開。

■店舗情報

ガストロノミー “ジョエル・ロブション”
 ジョエル・ロブションが世界中で展開する様々なレストランの中でも、最高峰のブランドとして世界を魅了し続けている、ガストロノミー“ジョエル・ロブション”。最高の素材を惜しみなく使い、素材が持つクオリティを最大限に引き出した、ロブション モダンフレンチの集大成を洗練されたサービスと共にお楽しみいただけます。
URL: https://www.robuchon.jp/shop-list/joelrobuchon
Instagram公式アカウント @robuchon_tokyo: https://www.instagram.com/robuchon_tokyo/

 

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション
 洗練されたモダン・フレンチをコースとアラカルトでカジュアルに提供しているレストランです。素材そのもののおいしさを活かした、シンプルフレンチをお楽しみいただけます。店内はフランスの伝統色であるラベンダーで統一され、上品で開放的な雰囲気に満ちています。
URL: https://www.robuchon.jp/shop-list/latable

 

ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
 シェフやサービススタッフとロングカウンターをはさんで会話をはずませながら、気軽に自由に楽しんでいただける、ロブションが提唱する「コンビビアリテ(懇親性)」を具現化した空間です。オープンキッチンで料理を仕上げるシェフを目の前に、絶妙のタイミングで供される料理をカウンターでご堪能頂けます。URL: https://www.robuchon.jp/shop-list/latelier

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フォーシーズ >
  3. 「ガストロノミー “ジョエル・ロブション”」 が『ミシュランガイド東京2022』にて15年連続で三つ星の最高評価を獲得