オプト、Instagramに特化したクリエイティブ制作プログラム「OPT Instagram Creative Lab」の提供を開始。最適なクリエイティブの発掘により広告効果を最大化

デジタルシフトをリードするイノベーションエージェンシー 株式会社オプト (本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:金澤 大輔、以下オプト)は、企業のマーケティング活動を加速させるため、フェイスブック ジャパン株式会社監修のもとInstagramに特化したクリエイティブ制作プログラム「OPT Instagram Creative Lab」の提供を開始いたします。


Instagramは、月間アクティブアカウント数が3,300万(2019年3月時点)で、幅広い利用者層に拡大を続けており、「インスタ映え」する見栄えのよい投稿だけではなく、Instagramストーリーズのようなカジュアルな投稿も人気を集めるなど、様々なビジュアル表現が特徴のプラットフォームです。そのため、広告配信においても、ユーザーに受け入れられるよう、メディア特性に合わせたクリエイティブで最適なコミュニケーションをとっていく必要があります。

今回の「OPT Instagram Creative Lab」では、フェイスブック ジャパンと連携し、Instagramの特性を熟知している当社クリエイターが広告主企業と、Instagramに最適なクリエイティブを半日で制作していきます。本プログラムにおけるクリエイターチームは、Instagramのヘビーユーザーが多い20代女性を中心に構成しており、よりユーザーに寄り添ったクリエイティブ制作を目指します。また、広告主企業は希望する内容をその場で直接伝えることができるため、よりニーズに即した広告クリエイティブをスピーディに制作することも可能です。

なお、本プログラムでは、広告への接触・非接触ユーザーの広告想起や認知度、好意度などの比較による効果の可視化ができるため、CPC(広告1クリックに要した広告費用)やCPA(1アクションに要した広告費用)指標だけではなく、ブランディング指標を加味したInstagramにおける最適な広告運用をご提案することができます。

今後もオプトでは、フェイスブック ジャパンとの連携をより一層強化し、Instagramの特性に合わせたクリエイティブ制作を行うとともに、企業の広告効果の向上に努めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オプトホールディング >
  3. オプト、Instagramに特化したクリエイティブ制作プログラム「OPT Instagram Creative Lab」の提供を開始。最適なクリエイティブの発掘により広告効果を最大化