トランスコスモス、札幌市にコールセンター拠点「MCMセンター札幌創成」を新設

業務拡大により285席の新センターを開設、最大500人の採用を計画

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、札幌市に新たなコールセンター拠点「マーケティングチェーンマネジメントセンター札幌創成」(以下、MCMセンター札幌創成)を新設し、本日より業務を開始しました。札幌市のオペレーション拠点としては8拠点目となります。

 

トランスコスモスは1980年に札幌市に進出し、これまで7拠点および、お客様企業に常駐してサービスを提供するオンサイトの体制をもち、主に製造・通信・金融・運輸などの業界向けにコールセンターサービス、BPOサービス、デジタルマーケティングサービスなどを提供してきました。今回、業務拡大により開設したMCMセンター札幌創成は285席規模のコールセンター拠点で、最大で500人のオペレーターを採用する計画です。本日より通信業界向けテクニカルサポート業務を開始しています。

■MCMセンター札幌創成 概要
名称:                  マーケティングチェーンマネジメントセンター札幌創成
所在地:               北海道札幌市中央区北三条西一丁目1-1
延床面積:            13948.288m²
シート数:            285席
提供サービス:      コールセンターサービス/コンタクトセンターサービス

MCMセンター札幌創成は、地下鉄さっぽろ駅の出口から徒歩1分で、採用通勤面からも優れた立地です。今回の新設により札幌のコールセンター総席数は3000席強となります。札幌地区におけるコールセンターベンダーとしては最大規模です。

トランスコスモスは全国に約16,500席の、国内最大規模のコールセンター拠点を保有しています。昨今、BCP(Business Continuity Plan)の観点から複数センターに業務を分割したいという要望が増え、また、依然としてコスト最適化の要望も高いため、その要望に応える地方型コールセンターの重要性は高まっています。トランスコスモスではこのような要望に応えるため、今後とも地方型サービスの展開を強化していくとともに、雇用創出を通じて地域社会の活性化・発展にも貢献していきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト削減と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界33カ国・177の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トランスコスモス >
  3. トランスコスモス、札幌市にコールセンター拠点「MCMセンター札幌創成」を新設