日仏7名のスターシェフによる一夜限りの"奇跡の饗宴"。『ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2019 ガラディナー』の予約がついに解禁!

ニューオータニクラブ ダイナースカード新規入会キャンペーンで、ガラディナー良席確保&ボーナスポイントプレゼント!

ホテルニューオータニ(東京)
『ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2019 ガラディナー』

https://www.newotani.co.jp/tokyo/event/dinner-de-gala/

ホテルニューオータニ(東京)では、9回目を迎える日本最大級のフランス料理イベント『ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2019』の開催を祝したガラディナーを2019年9月19日(木)に開催いたします。
 

■今年で9回目を迎えるガラディナー。一日限りのスペシャルディナーをお見逃しなく!

日本の食材をふんだんに取り入れたフランス料理を通じて、新たな発見と美味しい出会いを提供する「ダイナースクラブ フランスレストランウィーク」は、全国650店以上のフレンチレストランが参加し、9月20日(金)~10月6日(日)の17日間にわたって開催されます。その開催を祝う"ガラディナー"(ガラとは英語で「祝祭」という意味)を、昨年に引き続き今年もホテルニューオータニ(東京)で開催いたします。

■日本・フランスの超一流シェフが勢ぞろい!その豪華すぎる顔ぶれがこちら!

©pmonetta-7966 ©pmonetta-7966

ドミニック・ロリー 

「ル・ルイ・キャーンズ-アラン・デュカス・ア・ロテル・ド・パリ」シェフ・ド・キュイジーヌ
1998年アラン・デュカスに出会い、パリ「スプーン」にてクリストフ・モレのもと、頭角を現す。2000~2002年ピエール・ガニェールでの経験を経て、サントロペ「スプーン」のセカンドを務め、その後モナコ「ル・ルイ・キャーンズ・アラン・デュカス・ア・ロテル・ド・パリ」にてフランク・セルッティより地中海ガストロノミーの薫陶を受ける。2007年パリ「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」の副料理長に就任、料理長クリストフ・モレ、クリストフ・サンターニュ(いずれも当時)とともに腕をふるう。2011年モナコ「ル・ルイ・キャーンズアラン・デュカス・ア・ロテル・ド・パリ」にて再びフランク・セルッティと組み、2013年現職就任。
 

三國清三(みくにきよみ)
「オテル・ドゥ・ミクニ」オーナーシェフ
1954年北海道増毛町生まれ。15歳で料理人を志し、札幌グランドホテル、帝国ホテルにて修業。1974年駐スイス日本大使館の料理長に就任。大使館勤務の傍ら、フレディ・ジラルデ氏に師事する。その後も、トロワグロ、オーベルジュ・ドゥ・リル、ロアジス、アラン・シャペル等の三つ星レストランで修業を重ねる。1985年東京・四ツ谷にオテル・ドゥ・ミクニをオープン。2013年フランスの食文化への功績が認められフランソワ・ラブレー大学にて名誉博士号を授与される。2015年フランス共和国よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受勲。この勲章はナポレオン・ボナパルトにより1802年に創設されたフランスの最高勲章で、日本の料理人では初めての授与。現在、子どもの食育活動や、復興支援活動「子どもたちに笑顔を!」笑顔プロジェクトを継続している。
 

赤坂洋介(あかさかようすけ)「ピエル・ガニェール」 エグゼクティブシェフ
1979年、千葉県出身。都内のホテルを経て、1999年渡仏、約4年間に渡りフランスで腕を磨く。2003年からパリの「ピエール・ガニェール」で修業し、2005年、東京・青山の「ピエール・ガニェール・ア・東京」のオープンを機に帰国。2010年にANAインターコンチネンタルホテル東京内での現店オープンと同時にアシスタントシェフに就任、2011年6月より現職。ガニェール氏のもとで約16年間従事し、氏のスピリットと感性をしっかり受け継いでいる。ひと皿に込めたストーリーを語る情熱的な姿は芸術家さながらである。
 

樋口宏江(ひぐちひろえ)志摩観光ホテル 総料理長
1991年  志摩観光ホテル入社。2008年フレンチレストラン「ラ・メール」シェフに就任。2014年  都ホテルズ&リゾーツ初の女性総料理長として、志摩観光ホテル「クラシック」「ベイスイート」両館を統括する、総料理長に就任する。2016年  「G7伊勢志摩サミット2016」ワーキング・ディナーを担当し、2017年農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」にて女性初、三重県初の「ブロンズ賞」を受賞。志摩観光ホテル伝統の「海の幸フランス料理」を守りつつ、季節と自然に向き合い、素材の魅力をお皿に表現。鮑、伊勢海老だけにとらわれない、三重県の豊かな素材と生産者への感謝の気持ちを料理へ込めた、「伊勢志摩ガストロノミー」に取り組んでいる。
 

太田高広(おおたたかひろ)ホテルニューオータニ 統括料理長
1967年生まれ 栃木県出身。1987年ホテルニューオータニ(東京)入社。1993年「トゥールダルジャン 東京」アシスタントシェフ、イタリアン「ベルヴュー(現ベッラ・ヴィスタ)」ホテルニューオータニ幕張・イタリアンコンチネンタル「マーレディオータニ(現SATSUKI)」で修行を重ねる。2004年ホテルニューオータニ(東京)「SATSUKI」料理長に就任、2014年ホテルニューオータニ大阪 総料理長、2016年ホテルニューオータニ(東京) 西洋料理バンケット統括料理長を経て、現職ホテルニューオータニ統括料理長に就任。

ミカエル・バルトチェッティ シャングリ・ラ ホテル パリ シェフパティシエ
1984年 ロレーヌ生まれ。ティオンヴィルのフィッシャーで見習いから始める。フランス最優秀見習生コンクールの最終選考に残り、「オリンピアード・デ・メティエ」賞受賞。2005年に、ギイ・サヴォワのシェフ・ド・パルティになる。2007年 レストラン ブノワ、2009年 アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネを経て、2014年から、パリ シャングリラホテルのシェフ・パティシエに就任。
 

島田 進(しまだすすむ) 「パティシエ・シマ」 オーナーシェフ
1946年三重県生まれ。神戸から上京した際、当時六本木にオープンしたばかりの日本で最初のフランス菓子専門店「A.ルコント」と運命的に出会う。3年勤務し渡仏。「ダロワイヨ」「ブッダ」「ベッケル」などで経験を積む。帰国後、「マキシム・ド・パリ」銀座店のシェフパティシエを務め、その後アンドレ・ルコント氏の右腕として「A.ルコント」の総製菓長となる。1998年に麹町に「パティシエ・シマ」をオープン。2004年「ラトリエ・ド・シマ」をオープン。2005年フランス農事功労章シュバリエ授章。2017年厚生労働省 卓越技能章(現代の名工)、2018年フランス農事功労章オフィシエ授章の功績がある。

<7名の情熱が共鳴する、ひと皿ひと皿が主役の一夜限りのスペシャルコース>
※内容は変更が生じる場合がございます。

ドミニック・ロリー
Bouillon rafraîchi de melon, citronnelle / gingembre et homard bleu
メロン、レモングラス、生姜の冷製ブイヨン、オマールブルー

三國 清三
Aiguillettes de foie gras d’oie en fine gelée de vieux Madère aux
noix et raisins, pousses de saison et vinaigrette à la noisette
フォアグラのマデラ酒風味、東京サラダ(クレソン・水菜・ルッコラ)の
クルミオイルヴィネガー合え
 
樋口 宏江
Steak d'ormeau, sauce légère de beurre noisette parfumé au katsuobushi
鮑ステーキ かつお香る焦がしバターの軽いソース
 
赤坂 洋介
Pavé de Hata poché dans un fumet de poisson au champagne; 
crème à la betterave rouge, fondue de poireaux et duxelle de champignons de Paris, langue d’oursin
シャンパンの香るフュメ・ド・ポワソンの中でポッシェした真ハタ
赤ビーツのクリームソース ポワローのフォンデュとマッシュルームのデュクセル
雲丹を添えて
 
太田 高広
Filet de canard challandais poêlé aux croquettes de truffe, sauce cinq épices
シャラン産鴨胸肉のポアレ 5種類のエピスが醸し出す甘美な味わいと芳香
 
ミカエル・バルトチェッティ
Citrons de pays pochés, sorbet laitier et saké Dassaï Daiginjo, 
condiment Yuzu/Huile d’olive, fleurs de fenouil
国産レモンのポッシェ 乳製品と獺祭大吟醸のソルベ 柚子、オリーブオイル、
フェンネルフラワー添え
 
島田 進
Crème Anjou, fruits rouges et coulis de framboises
クレーム・アンジュ フリュイルージュ クーリー ・ドゥ ・フランボワーズ

■会場には、なんと"あの"「フレンチの帝王」アラン・デュカス氏も登場!

 

ガラディナーでは7名のシェフのほかに、フランスレストランウィークの発起人のひとりであるフランス料理界の巨匠 アラン・デュカス氏もご来場の皆さまをお迎えいたします。世界的なシェフとの出会いと究極の美食に酔いしれる、後にも先にもない夢のようなひとときをお楽しみください。

 

ガラディナー良席確保にボーナスポイントも!『ニューオータニクラブ ダイナースカード』新規入会キャンペーンを実施いたします。

日本初の本格的なホテルの会員組織『ニューオータニクラブ』と日本初のクレジットカードである『ダイナースクラブ』が確かなサービスをあらゆるシーンでご提供いたします。宿泊やレストランのご優待、会員専用ラウンジ、ホテルのご利用に応じて貯まるポイントプログラムなどのニューオータニクラブ特典と、有効期限のない「ダイナース リワードポイント」がダブルポイント加算、国内外約850か所の主要空港ラウンジの利用が無料や対象レストランをお得に楽しめる「エグゼクティブ ダイニング」などダイナースクラブ特典も備えた『ニューオータニクラブ ダイナースカード』のご入会で、10,000円相当のニューオータニクラブポイントをプレゼントいたします。更にガラディナーのお申込みで、良席確保の特典も!ワンランク上のホテルライフをガラディナーからスタートしてみてはいかがでしょうか。


『ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2019 ガラディナー』概要

<日時>2019年9月19日(木) 受付18:15 / ドアオープン18:30 / 開宴19:00
<場所>ホテルニューオータニ(東京)「芙蓉の間」(ザ・メイン 宴会場階)
<料金>1名さま 
ニューオータニクラブダイナースカード会員・ダイナースカード会員 30,000円 
ニューオータニクラブ会員(ニューオータニクラブ ダイナースカード会員除く) 35,000円
一般 40,000円
※料金には、料理、お飲物、税金・サービス料が含まれます。
<ドレスコード> ブラックタイ・着物・イブニングドレス
<ご予約・お問合せ>03-3234-7777
【ホテルニューオータニ (東京) 宴会予約 10:00-19:00(平日)、9:00-19:00(土・日・祝日)】

 

■ニューオータニクラブダイナースカード 新規入会キャンペーン概要

下記期間中にご入会され、ガラディナーに申込みのお客さまへ特典をプレゼントいたします。
<申込期間>2019年6月17日(月)~7月19日(金)
<対象> ニューオータニクラブ ダイナースカード 年会費22,000円(税別)
<特典>ニューオータニクラブボーナスポイント10,000ポイントプレゼント、ガラディナー良席確保
※ボーナスポイントは、ニューオータニクラブからの提供特典です。
※ボーナスポイントの付与は、8月末を予定しております。
※本特典付与時点で、退会、資格停止の場合はキャンペーン対象外です。
<お問い合わせ>0120-804408
ニューオータニクラブセンター事務局(10:00~18:00、日・祝日除く)
 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ニュー・オータニ >
  3. 日仏7名のスターシェフによる一夜限りの"奇跡の饗宴"。『ダイナースクラブ フランスレストランウィーク2019 ガラディナー』の予約がついに解禁!