『アサヒスーパードライ』デジタル施策「#ビールって苦いだけじゃない キャンペーン」5月13日から実施〜WEB限定CMを配信し、若年層のビール飲用喚起を図る〜

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 塩澤賢一)は、ビール飲用価値の再発見と特別な飲用体験を演出する販促施策として、『アサヒスーパードライ』のデジタル施策「#ビールって苦いだけじゃない キャンペーン」を5月13日から実施します。ハッシュタグ「#ビールって苦いだけじゃない」をつけて、その瞬間にまつわるエピソードを投稿いただくと『アサヒスーパードライ』と『アサヒスーパードライ ザ・クール』のセット(缶350ml×各1本)が抽選で300人に当たります。同日から“ビールって、苦いだけじゃない。”をテーマにしたWEB限定CMを配信し「スーパードライ」の飲用喚起を図るとともに、本キャンペーンへの参加を促進します。

 「ビールって、苦いだけじゃない。」篇は、新入社員が壁にぶつかりながらも、先輩社員に助けられながら前に進んでいく様子を描いています。慣れない業務に困惑しつつも、前を向こうとする新入社員は先輩から徐々に認められていきます。先輩から誘われて行った初めての打ち上げの場で、先輩はビール、新入社員はカシスオレンジで乾杯をしますが、憧れの先輩がビールをおいしそうに飲む様子を見て、新入社員もビールを注文します。ビールを飲んだ後の「うまい、かも」という感想と「ビールって、苦いだけじゃない。」というメッセージを通じて「スーパードライ」の飲用喚起を図るとともに、若年層のビール需要活性化を目指します。

 今回のWEB限定CMでは、俳優の安野澄さんと新井郁さんを起用し、新進気鋭の映画監督である山戸結希さんが監督を務めています。楽曲には若年層を中心に人気のバンド「SUPER BEAVER」の「人として」を使用しています。

 アサヒビールは、若年層のビール需要拡大に向けた取り組みを積極的に強化しています。若年層に特化したコミュニケーション強化を目的に、2019年12月から「スーパードライ」のデジタル施策を実施しています。これまでに合計4回実施し、キャンペーン実施期間中は、Twitter内における「スーパードライ」に関するツイート数が大幅に増えるなど、話題喚起につながっています。引き続きデジタル施策を展開することで、若年層を中心とした「スーパードライ」の新たな飲用者とのコミュニケーションを強化し、20~30歳代のビール需要喚起を図ります。
 「スーパードライ」のブランドメッセージ「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」の下、様々な販促施策を展開することで、「スーパードライ」の一貫したブランド価値や特別な飲用体験を消費者に提供するとともに“期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化の創造”を目指します。

 
参考:「#ビールって苦いだけじゃない キャンペーン」概要
■特設サイトURL
https://sd.asahibeer.co.jp/special/wakamono01/ ※5月13日午前0時から公開
■キャンペーン内容
アサヒビール公式Twitterのアカウント「@asahibeer_jp」をフォローして、ハッシュタグ「#ビールって苦いだけじゃない」をつけて、その瞬間にまつわるエピソードを投稿していただきます。投稿いただいた方の中から抽選で300人に『アサヒスーパードライ』と『アサヒスーパードライ ザ・クール』のセット(缶350ml×各1本)が当たります。
■キャンペーンハッシュタグ
「#ビールって苦いだけじゃない」
■キャンペーン期間
5月13日午前0時~6月7日午前10時
■応募資格
本キャンペーンの応募は、満20歳以上の方に限定させていただきます。※20歳未満の方のご応募はできません。アサヒグループ各社社員及び関係者の応募はできません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 『アサヒスーパードライ』デジタル施策「#ビールって苦いだけじゃない キャンペーン」5月13日から実施〜WEB限定CMを配信し、若年層のビール飲用喚起を図る〜