<事後レポート>若手クリエイターとユーザーをつなぐ「246st.MARKET」ニュウマン横浜で初のポップアップ ~アパレルを中心に好調に推移し、次の開催を視野に始動~

株式会社ワールドは、横浜駅西口に開業したニュウマン横浜で、6月24日(水)から7月9日(木)までの16日間、注目のスタートアップブランドを集めたPOP-UP型ショップ「246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」を出店しました。

 

初の出店となったニュウマン横浜での「246st.MARKET」初の出店となったニュウマン横浜での「246st.MARKET」

「246st.MARKET」は、“次世代のファッション業界に向けた多様なアイデアとチャレンジを支援”することを目的にワールドが開始した取組みで、今回の外部出店は初となります。普段はSNSやオンラインを中心に販売をしている11ブランドをキュレーションし、ひとつのマーケットとして売り場を構成しました。
開催中は、「サステナブル」の観点から品揃えしたユーズド・セレクトショップ「ラグタグ」を中心に、アパレルからコスメ、ファッション雑貨まで、予算比を大幅に上回る結果となりました。さらに、売場に留まらずSNSを活用したコミュニティーづくりも行い、若手クリエイターとお客様をつなぐプラットフォームとして手応えを得ています。今後は、今年秋にワールド北青山ビルで「246st.MARKET」の開催を計画するなど、次の開催を視野に始動します。
  • 地元横浜のお客様を想定し“都会と海を愛する大人の女性”に向けた品揃え
キーワードに「パーソナライズ」「エシカル」「クラフトマンシップ」を掲げ、“自分らしく、なおかつ環境負荷を考慮したものづくり”や“つくり手の顔が見えるストーリーのある商品”を揃えました。今後も「サステナブル」は軸に置きながら、立地やお客様層に沿って柔軟なキュレーションをしていきます。

左)クオリティーの高いユーズド商品を、地元横浜のお客様に向けてセレクトし、日々動きのある売り場を演出したことで最も好調だった「ラグタグ」。
右)柔軟にレイアウトを変え、飽きのこない売り場をキュレーションするオリジナル什器は“サステナブル”をテーマにリユース可能なデザイン。今後の出店でも使用します。
  • 店舗とお客様の自宅をシームレスに繋ぐオンラインワークショップやインスタライブ
開催中はつくり手であるデザイナーやクリエイターがそれぞれの店頭に立ち、お客様に自分たちの想いを伝えながら販売しました。また、来店に限らず多くのお客様に「246st.MARKET」に参加いただくために、公式インスタグラム(https://www.instagram.com/2_t_w_o_2/)で、オンラインワークショップやインスタライブを行いました。SNSを通してクリエイターと出会う機会をつくることで、ライブ中は、共感するコメントが多く寄せられたほか、ライブをご覧になられて来店されるお客様も多く、これらのノウハウを新しい時代に向けたコミュニケーションの手法として、今後の実施につなげて行きます。
<開催の一例>

左)【6/27(土)・7/4(土)の2回実施 オンラインワークショップ】「グイ」をプロデュースする前田有紀さんによるスワッグ・リース作り。花材は開催前に参加者のご自宅に郵送。
右)【6/26(金)実施 インスタライブ】環境活動家 佐々木依里氏×「カーサフライン」クリエイティブディレクター 石井瑛真氏がトーク。
 
  • 『246st.MARKET』 開催概要
  • 日程:2020年6月24日(水)~7月9日(木) 16日間
  • 場所:ニュウマン横浜 5F (NEWoMan Lab.)

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ワールド >
  3. <事後レポート>若手クリエイターとユーザーをつなぐ「246st.MARKET」ニュウマン横浜で初のポップアップ ~アパレルを中心に好調に推移し、次の開催を視野に始動~