PR TIMES、「アジア・パシフィック地域 In2 SABREアワード」を受賞

津波防災プロジェクト「#beORANGE」におけるPR活動が「BRANDING AND IDENTITY」部門の最優秀賞を獲得

株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証マザーズ:3922、以下 PR TIMES)は、国際的なPR業界メディア「The Holmes Report」主催の「In2 SABREアワード アジア・パシフィック」において、「BRANDING AND IDENTITY」部門の最優秀賞を受賞いたしました。


本アワードは「インサイトとイノベーション」に基づく優れた業績を表彰するもので、対象プロジェクトは昨年、一般社団法人防災ガール(代表理事:田中美咲)と日本財団が共催した津波防災プロジェクト「#beORANGE」で、PR TIMESのプランナーが同プロジェクトの広報・PR責任者として防災ガールにレンタル移籍し*1、取り組んだものです。
国際PR協会主催のアワード受賞*2に続き、2つめの受賞となります。

*1レンタル移籍開始時のプレスリリース(株式会社ローンディール発表)
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000015387.html
*2国際PR協会のアワード(GWA)受賞時のプレスリリース(2017年7月)
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000790.000000112.html


また、本プロジェクトは「2017 SABREアワード アジア・パシフィック」における「ASSOCIATIONS」部門にて、ファイナリストとしても選出されており、「SABRE」および「In2 SABRE」の受賞式は2017年9月、香港にて行われます。

「2017 SABREアワード アジア・パシフィック」ファイナリスト一覧:
https://www.holmesreport.com/events-awards/sabre-awards/sabre-awards-asiapacific/2017-sabre-asia-pacific-finalists

 
  • 受賞内容について
対象プロジェクト: 津波防災プロジェクト「#beORANGE」
受賞部門:「BRANDING AND IDENTITY」
クライアント:一般社団法人防災ガール
エージェンシー:株式会社PR TIMES


< 2016年の活動概要動画(英語)> URL:https://youtu.be/GmvZqr3HjN0
 


東日本大震災から6年。
国の安全基準を満たし、高台に逃げ切れないときに避難することができる「津波避難ビル」は、約7倍も増加。
しかしそれは、地域の人々にとって、認識しにくい/したくないものでした。
なぜなら、「明日津波が襲ってくる」なんて、誰も想像することができないから。
想像ができても、人は本能的に「自分は大丈夫」と期待してしまう生きものだから。
このような課題に応えるべく、防災ガールは、視認性の高い「オレンジの旗」を活用し、
同ビル群の認識率を高める活動を開始。
海沿いに住む人々が想像力を高められ、近くの避難先を容易に記録できるフォーマット
「未来号外(URL:http://ushioeshinbun.jp/ )」を配達し、対象地域での理解と運用の促進を図りました。

また、サーフィンやダイビング等、マリンスポーツを楽しむ層に向け、
緊急時に有用な「パラコードミサンガ(URL:http://beorange.jp/goods/ )」の開発・販売も実施。
「津波避難ビル」の認識率と想像力向上を促すこれらのアプローチが各種メディアで報じられ、
賛意形成、導入エリアの拡大などのアウトカムに繋がりました。

 
  • 「SABREアワード アジア・パシフィック」について

SABREアワード アジア・パシフィックは、パブリックリレーションズの国際プラットフォーム『The Holmes Report』が主催する、アジア太平洋地域最大規模の業界賞です。SABREとは、「ブランディング、レピュテーション、エンゲージメントにおける優れた業績(Superior Achievement in Branding, Reputation and Engagement)」を指し、In2 SABREは「インサイトとイノベーションに基づく優れた業績」を表彰するものです。アジア太平洋地域での受賞プロジェクトは、「Global SABREアワード」として、世界各地域での受賞プロジェクトとともに再度評価されます。

 

  • PR TIMESのPRプランニングについて

PR TIMESでは、オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案を、ご提案から実施まで行っています。プランナー専門部隊のコミュニケーションプランニング本部を置いており、プレスリリース発信ネタ開発やメディアリレーション、社会課題に対するコミュニケーション設計まで幅広く対応しています。


【株式会社PR TIMES会社概要】
会社名  : 株式会社PR TIMES  (東証マザーズ 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25オリックス南青山ビル3F
設立  : 2005年12月
代表取締役 : 山口 拓己
事業内容  : プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
 オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
 ソーシャルメディアユーザーのためのモニターサービス「conecc」(https://conecc.jp/)の運営
 ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」(https://blogtimes.jp/)の運営
 カスタマーサポートツール「Tayori」(http://tayori.com/)の運営
URL  : http://prtimes.co.jp/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PR TIMES >
  3. PR TIMES、「アジア・パシフィック地域 In2 SABREアワード」を受賞