<事後レポート> 「246st.MARKET」 ワールド北青山ビルで開催 トークセッションやワークショップを交え “サーキュレーション・ライフスタイル”をテーマに新たな価値を提案

株式会社ワールドは、10月14日(水)から18日(日)までの5日間、ワールド北青山ビル1階でクリエイターとユーザーをつなぐPOP-UP型イベント「246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」を開催しました。

期間中は、“サーキュレーション・ライフスタイル”をテーマにワールドがキュレーションした多彩な12ブランドに加え、リサイクルした洋服で「木目込み」を現代アートに仕上げた展示がお客様を迎えました。更に3夜連続で開催したトークセッションのほか、週末には3種のワークショップも開催しています。今後はこの取組みを、ワールド北青山ビル以外の出店も視野に入れ、進化をさせていきます。

「246st.MARKET」全景。出展者とコミュニケーションをしながら商品と触れ合える空間。「246st.MARKET」全景。出展者とコミュニケーションをしながら商品と触れ合える空間。

前面がガラス貼りの青山通り(246号)からの全景。ワールドはこの立地を活用し、今後も様々な発信していきます。前面がガラス貼りの青山通り(246号)からの全景。ワールドはこの立地を活用し、今後も様々な発信していきます。

ワールドが昨年秋から開始した「246st.MARKET」は、“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに掲げ、ファッションの発信地として時代を築いてきた青山通り(246号)に位置するワールド北青山ビルを拠点に、若手クリエイターと共に新たな取り組みを通じて未来を創造するプロジェクトです。ワールド北青山ビルでの開催は、昨年秋に続く2回目、更に外部出店として今年6月にはニュウマン横浜でポップアップを開催し、今回で3回目の開催となりました。
今後もワールドは、スタートアップブランドや生活者が一体となって、時代にフィットしたテーマに皆で向き合う場として、出展各社のモノづくりの思いをよりよく伝える手法も検討しながら、この開催を今後に繋げていきます。また、サステナブルの視点で「246st.MARKET」の為に制作をした、屏風のように折り畳めるフレキシブルな什器を初回の開催から活用することで、世界観を伝え、この取組み自体の認知を高めていきます。
※開催前に配信したプレスリリースはこちら http://corp.world.co.jp/news/1969/

左上から時計回りに)
◆モデル・環境省森里川海アンバサダー佐々木 依里氏を迎え10月16日(金)に開催したトークセッション。テーマは「生活者視点のサステナブル」。上記以外に10月14日(水)には「サーキュレーション・ライフスタイルを考える」をテーマに、10月15日(木)には「循環するファッション」をテーマにしたトークセッションを行いました。
◆ワークショップ「ダンボールを使用してオリジナル小物をつくろう」の様子。ほかに、サステナブルなコーヒーワークショップ、「SREU」 Tシャツリメイクオーダーを行いました。
◆会場でひときわ目を引いた現代美術家 谷敷 謙が手掛けた「木目込み」の作品は、ARと一体になった演出で来場者を魅了。
◆「ダンボールを使用してオリジナル小物をつくろう」のワークショップ終了後、Carton アーティスト 島津 冬樹氏を囲んで。
  • 出展ブランドについて

 

 
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 ワールド >
  3. <事後レポート> 「246st.MARKET」 ワールド北青山ビルで開催 トークセッションやワークショップを交え “サーキュレーション・ライフスタイル”をテーマに新たな価値を提案