プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

キリンホールディングス株式会社
会社概要

生成AIをキリンビールのマーケティングに実装する検証を開始

「キリン 氷結®」ブランドの商品開発でAIペルソナを活用し、お客様理解の質の向上を目指す

キリンホールディングス株式会社

 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典)は、グループ会社であるキリンビール株式会社(社長 堀口英樹、以下キリンビール)が販売する「キリン 氷結®」ブランドをはじめとしたRTD※1商品の新商品開発工程において、生成AIを活用したAIペルソナ※2を構築・導入することで、お客様理解の質を向上し、新たな価値創造を実現していくための検証を開始しました。
※1:Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲めるアルコール飲料
※2:サービス・商品の典型的なユーザー像

 新商品開発工程では、ブランド戦略や過去に発売した商品の動向を参考としながら、守るべきところ、変えるべきところ、どう新しく見せられるかといった、新しい商品コンセプトを検討していく工程があります。この工程ではお客様に対してインタビュー調査を行いますが、平均50時間と多くの時間がかかるため、新商品開発期間が長期化する傾向がありました。

 この課題を解決するために、インタビュー調査から得たお客様の声を生成AIに学習させ「キリン 氷結®」ユーザーのAIペルソナの構築を開始しました。商品コンセプトやフレーバーに対する質問を与えることで、顧客インサイトの抽出を疑似的に行い、商品開発に利用する検証を進めていきます。

 当社は、今後もデジタル技術を活用したイノベーティブな商品開発手法を取り入れることで、お客様理解の質の向上とスピーディな商品開発を目指します。

 キリングループは長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027(KV2027)」において、イノベーションを実現する組織能力の一つとして「価値創造を加速するICT」を掲げ、DXによる新たな価値創造に継続して挑戦しています。

 これからもICTを活用したグループ全体のDXを加速させ、新たな価値を生み出し続けることで持続的な成長を目指します。

 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.kirinholdings.co.jp/customer/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

キリンホールディングス株式会社

92フォロワー

RSS
URL
https://www.kirinholdings.co.jp/
業種
製造業
本社所在地
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス
電話番号
03-6837-7000
代表者名
南方 健志
上場
東証1部
資本金
1020億4579万円
設立
1907年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード