楽天、2019年のお花見トレンドを象徴するキーワードを発表

- 「サステナブル」、「イエナカ」、「EU輸入関税撤廃」がトレンドに -

楽天株式会社は、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」における検索・購買データより、この春のお花見トレンドを象徴するキーワードを発表しましたのでお知らせします。
 日本では、古来より季節の花を楽しむことが習慣とされてきました。とりわけ春は、梅に始まり桃、桜と、その開花状況が新聞やテレビのニュースとなるまでに、「お花見」に関心が集まります。「楽天市場」内では、ここ数年、桜のお花見の関連商品(注1)の取り扱いが増え、2月時点で検索数も、昨年同期比で約1.2倍(注2)となっています。

 「楽天市場」での検索と購買データを基に選出した、2019年のお花見トレンドを象徴するキーワードは以下の通りです。

(注1)商品名に「桜」「花見」が入っているワードを抽出
(注2)2019年1月1日~2月19日の「楽天市場」における検索数の前年同期比

▼「楽天市場 2019年お花見トレンド予測」キーワード
  • キーワード1: お花見の「サステナブル」化
  • 脱プラスチック、使い捨て容器ではなく何回も使えるお皿、空き容器を出さない水筒など、環境に優しいグッズを活用した、サステナブルなお花見が今後ますます推奨されていくと予測されます。
  • <サステナブル(持続可能)な消費を提案する「EARTH MALL with Rakuten」ページ>
  • https://event.rakuten.co.jp/earthmall/ 
■繰り返し使えるフードラップ
https://item.rakuten.co.jp/sanshoku/2100547000018/


 

  • キーワード2:続続(ぞくぞく)インドア花見
  • お花見の三大悩み、「混雑」「花粉」「寒さ」を回避する、「イエナカ」でのパーティースタイルのお花見「インドア花見(室内花見)」がますます充実していくと予測されています。街中でも、桜のプロジェクションマッピングでお花見を楽しむことができるスポットが登場するなど、天候条件や桜の開花状況を気にすることなく楽しめるようになっています。「楽天市場」においては、室内でお花見を楽しむためのグッズの売り上げが伸びています。昨今のSNS映えを意識した写真作りや動画作りの人気の高まりを受け、室内でもテーブルコーディネートや装飾にこだわり、お花見とともに写真の撮影・投稿を楽しむためのアイテムが続々と登場しています。
■桜盆栽

<楽天市場 盆栽ランキング>

https://ranking.rakuten.co.jp/weekly/215202/
この時期は盆栽ランキングも桜盆栽一色になっています。
  • キーワード3: 「ロゼワイン」
  • 花見今年2月1日より発効した日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)によってワインの関税が撤廃されたことを受け、ワインの価格が低下し、日本のユーザーにとってワインがより親しみやすい飲み物となることが予測されます。桜色をしたロゼワインの売り上げは2月19日時点で前年同期比の1.8倍に伸びており(注2)、今後ますます伸びていくと予想されます。また、お花見気分を盛り上げに一役買うワインをおいしくするディキャンティング、ワインを容易に開栓できる便利なワインオープナーなどの関連商品も合わせて注目されています。
■ロゼワイン 
http://u0u1.net/8GvD

■ディキャンティング

http://u0u1.net/bdmV

■ワインオープナー

http://u0u1.net/Qwpj

 楽天は、今後も様々な企画を通じて、ユーザーが魅力的な商品と出会えるような機会を提供し、楽しいお買い物体験を提供してまいります。
                                                以 上
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天、2019年のお花見トレンドを象徴するキーワードを発表