【宝島社企業広告】「言われなくても、やってます。」1/7(木)掲載

企業として、いま、社会に伝えたいメッセージ

 ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都千代田区)は、2021年1月7日(木)に企業広告「言われなくても、やってます。」を朝日新聞に掲載します。
 1月6日(水) には同じくコロナ感染対策をテーマにした「ねちょりんこ、ダメ。」を朝日新聞と日刊ゲンダイに、「君たちは腹が立たないのか。」を読売新聞、「暴力は、失敗する。」を日本経済新聞に掲載し反響を呼んでいます 。

 

 

1月7日掲載 「朝日新聞」全国版 朝刊1月7日掲載 「朝日新聞」全国版 朝刊

1月6日掲載 「朝日新聞」全国版 朝刊、「日刊ゲンダイ」1月6日掲載 「朝日新聞」全国版 朝刊、「日刊ゲンダイ」


 弊社では、商品では伝えきれない‟企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたいという思いで、1998年より企業広告を開始しました。これまでに数々の広告賞をいただいており、Yahoo!ニュースのトップに掲載されるなど、様々なメディアで話題となっています。また最近ではSNSで話題になることも多くく、これまで以上に多くの方の目に留めていただいていることを感じています 。
 宝島社は今後も、企業として社会に伝えたいメッセージを、企業広告を通じて世の中にお伝えしてまいります。
※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2020年上半期(1~6月)より

「ねちょりんこ、ダメ。」「言われなくても、やってます。」
https://tkj.jp/company/ad/2021/index.html

【広告意図】
ウイルスの存在におびやかされる毎日。
さまざまな、すべきこと、してはいけないことが生まれ、日常ががらりと変化しました。
私たち市民はどう振るまえば良いのか。
社会的距離をとることを求められるなか、
不用意な「濃厚接触」は避ける必要があることを、
“ねちょりんこ” という言葉(造語)と北斎漫画で表現しました。
ひとりひとりの自制心に委ねられた先には、どんな未来があるのでしょうか。
感染拡大を防ぐために、ひとりひとりが、いま、どう行動するべきかを考えるきっかけになることを願います。
 

【制作スタッフ 】
●企画:宝島社+ADK
<共通>
●エグゼクティブ・クリエイティブディレクター:能丸裕幸氏(㈱ADKクリエイティブ・ワン)
●コピーライター、クリエイティブディレクター:三井明子氏(㈱ADKクリエイティブ・ワン)
●アートディレクター:副田高行氏(副田デザイン制作所)
●デザイナー:綿田美涼氏

<ねちょりんこ、ダメ。>
●原画/葛飾北斎『伝神開手 北斎漫画 』八編(部分)
●画像提供:すみだ北斎美術館 / DNPartcom

<言われなくても、やってます。>
●写真:熊谷元一


★1月6日掲載リリースはこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001102.000005069.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 宝島社 >
  3. 【宝島社企業広告】「言われなくても、やってます。」1/7(木)掲載