プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

楽天グループ株式会社
会社概要

20代の半数はサステナブルな衣服を選択! 楽天インサイト、「ファッションに関する調査」結果を発表

- コロナ禍で衣服を店舗で購入する頻度が減った人は4割以上 -

楽天グループ株式会社

URL: https://insight.rakuten.co.jp/report/20230324/

 楽天インサイト株式会社(以下「楽天インサイト」)は、「ファッションに関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2023年2月13日(月)と2月14日(火)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に行いました。今回の調査では、「ファッション」を重視するシーンやコロナ禍における衣服の買い方の変化に加え、「サステナブルなファッション商品」(注)などに関する意識・実態を調査しました。

(注)「サステナブルなファッション商品」とは、環境に配慮した素材、再生利用可能な素材などを活用した衣服などを指します

■□ 調査結果サマリー □■

・ファッションを重視するシーンは、女性では「同性の友人との外出時」が8割以上

・「サステナブルなファッション商品」を選ぶと答えた人は4割以上で、20代の半数が選択

・コロナ禍で「ファッションへの興味・関心度合い」は「変化なし」の人が約6割。衣服の「実店舗での購入頻度」が「減った」人は4割以上


■□ 調査結果概要 □■

■ファッションを重視するシーンは、女性では「同性の友人との外出時」が8割以上
 ファッションを重視するシーンを聞いたところ、「重視している」計(「重視している」と「まあ重視している」の合計)は「恋人と出かけるとき」(72.0%)が最も多く、次いで「異性の友人と出かけるとき」(65.6%)、「配偶者・パートナーと出かけるとき」(63.4%)となった。性別でみると、女性は「同性の友人と出かけるとき」が全年代で8割以上で(20代:82.1%、30代:86.9%、40代:81.3%、50代:81.1%、60代:81.0%)、女性の方が男性よりも40ポイント以上高い結果となった(男性:42.0%、女性:82.3%)。性年代別でみると、女性20代・30代では、「一人で出かけるとき」(20代:57.0%、30代:61.2%)が全体より10ポイント以上高く、一人で行動する際にもファッションに気を遣う傾向がみられた。

■参考にしているファッションの情報源は、「アパレル店舗のディスプレイ」がトップ。「Instagram」「雑誌」が続く
 参考にしているファッションの情報源を聞いたところ、「アパレル店舗のディスプレイ」(23.7%)が最も多く、次いで「Instagram」(20.1%)、「雑誌」(20.0%)となった。「Instagram」と回答した人は、女性の方が男性より10ポイント以上多く(男性:13.1%、女性:27.2%)、性年代別でみると女性20代・30代では50%を超える結果となった(女性20代:56.8%、女性30代:50.6%)。また、「参考にしているものはない」と回答した男性は41.5%で、女性(25.0%)と比較して15ポイント以上高かった。

■2022年以降の「食料品の値上げ」によりファッションアイテムの購入頻度は「減った」が2割以上
 2022年以降の「食料品の値上げ」によるファッションアイテムの購入頻度の変化を聞いたところ、すべてのファッションアイテムにおいて、「減った」と回答した人が2割以上だった(アクセサリー:31.9%、衣服:27.9%、バッグ:26.8%、帽子:25.7%、靴:22.1%)。性別でみると、「帽子」以外のすべてのアイテムで、「減った」と回答した女性は男性より10ポイント以上多く、女性は男性よりも「食料品の値上げ」でファッションアイテムの購入を控えている傾向がみられた。

■着なくなった衣服の処分方法は「自治体のゴミに出す」が約7割でトップ
 着なくなった衣服の処分方法を聞いたところ、「自治体のゴミに出す」が67.3%でトップとなり、次いで「リサイクルショップなどに売る」(25.3%)、「タンス・クローゼットなどにしまい込んでいる」(14.1%)となった。性年代別でみると、女性20代~40代では、「リサイクルショップなどに売る」(20代:33.3%、30代:39.3%、40代:33.9%)、「ネットオークションやフリマアプリなどで売る」(20代:30.9%、30代:21.3%、40代:20.9%)が全体より5ポイント以上高く、リユースの意識が高い傾向がみられた。

■「サステナブルなファッション商品」を選ぶと答えた人は4割以上で、20代の半数が選択
 デザインや価格がほぼ同じ「サステナブルなファッション商品」と「通常のファッション商品」のどちらを購入するか聞いたところ、「サステナブルなファッション商品」計(「サステナブルな商品」(9.8%)と「どちらかといえばサステナブルな商品」(32.3%)の合計)は42.1%で、「通常のファッション商品」計(「通常商品」(21.5%)と「どちらかといえば通常商品」(36.4%)の合計)は57.9%だった。年代別でみると、「サステナブルなファッション商品」を選択する割合が最も高かったのは20代(50.0%)で、最も低かったのは60代(31.3%)だった。両者を比較すると約20ポイントの差がつく結果となり、年代間で違いがみられた。

 「サステナブルなファッション商品のイメージ」は、「種類が少ない」計(「種類が少ない」(11.5%)と「どちらかというと種類が少ない」(26.9%)の合計)が38.4%だった。また、「気軽・手軽に使えない」計(「気軽・手軽に使えない」(5.7%)と「どちらかというと気軽・手軽に使えない」(14.6%)の合計)が20.3%だった。一方、「気軽・手軽に使える」計(「気軽・手軽に使える」(3.8%)と「どちらかというと気軽・手軽に使える」(23.3%)の合計)は27.1%で、「気軽・手軽に使えない」計より5ポイント以上高い結果となった。


■コロナ禍で「ファッションへの興味・関心度合い」は「変化なし」の人が約6割。衣服の「実店舗での購入頻度」が「減った」人は4割以上
 数年間のコロナ禍における「ファッションへの興味・関心度合い」の変化について聞いたところ、「変化なし」と回答した人は約6割(59.7%)となった。また、衣服の「オンラインでの購入頻度」が「増えた」計(「増えた」(8.2%)と「やや増えた」(19.5%)の合計)は27.7%で、「実店舗の購入頻度」が「減った」計(「減った」(19.6%)と「やや減った」(22.0%)の合計)は41.6%だった。

より詳細な調査結果は以下よりご覧いただけます。
URL: https://insight.rakuten.co.jp/report/20230324/

【調査概要】
調査エリア : 全国
調査対象者 : 20歳~69歳 男女
回収サンプルサイズ : 1,000サンプルサイズ
調査期間 : 2023年2月13日(月)から2月14日(火)
調査実施機関 : 楽天インサイト株式会社
(注)本レポートでは小数点第2位以下を四捨五入しているため、合計値は必ずしも100%とならない場合があります。

以 上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

楽天グループ株式会社

675フォロワー

RSS
URL
https://corp.rakuten.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
電話番号
-
代表者名
三木谷浩史
上場
東証プライム
資本金
-
設立
1997年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード