イオン×丸紅「ボトル to ボトル プロジェクト」始動

2030年 使い捨てプラスチック使用量半減に向けて

 イオンと丸紅グループ(丸紅株式会社100%子会社の丸紅紙パルプ販売株式会社、および丸紅プラックス株式会社)は、イオンの店舗でお客さまから回収するペットボトルを、クローズドリサイクル※1 で再商品化して資源循環体制の構築を目指す「ボトル to ボトル プロジェクト」を開始します。

 イオンは、脱炭素型・資源循環型社会の実現に向けて、使い捨てプラスチックの使用量を2030年までに半減する目標を掲げています。トップバリュのすべての商品で環境・社会に配慮した素材を使用するとともに、ペットボトルに関しては100%再生または植物由来素材へ転換します。本プロジェクトは、その目標達成に向けた取り組みの柱で、ペットボトルの回収・運搬から製品化までを一元管理できる丸紅グループの幅広いネットワークと、イオンの店舗・商品・サービスを通じて、これまで店舗ごとに異なる方法で取り組んでいたペットボトルの回収、再商品化を一気通貫で行い、安定的かつ持続的な資源循環体制を目指すものです。

 今年2月から、イオンリテール(株)、(株)マルエツ、マックスバリュ関東(株)、イオンマーケット(株)の4社が、関東エリアで展開する一部店舗でグループ横断的な収集運搬スキームの実験を開始し、6月にはこの実験で回収したペットボトルから生まれた再生PET樹脂を原材料に使用したペットボトル飲料をイオントップバリュ(株)が製品化、イオンの店舗で販売する予定です。2021年度中に、関東エリアで店頭回収したペットボトルを再商品化につなげる仕組みを確立し、順次全国に広げてまいります。

<「ボトル to ボトル プロジェクト」スキーム>
✔ 回収、収集運搬、再商品化まで流通システムを丸紅紙パルプ販売(株)が、その後のプリフォーム※2の製 造・ 供給までを丸紅プラックス(株)が構築・運営。
✔ イオンの店舗で回収したペットボトルはクローズドリサイクルで再生PET樹脂となり、トップバリュの商品として製品化。

※1 クローズドリサイクル:イオンが店頭で回収したペットボトルをリサイクル樹脂に再商品化し、イオン自身の製品の原料として利用すること。
※2 プリフォーム:ペットボトルの原型。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. イオン×丸紅「ボトル to ボトル プロジェクト」始動