有楽町マルイに「ロスフラワー」の体感スペースが登場!

2020年6月7日(月)~7月12日(月)

有楽町マルイ(株式会社丸井、本社:東京都中野区、代表取締役社長:青野 真博)では、株式会社RINさまとの共創により、1F エントランスで「ロスフラワー」(廃棄予定となった花)の体感スペースを展開しています。

■ロスフラワーの体感スペースについて
株式会社RINさまとの共創により、ロスフラワーを活用した体感スぺースが登場!
有楽町マルイでは、1F エントランスがお客さまの憩いの場として、常にワクワクするような場所になり、明るい気持ちになっていただきたいという願いを込めて、ロスフラワーの体感スペースをご用意しております。イベント中止などで廃棄予定となった花や、印刷会社で廃棄予定の紙などに新たな生命を吹き込んでリデザインし、演出として蘇らせました。中央にはテーブルや椅子を設け、ステージの中からロスフラワーを実際に体感いただけるように工夫しています。
ぜひ、身近にロスフラワーを感じていただき、華やかで美しい花々をご体感ください。

<株式会社RIN>
「花のロスを減らし花のある生活を文化にする」をミッションに掲げています。まだ美しいうちに捨てられていく廃棄予定の花を「ロスフラワー」と名付け、新たな命を吹き込む活動をさまざまな企業と取り組んでいます。 
株式会社RIN https://lossflower.com

①(左上) ステージの中から、ロスフラワーを身近にご覧いただけます
②(左下) 印刷会社の廃棄予定の紙を再利用しています
③(中央) 実際に座った場所から、真上を眺めた様子。視界いっぱいにロスフラワーの圧倒的な景色をご覧いただけます
④(右上)⑤(右下) 観る場所や角度によって、さまざまな花の雰囲気をご覧いただけます
※写真は実際の色みと異なる場合がございます

▼The loss flower story
https://www.youtube.com/embed/61RYYBeM28Q


■活用している素材について
ステージで使用している花の部分は、廃棄予定となった花を活用し、紙の部分は印刷会社で廃棄予定の紙を再利用しています。
コロナ禍で生じたさまざまなイベントやコンサートの延期や中止、結婚式や葬儀などの式典の見送りや簡素化により、業務用の花の需要は減少し、使用されないまま廃棄される花が多くあります。残念ながら廃棄予定となった花を再利用することで、本来多くの人々の前でお披露目されるはずだった花にスポットを当てられたらと願い、今回の演出につながりました。


■開催概要
  • 【開催場所】 有楽町マルイ 1F エントランス
  • 【開催日時】 開催中~7月12日(月)まで
  • 【開催時間】 11:00~20:00
    ※営業時間は変更になる場合がございます

▼有楽町マルイ
https://www.0101.co.jp/086/
※営業時間は変更となる場合がございます。最新情報は上記HPをご確認ください

▼丸井
https://www.0101.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社丸井グループ >
  3. 有楽町マルイに「ロスフラワー」の体感スペースが登場!