パナソニック 完全ワイヤレスイヤホン RZ-S50W を発売

完全ワイヤレスイヤホン RZ-S50W を発売完全ワイヤレスイヤホン RZ-S50W を発売

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、完全ワイヤレスイヤホンとして業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能と、安定した接続性、クリアな通話性能を備えたワイヤレスステレオインサイドホンRZ-S50Wを2020年4月中旬より発売します。

近年、左右のイヤホンを繋ぐケーブルがない完全ワイヤレスイヤホンに注目が集まっています。また、スマートフォンの普及により、用途も音楽再生にとどまらず動画視聴や通話にまで広がっており、宅外で使用する機会も多いことから、様々な騒音を低減するノイズキャンセリング機能への期待が高まっています。
本製品はノイズキャンセリングの方式としてフィードフォワード方式とフィードバック方式を採用し、ノイズキャンセリングの処理ではデジタル制御とアナログ制御を行っています。これらを組み合わせた「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」により、業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を達成しました。人混みや電車内の雑音の中でも周囲の騒音を低減し音楽に没頭できます。また新開発のタッチセンサーアンテナを採用することで、Bluetooth(R)アンテナの性能とイヤホンの小型化を両立させています。接続方式は、Bluetooth(R)信号を左右のイヤホンがそれぞれ同時に受信する方式により、安定性が高く、人混みでも途切れにくくなります。さらにマイク部分には通話性能を高める技術を採用し、屋外でもノイズを抑えてクリアな通話を可能にしたほか、防滴構造により突然の雨でも使用可能です。

パナソニックは本製品で、街中の騒音を低減し、音楽や通話をクリアに楽しめるリスニングスタイルを提案していきます。

<主な特長>
1. 業界最高クラス(※1)のノイズキャンセリング性能を実現した「デュアルハイブリッドノイズキャンセリング」搭載
2. 新開発タッチセンサーアンテナにより安定したBluetooth(R)接続性と小型化の両立を実現
3. ビームフォーミング技術と風切音対策によりノイズを抑えた明瞭な音声で通話が可能

【品名】ワイヤレスステレオインサイドホン
【品番】RZ-S50W
【色】-K(ブラック)、-W(ホワイト)
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2020年4月中旬
【月産台数】9,000台

※1 国内のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて。JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)基準に則る。2020年1月26日時点、パナソニック調べ。

・Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。その他の商標および登録商標は、それぞれの所有者の商標および登録商標です。
・その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、Rマークは一部明記していません。

【お問い合わせ先】
ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-982(9時から18時まで)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] パナソニック 完全ワイヤレスイヤホン RZ-S50W を発売(2020年2月26日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/02/jn200226-2/jn200226-2.html

<関連情報>
・パナソニック ヘッドホン/インサイドホン
https://panasonic.jp/headphone/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パナソニック >
  3. パナソニック 完全ワイヤレスイヤホン RZ-S50W を発売