【ワールドクラスパートナーズ株式会社】「ラーニングセンター」設立プロジェクトの寄付が完了しました。

タンザニアの孤児、アルビノや虐待を受けた子どもたちの支援のために設立した「ラーニングセンター」プロジェクトへの寄付が完了しました

ワールドクラスパートナーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大森 健巳)は、タンザニアの孤児、アルビノや虐待を受けた子どもたちの支援のために設立した「ラーニングセンター」プロジェクトへの寄付が完了しましたことをご報告させていただきます。また、2021年5月22日から開催のビジネスセミナー「ロードトゥアウトスタンディング(RTO)2021」で主催するイベント収益も、タンザニアの孤児、アルビノや虐待を受けた子どもたちの(支援)ために、全額寄付させていただきます。

イベント1イベント1

■ロードトゥアウトスタンディング(RTO)について
RTOは、7ヶ月間かけビジネスにおいて重要度の高いテーマ(プレゼンテーション・コーチング・セールス・交渉・チームビルディング・健康・マーケティングほか)について学ぶビジネストレーニングコースです。
例年、参加者の90%以上から大満足・満足と好評をいただいています。

2021年開催のセミナーでは、文科省の依頼により教育改革事業を展開する経営者、上場企業元代表取締役、ベストセラービジネス本の著者、著名なビジネスリーダーが参加しております。

■収益の全額を寄付金に。タンザニアで新たにラーニングセンターを設立いたしました
弊社では、本イベントの主催であり講師の大森健巳が、2016年にタンザニアを訪れた際のご縁で、タンザニアの学校「Mwereni Integrated School for the Blind」に本イベントの収益を毎年全額寄付しております。

この学校は、親から見捨てられたアルビノの子ども(染色体の異常で、生まれつき肌の色が白い状態で生まれてきた子ども)を安全に守りながら、食事や教育を提供することを目的に建てられたものです。
タンザニアの孤児1人が安全な学校でお腹を空かせることもなく、教育を受けられるのに必要な1年間の費用は1,300USドルと言われており、これは日本円で約14~15万円の計算です。

これまで、弊社では開催したイベントからの収益として、7,831,008円をこの学校へ寄付しております。
 今年3月より、さらなる子供たちの支援を目的として、孤児、アルビノや虐待を受けた子どもたちが集まって学ぶことができる「ラーニングセンター」を設立するプロジェクトがスタートいたしました。 ラーニングセンターは、子どもたちが、安心して学べる環境が整った施設となります。先生も常駐し、図書室のように本も常備し、教科書や筆記用具等の必要な文房具も揃っています。。

 2021年のイベント収益も、引き続きタンザニアの子どもたちに現地で一番必要とされる支援に使用いたします。
「Summit Happy Home」敷地内に「ラーニングセンター」が建設されます。
2019年の寄付で、この施設の屋外設置のトイレとシャワーを寄付しています。 
https://k2adventures.org/programs/global-programs/summit-happy-home/

■RTO過去参加者の業種
営業マン/経営コンサルタント/コーチ/町工場/学習塾/整骨院/ピアノ講師/不動産/自動車学校/学生/広告代理店/歯科医院/建設業/整体院/税理士/治療院/セラピスト/社会保険労務士 etc..

■過去参加者の声(一部抜粋)
「マーケティング・セールスなど、今後の生活に応用できそうなものが沢山ありましたので是非参考にさせてもらおうと思いました。
スピーカーの方々全員が強いエネルギーを持っているのが感じられました。私も彼等の様なエネルギー溢れるパフォーマンスをしたいです。ありがとうございました!」
(M・Sさん、女性)

「プレスリリースマーケティング・セールスなど、今後の生活に応私もプレゼンされていた方のように人生を変えたいと思いました。ありがとうございました」
(H・Sさん、女性)

 「なりたい自分へのきっかけを頂きました。ありがとうございます。自分に天井をつくることなく、邁進していくと決められました」
(K・Kさん、男性)

 

ワールドクラスパートナーズ株式会社とは・・
世界基準を目指す個人と組織の「挑戦」を支援する教育カンパニーです。
これまで21万人以上の受講生にプレゼンテーションを始めとするビジネススキルと個人のライフバランスをランクアップさせる研修を行っています。
政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々に指導を行っています。
https://world-classpartners.jp/

代表の大森健巳は、世界的指導者のメンター、トニー・ロビンズと共に幕張メッセの舞台に立ち、トニー・ロビンズの公式プログラムである「ウェルスマスタリー」のファシリテーターを務めた唯一の日本人です。
独自の手法で行うEIコーチングにより、2021年東京五輪、女子空手代表の染谷真有美選手の年間メンタルトレーニングのスポンサーとしても活動しています。
最近では活動が注目されビジネスバラエティ番組「why not?~私たちの働き方~」に出演。
https://why-not-tv.com/backnumber/

著書には『なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」きずな出版、『仕事の教科書」徳間書店、監修『UNSHAKEABLE 揺るがない力 アンソニーロビンズ」ダイレクト出版 等がある。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワールドクラスパートナーズ株式会社 >
  3. 【ワールドクラスパートナーズ株式会社】「ラーニングセンター」設立プロジェクトの寄付が完了しました。