中部電力、三井物産を通じチャットソリューション[24]7 Chatを導入

[24]7.ai, Inc.のプレスリリース(英語)の簡易和訳
[24]7.ai, Inc.(Twenty four seven.ai、本社:米国カリフォルニア州、CEO:PV Kannan、以下[24]7.ai)は三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫、以下三井物産)経由で、中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野 哲、以下中部電力)にオンラインコミュニケーションを実現するチャットソリューション [24]7 Chatを提供しました。中部電力は[24]7 Chatの導入により、顧客からの電話やメールによるコンタクトをオンラインチャットに移行していくことを目指し、サービスを通じて得られる顧客体験(CX)の向上及び効率的なカスタマーサポートの実現の両立を目指しています。 

「ICT・IoTなどの先進技術とお客様の暮らしをつなぐサービスを統一的に展開していく中部電力『カテエネコネクト』事業で、課題の一つとしていた利便性と即時応答性を求めるお客様とのコミュニケーションは、チャットソリューション[24] 7 Chatの導入により実現可能となりました。また、将来的にチャットボットで自動化していくソリューションは、当社がお客様とのコミュニケーションで目指す方向性と合致しており、今後はチャットを電力・ガス事業にも導入し、カスタマーサポートと販売で利用することを検討しており、顧客体験(CX)の向上と効率的なカスタマーサポートの両立を実現させたいと考えています。また、チャットの対応履歴を活用して、チャットボットソリューションを導入することで自動化を推進していくことも検討しています。」(中部電力 販売カンパニー 事業戦略室 事業開発グループ長 吉田周一氏)

  [24]7 Chatは、顧客が入力した言葉から理解するインテント(意図、目的)に基づく予測分析により、体系的に顧客体験(CX)の向上と効率的なカスタマーサポートを実現するエンゲージメントソリューションです。[24]7 Chatは、AIの活用によりコストを削減しながら顧客満足度とコンバージョン率の向上を可能にし、フォーチュン500の多くのトップ企業に採用されています。[24]7 Chatは業界をリードするAIチャットボットである[24]7 AIVAと緊密な連携が可能です。

 [24]7 Chatの詳細については、https://www.247.ai/customer-engagement/247-chat(英語)をご覧ください。

 ■中部電力株式会社について
会社名:中部電力株式会社
本店所在地:〒461-8680 名古屋市東区東新町1番地
代表者:代表取締役社長 社長執行役員 勝野 哲
設立:1951年(昭和26年)5月1日
事業概要:電気事業およびその附帯事業、ガス供給事業、蓄熱受託事業、分散型エネルギー事業、海外コンサルティング・投資事業、不動産管理事業、IT事業など

■[24]7.ai, Inc.について
[24]7.aiは顧客が入力した言葉から理解するインテント(意図、目的)に基づく予測分析により、体系的に顧客体験(CX)の向上と効率的なカスタマーサポートを実現するエンゲージメントソリューションを提供するリーディングカンパニーです。同社のソリューションはAIと機械学習を利用して消費者の意図を理解することで、すべてのチャネルでパーソナライズされた顧客体験(CX)を実現しています。フォーチュン500社の多くのトップ企業等が[24]7.aiのソリューションを活用し数億人の訪問者を支援しており、そのほとんどは自動化されています。その結果、デジタル化、顧客満足度、収益が大幅に改善されるといった実績を持っています。詳細については、http://www.247.ai/をご覧ください。

  [24]7および[24]7.aiは、[24] 7.ai,Inc.の商標です。他のすべてのブランド、製品またはサービス名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. [24]7.ai, Inc. >
  3. 中部電力、三井物産を通じチャットソリューション[24]7 Chatを導入