SoftBankは Medalliaとのパートナーシップ継続を決定

TOKYO, Japan – 10月6日, 2020 Medallia, Inc., エクスペリエンス・マネージメントの世界的リーダーである同社はSoftBankとのパートナーシップを継続し、4,600万人を超えるモバイル加入者のカスタマーエクスペリエンスを改善し続けることを発表しました。


日本国内のモバイル、固定電話通信およびISPサービスの大手プロバイダーであるSoftBankは昨年全国の約3000のリテールショップにおいて顧客との重要なタッチポイントである新規契約、モバイルデバイスのアップグレード、 情報の更新等のカスタマージャニーを強化するためにMedallia Experience Cloud Platformを導入しました。

この度SoftBankはMedallia Experience Cloudプラットフォームの展開においてMedalliaとのパートナーシップをさらに3年間延長し、リテールにおける顧客とのタッチポイントを追加しました。

「Medalliaのカスタマーエクスペリエンスプラットフォームにおける拡張性、システムの安定性、および管理サポート体制は、リテールビジネスを展開する上で当社において重要な要素でした。また、プラットフォームを利用して以来、当社の顧客満足レベルは改善を続けています。現在、それらを当社の事業の他のセグメントに拡大し、顧客体験をさらに強化していく予定です。」とSoftBankコンシューマ事業統括 営業戦略本部 本部長の高洲史弥氏は述べています。

MedalliaのAPAC担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのGavin Selkirkは、次のように述べています。 「先進的な考え方である“顧客中心のビジネス”、SoftBank社におかれてはお客様により良い体験を提供する事をコミットされています。

Medalliaとして、その取り組みにおいてサポートさせて頂けることを大変嬉しく思います。当社はSoftBankチームとの強力なパートナーシップを構築しており、当社のプラットフォームが今後のビジネスにさらに統合されていく事を楽しみにしています。」

■Medalliaについて
Medalliaは、体験管理の市場におけるパイオニアにしてリーダーです。Medalliaの優れたSaaSプラットフォームであるMedallia Experience Cloudは、顧客、従業員、そして市民の体験の理解と管理において市場をリードしています。Medalliaは、対面での、あるいはデジタルやIoT経由の日々のジャーニーで発生する体験シグナルを検知し、独自のAIテクノロジーを適用して、驚異的な成果につながるアクションを推進するためのパーソナライズされた予測的インサイトを提供します。Medallia Experience Cloudを使えば、顧客は解約率を下げ、批判者を推奨者や購買者に変え、瞬時のクロスセルおよびアップセルの機会を生み出し、明確で強力な投資利益率を獲得することが可能です。 https://jp.medallia.com

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Medallia >
  3. SoftBankは Medalliaとのパートナーシップ継続を決定