共に京都市伏見区深草を拠点とする、餃子の専門店 福吉 × 龍谷大学 藤岡ゼミナールオリジナル餃子「ぶどう山椒餃子」を商品開発

2021年9月10日(金)より、餃子の専門店 福吉 京都本店の店頭およびインターネットにて販売開始

・龍谷大学経営学部藤岡ゼミナールが餃子の専門店 福吉と共同開発したオリジナル餃子「ぶどう山椒餃子」を2021年9月10日(金)より販売開始
・市場分析、ターゲット設定、コンセプト開発、パッケージデザインなどのマーケティング活動に学生が取り組む
・和歌山県有田川町との「ぶどう山椒の発祥地を未来へつなぐプロジェクト」の一環として餃子の売上の1割をぶどう山椒の苗木購入資金にあて、産地存続を目指す
龍谷大学経営学部藤岡ゼミと餃子の専門店 福吉は、和歌山県有田川町のぶどう山椒を使ったオリジナル餃子を開発し、2021年9月から販売を開始します。

オリジナル餃子「ぶどう山椒餃子」の構想は、農学部と経営学部の学生が共同で取り組んだ、藤岡ゼミナールオリジナル商品「芳醇ぶどう山椒スパイスミックス(辣)」のレシピ開発および試作会の中から生まれてきたものです。その後、餃子の専門店 福吉の協力のもと藤岡ゼミナールの学生が餃子市場の分析、ターゲット設定、コンセプト開発、パッケージデザインなど様々なマーケティング活動に取り組んでまいりました。ぶどう山椒の持つインパクトのあるスパイシーさと上品な香りが特徴です。ぶどう山椒の効能には発汗作用や整腸作用があり、これまでにはないユニークな特徴を持つ餃子となりました。今後は餃子の専門店 福吉のメニューの1つとして提供される他、インターネットや深草地域のイベントなどで販売していく予定です。

ぶどう山椒餃子ぶどう山椒餃子




また、「ぶどう山椒餃子」の売上の1割は、2019年よりぶどう山椒の発祥地である有田川町と連携しながら取り組んでいる「ぶどう山椒の発祥地を未来へつなぐプロジェクト」の一環として、ぶどう山椒の産地存続のため、ぶどう山椒の苗木購入資金に充てます。「ぶどう山椒餃子」の販売を通じて、山椒になじみがない層にも「ぶどう山椒」の新たな魅力を体感してもらい、そしてその産地である有田川町を知るきっかけとなることを期待しております。
<販売開始日>  2021年9月10日(金)~

<場    所>   餃子の専門店 福吉 京都本店の店頭、およびインターネットにて販売

<販 売 商 品> 「ぶどう山椒餃子」

<価     格>  5個 480円(税抜谷大学は、1639年に京都・西本願寺に設けられた「学寮」に始まる9学部、1短期大学部、10研究科を擁する総合大学です。私たちは、「自省利他」を行動哲学として、地球規模で広がる課題に立ち向かい、社会の新しい可能性の追求に力を尽くしていきます。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 時代屋 >
  3. 共に京都市伏見区深草を拠点とする、餃子の専門店 福吉 × 龍谷大学 藤岡ゼミナールオリジナル餃子「ぶどう山椒餃子」を商品開発