おでん?せんべい?金沢土産の新定番誕生!『金沢おでん「菊一」監修カニ面煎餅』が12月1日(水)より販売開始

シーズン真っ只中、石川県名産の「香箱ガニ」を使った本格土産菓子

株式会社昭宝製菓(本社:石川県加賀市、代表取締役社長:竹内裕二)は、金沢グルメの代表格「金沢おでん」の看板メニューである香箱ガニの「カニ面」を、日本で初めてお煎餅にした『金沢おでん「菊一」監修 カニ面煎餅』 を12月1日から全国で販売開始しました。

 

 

『金沢おでん「菊一」監修 カニ面煎餅』 商品&パッケージイメージ『金沢おでん「菊一」監修 カニ面煎餅』 商品&パッケージイメージ

  • 「カニ面煎餅」誕生の背景
新型コロナウイルス感染収束後の観光需要回復を見据えて、旅の思い出となる地元ならではのお土産商品を作ることが目標でした。金沢で愛されている名物をモチーフに、地元の人々が誇れる商品にしたいという思いから、金沢で最も古い歴史を持つおでん店「菊一」発祥の、香箱ガニを使った名物おでん種「カニ面」を煎餅にするというアイデアが生まれ、共に金沢の観光と飲食を盛り上げていこうという思いで共同開発に至りました。
 
  • 「カニ面」とは

菊一発祥の名物「カニ面」菊一発祥の名物「カニ面」

金沢は人口あたりのおでん屋の数が日本一といわれ、近年「金沢おでん」として注目を集めています。金沢では年中おでんを食べる文化があり、舌の肥えた常連客から観光客まで、気軽に楽しめるグルメとして愛されています。
金沢おでんの看板メニュー「カニ面」は、香箱ガニ(ズワイガニのメス)の甲羅の内側に、カニ一杯分の身、カニみそ、内子、外子を詰めて出汁に漬け込んだものです。
菊一の先代がおでん種にしたのが始まりで「カニ面」の発祥の店となり「カニ面」の名付け親でもあります。菊一の「カニ面」は、石川県の香箱ガニ漁の解禁日11月初旬から12月末頃までの期間限定で提供されています。
 
  • 「カニ面煎餅」 商品特長
・日本海で水揚げされたズワイガニのメスを粉末化してカニの風味を凝縮させ、おでん出汁の旨味と合わせて、香ばしくサクサクと歯ざわり抜群のお煎餅に焼き上げてあります。
・パッケージには、現在「菊一」を守る女将さんと2人の娘さんに見立てた3本の「金沢和傘」をあしらい、商品を手に取る人の気持ちを華やかに彩ります。
 
  • 「カニ面煎餅」 商品概要

商品名:金沢おでん「菊一」監修 カニ面煎餅
内容量:16枚入
価格:希望小売価格 税込み864円
発売日:2021年12月1日(水)
販売場所:

◆12月2日(木)時点
・東京都内:石川県アンテナショップ
  「いしかわ百万石物語 江戸本店」(銀座)
・金沢市:おでん菊一(片町)、
  金沢わらじ屋(JR金沢駅 金沢百番街あんと)、
  長町わらじ屋本店(長町武家屋敷)、
  東山わらじ屋(ひがし茶屋街)、世界の食品ダイヤモンド(近江町市場内)、酒の大沢(近江町市場内)
・白山市:セブン-イレブン 徳光ハイウェイオアシス店(徳光PA内)
◆12月7日(火)から
・福井県:福井わらじ屋(JR福井駅プリズム福井内)
※順次、販売店は拡大予定です。
 
  • 金沢おでん「菊一」について

菊一店内菊一店内

昭和9年創業の、金沢で最も歴史のある老舗おでん店。
風情ある暖簾をくぐれば、昭和の時代に戻ったような
懐かしさに溢れています。創業時から継ぎ足しにより
代々受け継がれている変わらぬ味わいの出汁が染み
込んだ、金沢ならではの豊富なおでん種があります。
  • 株式会社昭宝製菓について
石川県加賀市にて昭和62年の創業以来、日本全国の観光地向けのお菓子を製造しています。
地域の皆様に愛されるお菓子を作り続け、思い出とわくわくを届けています。
所在地:石川県加賀市箱宮町カ30番地
代表者:代表取締役社長 竹内裕二
URL:https://www.shohoseika.com/
事業内容:和菓子・洋菓子の製造、OEM商品企画・製造、イベント向け商品開発
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社昭宝製菓 >
  3. おでん?せんべい?金沢土産の新定番誕生!『金沢おでん「菊一」監修カニ面煎餅』が12月1日(水)より販売開始