“酒粕の再生”をテーマにした食のブランド「KIKKA(キッカ)」をリリース

廃棄等の処分をされている酒粕をリユースした飲料やシリアルなどのサスティナブルなオリジナル食品を展開

株式会社doki doki(東京都世田谷区、代表取締役 : 兼重 遥)は、廃棄等の処分をされている酒粕を再生した飲料やシリアルなどのオリジナル食品を展開する自社ブランド「KIKKA(キッカ)」をリリースいたします。1月10日(月)からMakuake(応援購入サービス、URL :https://www.makuake.com/)にて先行販売、2月中旬より自社オンラインショップ(URL: https://kikka-japan.com)にて一般販売を開始いたします。

 


■KIKKAの取り組み
酒粕は日本酒の副産物として生まれるもので、その量は年間で約3万トン相当になります。(※1)従来は粕漬けや粕汁などの伝統的な食品に活用をされていましたが、需要の減少と共に廃棄されるケースが増えています。
粕と呼ばれていますが、日本酒を造る過程で生まれる酒粕は、職人の手仕事による丁寧な工程と発酵のパワーにより奥深い味わいと豊かな栄養素を持った、まさに“奇跡の素材”です。
KIKKAでは、そんな酒粕が持つパワーを活かし再生することで、日本酒の副産物として位置付けられている酒粕に新たな価値を生み、その恩恵により美しく健やかなライフスタイルを創造していくことを目指しています。

■KIKKA誕生の背景
株式会社doki dokiでは、約5年間日本酒メーカーのブランディングデザイン業務に携わって参りました。その中で、“酒粕”が酒蔵の悩みであることを知ると同時に、酒粕の美味しさとパワーに魅せられ、本事業を立ち上げました。

■KIKKAのこだわり

【1】酒粕の苦手な方にもお楽しみいただけるような商品を
酒粕に苦手意識を持たれている方にもその美味しさをお楽しみいただけるように、酒蔵で丁寧に造られた美味しい酒粕をフレッシュな状態で使用するほか、粉末加工し特有のクセを抑えるなど。酒粕の味わいを調和させた商品づくりを行なっています。
❶生酒粕
→酒蔵直送のフレッシュで華やかな味わい。
❷酒粕パウダー
→酒蔵直送の酒粕を栄養素や風味はそのままに低温でじっくりとパウダー化。これによりアルコールを可能な限り揮発させました。その為酒粕特有のクセがなく、華やかな香りが活きた仕上がりに。


【2】日本独自の発酵技術と上質な素材から
KIKKAの商品には、酒粕や糀など日本独自の発酵技術により生まれる素材を使用しています。
酒粕は、千葉県九十九里の酒蔵「寒菊銘醸」で造られた華やかな香りのものを使用。酒蔵で取れたてのものを直送し丁寧に加工しています。

【3】現代のライフスタイルに合わせた、酒粕の新しい楽しみ方を提案
「酒粕に馴染みがない...」「酒粕をどう調理していいかわからない...」そのような方にも、酒粕習慣を楽しみながら続けていただけるよう、今のライフスタイルに合わせたラインナップとその楽しみ方を提案していきます。


■商品詳細

【1】酒粕と米糀を合わせた「酒粕甘酒」


❶酒粕と米糀でつくる砂糖不使用の甘酒
❷酒粕を粉末加工、アルコール分をほとんど含みません
❸酒粕の味わいにより華やかですっきりとした後味
  • 商品名 : 酒粕甘酒
  • 内容量 : 500ml
  • 価格 : ¥1,393(税込)
  • 備考 : コップ1杯(150ml)に酒粕25g相当使用。/アルコール量 : 0.01%(推定値)

【2】生酒粕と米糀を合わせた「酒粕甘酒スムージー(生甘酒)」


❶生酒粕、米糀、フルーツでつくる砂糖不使用の甘酒スムージー(プレーンにはフルーツは含まれていません)
❷火入れなしで酵素が生きている生甘酒のフレッシュな味わい
❸半解凍で食べるのがおすすめです
  • 商品名 : 酒粕甘酒スムージー(プレーン/ベリー/シトラス)
  • 内容量 : 200g
  • 価格 : 486~¥540(税込)
  • 備考 : 200gに生酒粕25g使用。/アルコール量 : 0.75%(推定値)


【3】華やかな香りとザクザク食感が新しい「酒粕グラノーラ」


❶酒粕粉末を配合した華やかな味わい
❷しっかりした厚めの有機オーツ麦のザクザク食感
❸酒粕の味わいと相性の良い無添加ドライフルーツを使用
  • 商品名 : 酒粕グラノーラ
  • 内容量 : 200g
  • 価格 : ¥1,296(税込)
  • 備考 :  1食(50g)に酒粕25g相当使用。/アルコール量 : 0.04%(推定値)


■事業責任者プロフィール
 

株式会社 doki doki  代表・デザイナー / KIKKA事業責任者
兼重 遥 (かねしげ はるか)


企業やブランドのコンセプト、ロゴ、パッケージ、webサイトなどの企画・デザイン製作を行うブランディングデザイナー。2016年個人開業時より、日本酒メーカーのブランディングデザイン業務に携わる。その中で酒粕の処理問題を知り、酒粕の再生をテーマにしたブランド「KIKKA」を立ち上げました。SDGsでも掲げられている食品ロス削減にアプローチする、日本発のサスティナブルな食のブランドとして。酒粕を再生し、その豊かなパワーで世界中の皆様に美しく健やかな毎日をお届けしていきます。

■KIKKA概要
URL : https://kikka-japan.com
1月10日(月)11:00~Makuakeにて先行販売
2月中旬 自社オンラインショップにて一般販売開始予定
公式Instagram  https://instagram.com/kikka.japan
公式Facebook   https://www.facebook.com/kikka.japan
公式Twitter   https://twitter.com/KIKKA_japan_

■会社概要
URL :  http://doki-2.com/
名称 :  株式会社doki doki
設立 :  2020年4月
代表者 : 兼重 遥
所在地 : 〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-1-1
事業内容 : 
1.企業やブランドのコンセプト、ロゴ、パッケージ、webサイトなどの企画・製作。ブランディングデザイン業務。
2.食品の企画・製造・小売業。

<注>
※1 農林水産省 令和元年産酒造好適米の生産量
https://www.maff.go.jp/j/seisaku_tokatu/kikaku/attach/pdf/sake_01chousa-2.pdf
酒造好適米の生産量から計算。酒米の生産量=9.7万トンの内70%が日本酒、残り30%が酒粕となると仮定すると、計算上約3万トンが酒粕となる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社doki doki >
  3. “酒粕の再生”をテーマにした食のブランド「KIKKA(キッカ)」をリリース