オンライン蔵開きで魅力を公開!新しい「顔の見える酒造り」への挑戦

「富翁で繋がろう!オンライン蔵開き〜歴史を感じる京の定番酒(さけ)〜」

株式会社 北川本家(京都市伏見区、代表取締役:北川幸宏)は、例年10月下旬から11月上旬に本社敷地内で行なっている蔵開きイベントを、今年は11月28日(土)にオンラインで実施することになりました。
日時:2020年11月28日(土曜日)15:00~16:30
参加方法(場所):オンライン(Zoom)で開催
参加条件:限定酒を1セット以上ご購入
【URL】https://www.tomio-sake.co.jp/kurabiraki/

これまで酒どころ伏見では、春と秋に各酒蔵(酒造会社)が一般消費者の方に自慢の酒を味わってもらうため「蔵開き」と称した行事を実施しています。
その評判は徐々に口コミで伝わり、京阪神だけでなく全国からお客さんが訪れるようになりました。
ところが新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防止するため、それぞれの酒蔵において2020年3月20日に計画していた春の蔵開きイベントは中止を余儀なくされました。それは北川本家も例外ではありませんでした。

弊社の考える「蔵開き」というのは、単に蔵出しのお酒を味わってもらうだけでなく、普段製造現場である乾蔵(いぬいくら)で日本酒造りに向き合っている蔵人たちが、じかにお客さんから生の意見をいただく絶好の機会と捉えています。

これは弊社の社長がこの10年間掲げてきた「顔の見える酒造り」というテーマにも欠かせない大事なイベントでした。
しかし「距離を保たないといけない」「大勢の人が集まることができない」など三密を避ける今、私たちは新しい方法を試行錯誤しなければならなくなりました。
その結果として、3月に続き秋の蔵開きも今年は実地での開催をあきらめいつもは公開していない蔵の中をオンラインで見てもらうことで、お客さんとの距離を縮めたいと考えました。
 

今回弊社が初めて取り組むオンライン蔵開きは、すでに全国の多くの酒蔵が実施しています。成功している事例などを見た弊社の社員も、大きなプレッシャーを感じています。

その中で自分たちの特色をどのように出していくのか、プロジェクトが始まったばかりのころは、戸惑いは隠せませんでした。

しかし、酒造りが次世代に引き継がれるなか、新しい挑戦への不安は、今回の蔵開きだけでなく、様々な場面で付きまといます。
また、正解のない時代に「確かなことを求めるということ自体が危険ではないのか」というのも過言ではない気がしています。

それならいっそのこと、北川本家の日本酒を味わってもらいながら、そんな弊社の「今」を公開し、社員が奮闘する等身大の姿を多くの人に見てもらおう、またオンラインならではのコミュニケーションが生まれる瞬間をお客様と社員で共有しよう、その結果、双方が新しい楽しみ方を見つけられたら一層お酒がすすむのではないか、と考えました。
そのために頑張ってみようと社員が結束しています。

そして北川本家の360年以上続く長い歴史と伝統が、現代にそしてオンラインでどう伝わるのかを知り、新しい「顔」の見える酒造りに繋げたいと思っています。
 
  • 日時:2020年11月28日(土曜日)15:00~16:30(90分間)
  • 参加方法(場所):オンライン(Zoom)で開催
  • 参加予定数:先着100名様
  • 参加条件:限定酒を1セット以上ご購入
限定酒:1.と2.の2種類
  1. 今季 仕込1号 金印生原酒「富」720ml/1800ml
  2. 今季 仕込4号 山田錦純米生原酒「翁」720ml/1800ml
セット内訳
  • Aセット 1. 720ml×1本+2. 720ml×1本 合計 2本セット 5,000円(送料・消費税込)
  • Bセット 1. 720ml×2本+2. 720ml×1本 合計 3本セット 6,000円(送料・消費税込)
  • Cセット 1. 720ml×1本+2. 720ml×2本 合計 3本セット 6,000円(送料・消費税込)
  • Dセット 1. 1800ml×1本+2. 1800ml×1本 合計 2本セット 8,000円(送料・消費税込)

参加特典:抽選券
抽選当選者:5名様(申し込み人数により増減あり)
抽選会景品:歴史を感じる「今日の定番酒」飲み比べ720ml ×3本入、富翁 前掛け、コシヒカリ5kg、甚吉袋、Tシャツなど
アンケートご回答者全員に北川本家オンラインショップで利用できるポイントをプレゼント

詳しくは下記URLをご覧ください。
https://www.tomio-sake.co.jp/kurabiraki/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「富翁」北川本家 >
  3. オンライン蔵開きで魅力を公開!新しい「顔の見える酒造り」への挑戦