【自然と人が共生できる取り組み】岩手県大槌町から「ジビエ」を通じて鹿の命を最大限活用するための新商品開発プロジェクトをクラウドファンディングにて挑戦中

「ジビエ」を通じて「山」と「人」が共に生きる持続可能な社会を実現したい。

岩手県大槌町で鹿肉の食肉加工販売を行っているMOMIJI株式会社が、2022年8月にクラウドファンディングサイト「ready for」にて新商品開発プロジェクトを開始しました。
今回私たち「よぼし」が関わらせていただいたMOMIJI株式会社の新しい取り組みについてお知らせさせていただきます。

 
  • プロジェクト概要
プロジェクト名:捕獲された鹿の命を余すことなく価値へ変える。大槌の自然の恵みで育った鹿の命を「ボーンブロス」に変えてジビエ文化を広めたい
期間:2022年8月4日(木)〜2022年10月2日(日)

URL:https://readyfor.jp/projects/momiji

目標金額:1,000,000円
リターン一例(返礼品):
・大槌鹿の骨を使ったボーンブロス300ml(¥4,000)※先着30名限定
・大槌鹿・部位食べ比べセット(800g)※先着10名限定
・大槌鹿革ポーチ※先着5名限定
・割烹岩戸1万5千円コース(2名様用)※先着5名限定

◆クラウドファンディングプラットフォーム「ready for」のプロジェクトページ(https://readyfor.jp/projects/momiji )よりお申込みください。 
 
  • プロジェクト背景


日本の社会課題の一つである、野生鳥獣による農作物被害。その約三分の一が鹿によるものです。鹿を含めた野生鳥獣はハンターによって捕獲された後約90%が廃棄されている現状があります。

MOMIJI株式会社代表の兼澤はハンターとして日々鹿を捕獲していて「人間の都合で奪った命なら最大限価値へ変えたい」という想いから、ジビエ事業を立ち上げました。MOMIJI株式会社は鹿の肉以外にも骨や角、革といった資源を価値へ変える取り組みを行っています。
そこで今回MOMIJI株式会社の新しい取り組みとして、鹿の骨を使った新商品「ボーンブロス」開発プロジェクトを開始することとなりました。
 
  • 製造するボーンブロスについて


大槌の鹿が健康的で美味しい理由として、二つの自然の恵みが特徴だと考えます。
・大槌の清らかな湧水
・三陸海岸内陸部に広がる北上山地の森林

大槌町には地下から湧き出た水でできた池や川が170箇所も存在し、国内随一の数だと言われています。大槌の川には絶滅危惧種の淡水魚「イトヨ」が生息していることから、水質の良さを物語っています。また、大槌町の三陸海岸内陸部の山にはミズナラやコナラ、クリなど実をつけるブナ科の木々が豊富に自生し、鹿の栄養源となっています。
良質な湧水を飲み、木の実を食べて健康的に育った大槌の鹿の骨からは、豊富な栄養素を含んだ出汁を取ることができます。
今回のボーンブロス商品開発には、大槌で創業120余年の割烹料理店「割烹 岩戸」にご協力いただきました。
大槌町の老舗割烹料理店でありながら鹿肉を取り扱っている「割烹 岩戸」だからこそ、大槌鹿の味を最大限活かしたボーンブロスを作成することができました。
 
  • 「よぼし」について
 

私たち「よぼし」は”スローコーディネーター”をコンセプトとして、地方企業が中長期的な成長を実現するために、新規事業の企画から実行、業務効率化支援など多岐にわたったコンサルティング事業です。

私たちは一時的な成果は求めません。地方企業が中長期的に持続可能な成長が実現できるよう構想と実務の両輪を担います。

スローコーディネーターとは?
スローコーディネーターについてはこちらで解説しております。以下URLをご参照ください。
https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=93333&release_id=1&owner=1

■「MOMIJI株式会社」と「よぼし」の取り組みについて

「MOMIJI株式会社」は前述した通り、これまで「害獣」として捕獲されてきた動物の命が廃棄されている状況を目の当たりにし、「人の都合で奪った命は最大限価値へ変えるべき」という考えのもとジビエ食肉加工業者として事業を開始しました。

私たち「よぼし」はMOMIJI株式会社の「動物の命と向き合って、持続可能な社会を実現する」といった想いに共感をして、2022年1月からMOMIJI株式会社に参画しました。
  • 最後に
MOMIJI株式会社のプロジェクトは岩手県大槌町を起点に、行政と連携して動き出したばかりです。また、野生鳥獣と人間社会との共存、共生を目指しジビエサイクルを構築するスタートラインに立ったばかりでもあります。

これからを担う新しい世代が、命と向き合いながら進めているジビエ事業をぜひ応援頂ければと思います。

最後にはなりますが、MOMIJI株式会社の取り組み、また私たちよぼしの考えに共感いただいた方はぜひご支援お願いします。

プロジェクトページURL:https://readyfor.jp/projects/momiji
 
  • MOMIJI株式会社概要
MOMIJI株式会社
本社:岩手県上閉伊郡大槌町安渡1-3-20
代表:兼澤幸男
サイトURL:https://momiji-gibier.com/
 
  • 合同会社YOBOSHI会社概要
合同会社YOBOSHI
本社:東京都八王子市
代表:神谷 哲治
サイトURL: https://yoboshi.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YOBOSHI >
  3. 【自然と人が共生できる取り組み】岩手県大槌町から「ジビエ」を通じて鹿の命を最大限活用するための新商品開発プロジェクトをクラウドファンディングにて挑戦中