ワークショップ『3分間コーチ』提供開始のお知らせ

いま改めて、コミュニケーションの目的を問い直す

株式会社コーチ・エィ(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木義幸)は、2020年6月、「コミュニケーションが変わらないと、人の意識も組織も変わらない」をコンセプトにしたワークショップ『3分間コーチ』の提供を本格的に開始したことをお知らせします。

■ 組織内コミュニケーションに変化をもたらすまったく新しいワークショップの誕生
『3分間コーチ』はコーチングスキルの研修ではなく、自らのコミュニケーションを「止まって見る」ことを目的としたワークショップです。参加者は、コミュニケーションの目的が変わることによる関係性の変化を体感し、参加者一人ひとりが自らのコミュニケーションに変化を起こしていくことができるようになります。

この新しいワークショップは、「関わりの可能性を、ひらく。」をミッションに20年以上にわたるコーチングのサービス提供の実績をもち、コミュニケーションを専門に扱うコーチ・エィだからこそ提供できるもの。組織内のコミュニケーションの土壌を変えたい、より生産的な組織/イノベーティブな組織を実現したいという企業の皆様のニーズがあれば、どの役職の方にも受けていただけます。
 

■『3分間コーチ』開発の経緯 
コーチ・エィは、日本で最初にコーチ・トレーニング・プログラムの提供を開始したコーチ・トゥエンティワンをその前身とし、2000年代初めに管理職向けのコーチング研修を開発、企業に対して提供を始めました。組織における人と人との関係性やコミュニケーションの状態が業績や成長に影響すると考える企業は多く、コーチング研修には多くのニーズがありました。

しかし10年間にわたって研修サービスを提供した結果、管理職にスキルを教えるコーチング研修では組織における本質的なコミュニケーション変革を起こすには不十分だという結論に達しました。2011年にはコーチング研修の提供を中止し、以降、組織変革・組織開発の実現に向けた1対1のエグゼクティブ・コーチングやプロジェクト型のコーチングサービスに特化してまいりました。

一方、多くの企業内においてコミュニケーションに対する課題感は依然として強く、近年では1on1を積極的に導入する企業も増加しています。しかし、その効果を実感できていないという声も多く、コーチ・エィにも、研修事業撤退からの10年間、組織内のコミュニケーションに変化を求める多くのお客様からお問い合わせやご要望が寄せられてきました。その声にお応えしつつ、コーチ・エィだからできるサービスを模索した結果『3分間コーチ』の開発にいたりました。


【『3分間コーチ』概要】
■ 対象
企業トップから一般社員まで。

■ワークショップの形態
オンラインまたは集合型ワークショップ (全7時間)

その他
‐ 3ヶ月間にわたる週2回のメールマガジンや動画配信によるフォローアップ。
‐ コミュニケーションに関するインベントリ―

■『3分間コーチ』詳細ページ
https://www.coacha.com/services/three-mins.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コーチ・エィ >
  3. ワークショップ『3分間コーチ』提供開始のお知らせ