大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム©︎のテックタッチが転換社債型新株予約権付社債スキームによって1.5億円の資金調達を実施

ユーザー数は8万ユーザーを突破。コロナ環境下で事業進捗しつつ、国内では圧倒的なマーケットリーダーへ

ITシステム利用定着・高度活用を通して企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援するSaaS「テックタッチ」(https://techtouch.jp/)を開発するテックタッチ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:井無田 仲)は、株式会社あおぞら銀行(本店:東京都千代田区、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):谷川啓)が100%出資するファンド運営会社、あおぞら企業投資株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 彰史)の運営するベンチャー企業向けデットファンド「あおぞらHYBRID1号投資事業有限責任組合」を引受先として1.5億円の転換社債型新株予約権付社債を発行することを決定しましたのでお知らせします。なお、引き続き追加で銀行借入を実施してまいります。
  • 本スキーム採用の意図と資金使途

本ファイナンスは本年7月10日に発表した5億円のシリーズAラウンドに続く資金調達です。米国でのスタートアップ業界では一般的になりつつある、ベンチャーデットの形態を採用することで、希薄化を抑制しつつ、多額の調達額を実施いたします。

なお、調達した資金に関しては、新型コロナウィルスにDXニーズの加速度的増大に応えるため、製品/事業開発へのより一層の投資強化をいたします。

 
  • テックタッチの1年強での実績:ユーザー数は8万名を突破
ユーザー数進捗
・利用ユーザーについては、本年7月現在で8万名を超え、間も無く9万名に到達する見込みです。
・利用顧客数は数十社に及び、ほとんどすべてが大企業でのご導入となっております。

導入企業一覧(掲載許可企業のみ)
https://techtouch.jp/
 
  • 引受先コメント
あおぞら企業投資株式会社 代表取締役:久保  彰史様
SaaSサービス、自社開発システムを問わず、企業のWEBシステムの利活用を支援・サポートする当社サービスは、DX推進、リモートワーク推進という時代の流れに適合した、これからの企業の成長のカギを握るサービスと認識しております。そして、サービスローンチからわずか2年弱で国内の名だたる大企業に導入されているのがその可能性を証明しています。

あおぞら銀行にはDX、リモートワークに取り組む意欲のある多くの法人のお客さまがいらっしゃるため、これらの企業とのシナジーを一件でも多く創り出すことで、当社及び健全な社会の発展に少しでも貢献していければと考えております。当社のますますの成長を期待しております。
 
  • 会社概要
会社名 : テックタッチ株式会社
URL : https://techtouch.co.jp/
所在地 : 〒100-6005 東京都千代田霞ヶ関3-2-5 霞が関5階 31VENTURES霞が関
設立:2018年3月1日
代表取締役:井無田 仲
  1. プレスリリース >
  2. テックタッチ株式会社 >
  3. 大企業向けデジタル・トランスフォーメーション・プラットフォーム©︎のテックタッチが転換社債型新株予約権付社債スキームによって1.5億円の資金調達を実施