【記念日登録】11月19日は「いい熟成ワインの日」の記念日と認定。熟成ワインを扱うヴィンテージワイン専門店『年号ワイン.com』を運営する和泉屋の申請は(社)日本記念日協会にて正式に登録されました。

長い年月をかけて熟成してきたワインは贅沢な味わい。いい熟成ワインを愉しむきっかけの恒例イベントとしてこの記念日をぜひお使いください。

ヴィンテージワイン専門店のECサイト『年号ワイン.com ( https://www.nengou-wine.com/ ) 』とその実店舗を運営する株式会社和泉屋(埼玉県朝霞市)は、熟成をしたワインの特徴であるコクや深み、特別な趣きをより多くの方に味わっていただきたいため、11(いい)月19(じゅく)日を「いい熟成ワインの日」として申請し、2022年9月15日一般社団法人 日本記念日協会に登録されましたのでご報告いたします。

 

 

【登録した理由】
ワインは「熟成するから美味しくなる」という特徴を有する嗜好品です。熟成期間が数十年にも及ぶワインもはぐくまれてきました。

高額で難しい味わいのワインとして思われがちなヴィンテージワインをもっと気軽に日常のワインライフへ取り込んでいただけるよう、記念日に登録する運びとなりました。

日本国内には世界各国から様々なワインが輸入され、また国産ワインの生産も拡大し、原産地域に多様性が増しました。

今回の認定をきっかけに、ワインの地理的要素や造り手に加えて過去~現在~未来へつながる「時間軸でのワイン選び」を広くご提案させていただきます。

【11月19日の由来】
「良い」や「おいしい」をイメージさせる「いい」は数字の1が並んだ11月に当てはめ、熟成の熟を19(じゅく)と絡めた11月19日を「いい熟成ワインの日」といたしました。


【ボージョレ・ヌーヴォー解禁日と近い日程で熟成ワインの記念日が誕生!】
例年11月第3木曜日は新酒ワインの解禁に注目が集まります。
語呂合わせでうまれた「いい熟成ワインの日」は、図らずも有名な"ボージョレ・ヌーヴォー解禁日"と数日を前後する日程になりました。

航空機で到着した「新酒ワイン」では今年の出来を、そして熟成させた「いい熟成ワイン」では熟れ具合を愉しむイベントとして、この記念日をお使いください。
 

【いい熟成ワインの魅力】
いい熟成ワインは、色が落ち着き、香りは複雑さを増し、口あたりがなめらかになり味わいが円熟しています。

そんな熟成ワインは人生と同じように様々な出来事が重なり合い、一本ずつ異なる個性を形成してゆき、飲む人の人生の充実感やねぎらい、もらった人には感謝の気持ちを表現してくれます。

いい熟成ワインを召し上がる時に多くの方が感じる、日頃からの「ありがとう」、「お疲れ様」、「大切にしてます」、「ずっとこれからも」を明日への活力にして頂きたいと考えています。


【驚きの寿命を持つワイン】


それではいい熟成を重ねてきたワインをご紹介させていただきます。

こちらのワインはECサイト『年号ワイン.com (https://www.nengou-wine.com/)  』、そして実店舗(埼玉県朝霞市)にてお買い求めいただけます。


​・2001年 シャトー ディケム CHATEAU YQUEM 【商品番号 5798】
飲み頃がなんと2100年まで続くと予想されている超・長期熟成が可能な甘口白ワインです。ブドウの樹一本からグラス一杯分しかとれないといわれるほどの低収穫量にこだわった、貴腐ワインの世界最高峰。21世紀最初の年、2001年産のこちらは21世紀の100年間を生き続ける寿命を有しています。何世代かにわたってこの先保管し続けられる家宝のワインになることでしょう。
 

・1982年 シャトー タルボ CHATEAU TALBOT 【商品番号 3843】

20世紀は何度かの超当たり年に恵まれました。終戦後の1945年以降のヴィンテージでは1961年、1982年、1990年が特に有名です。このシャトー・タルボは1982年産の中でも高く評価されてきたワインで、ビロードのような口あたり、甘い果実味と枯れ葉のような深みとのハーモニーが素晴らしいと評判です。シャトーの名前は元イギリス軍指揮官の名にちなんでおり、メドック地区のサン・ジュリアンを代表する銘酒。ラベル上端に書かれた「CORDIER」はボルドー最大のネゴシアンのコーディエ社を意味し、長年にわたりコルディエ家の管理の下、発展を遂げてきました。新しいヴィンテージではこの記載が省かれていますので1980年代当時のボルドーのワイン流通を偲ばせています。もちろん今年40歳の誕生日プレゼントでも喜ばれます。
 


・1992年 モレ サン ドニ プルミエ クリュ レ ボーレ MOREY ST DENIS 1ER CRU LES BAULETS (生産者 ピエール・ブレ PIERRE BOUREE FILS)【商品番号 6081】

このワインは生産者のセラーで保管されていた蔵出し品です。作り手により長年大事に扱われてきたため、温度変化や移動によるダメージがありません。「蔵出し」もいい熟成の要素のひとつになります。ワインの色は熟成によって茶色がかり、香りは複雑さが増しています。穏やかになった酸味と落ち着きが魅力です。30年目の記念日にいかがでしょうか。

 

・2005年 シャトー レオヴィル ラス カーズ CHATEAU LEOVILLE LAS CASES 【商品番号 5318】

シャトー レオヴィル ラス カーズは1855年に決められたメドック格付第二級。第一級シャトーにも迫る実力と長命さを持ちます。サン・ジュリアン地区にある『レオヴィル』と名が付く3つのシャトーの中で最もパワフルかつ高貴なスタイルは多くのファンを惹きつけてきました。豊かな果実味と深みのある樽香が印象的で、2005年産の飲み頃はこれから始まり2050年を超えても続くとされています。作られてから45年間も寿命を保ち、熟成を続けるポテンシャルをお確かめいただけます。

 


 

・2005年 シャトー シャス スプリーン CHATEAU CHASSE SPLEEN 【商品番号 6457】
シャトー シャス スプリーンは1855年のメドックの格付には含まれなかったシャトーですが、その後に制定されたブルジョワ級で最も長命なワインを生み出すシャトーとして知られています。2005年産のワインが2022年現在、飲み頃のピークにあり、2030年まで最上の飲み頃が続くだろうとワイン評論家がコメントしてきました。この2005年産はシャトーとしても大柄な出来で、熟したことによる清涼感と甘い果実味、強いタンニン分とエレガンスさのバランスを持ち合わせています。

※なお、稀少品の為、売り切れの際はご了承ください。


 

【未来に飲み頃が来るワインリストも準備中です!!】


熟成は「過去」に起きているだけではなく、現時点でも未来に向かって熟している最中です。
弊社ではこれから先も熟成させられる長命なワインも集め、「未来に飲み頃が来るワインリスト」も全力で準備しています。

例えば「5年先の2027年に飲み頃となっているワイン」、「今から10年後の2032年に飲み頃を迎えるだろうとされているワイン」などを掲載します。国内のワイン売り場にこれまで無かったような"未来志向によるワインリスト"を皆様にご提案すべく用意しています。

準備出来次第、"未来志向のワインリスト"は『年号ワイン.com』にて公開させていただきます!今しばらくお待ちください。数年先、数十年先の未来が楽しみになる熟成主体のワインライフはもうすぐそこに。
 

 

【記念日公式キャラクターの『ソムリエ ディズナフ』】
皆さまに楽しんでいただける記念日イベントとなることを願って、親しみのわくキャラクターとロゴマークも作成しました。

キャラクターの名称「ディズナフ」はフランス語で数字の「19」を意味する発音の「ディズナフ」から。熟したワインが大好きで経験豊かなソムリエさんです。

テイスティングでグラスを回しているうちに語呂が合う「1119」の形にワインの雫を思わず飛び散らかしてしまいましたが、その目線からは美味しいですよというメッセージとテイスティングへの自信が伺えます。

オリジナルの公式キャラクター『ソムリエ ディズナフ』は主催、共催、協賛やイベント会場などで登場します。公式キャラクターを皆さまよろしくお願いいたします!


【年号ワイン.comについて】

ヴィンテージワイン専門店『年号ワイン.com (https://www.nengou-wine.com/) 』は、「特別な年のワインと共に」を理念とし、1959年創業の株式会社和泉屋が2000年より運営しているインターネットショッピングサイトです。

大切な方へのお誕生日プレゼントや記念日、お祝いなどにも相応しく、世界中のワイン愛好家から愛される高級クラスのワインを豊富に取り揃えております。またサイト内のリストに掲載中の商品は全てインターネット通販と対面販売での実店舗にてお買い求めいただけます。

長命で味わい深い銘柄のフランス・ボルドー地方の銘醸シャトーを中心に、さらにはワイン専門誌等で近年評価が高まっている生産者が造る話題のワインも多くご用意しております。

ヴィンテージ(生産年)は1945年から2020年までのおよそ1,200銘柄取り揃えています。(※2022年10月4日現在)

店舗では数千本のワイン在庫を活かした接客、ソムリエが常駐する対応等、来店されるお客様へのサービス向上も図っています。ヴィンテージワインとの素晴らしい出会いをお手伝いさせていただきますのでぜひご利用ください。

そしてこの度の「いい熟成ワインの日」の記念日を制定することで、時間をかけて熟成されたワインに封じられた贅沢な味わいと、熟すことで初めて得られる優雅な深みをゆっくりと味わっていただくきっかけにこの日がなれたなら幸いです。

※20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。
 


【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社和泉屋 担当:栗原(埼玉県朝霞市幸町1-5-2)
メール:mail@nengou-wine.com 電話:048-467-2311 ファックス:048-463-2111
コーポレートサイト:https://izumiya-inc.com/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社和泉屋 >
  3. 【記念日登録】11月19日は「いい熟成ワインの日」の記念日と認定。熟成ワインを扱うヴィンテージワイン専門店『年号ワイン.com』を運営する和泉屋の申請は(社)日本記念日協会にて正式に登録されました。