第12回 事務・販売・サービス〔含む医療・福祉〕部門全日本選抜QCサークル大会において、2年連続で金賞受賞

〜チーム一体の改善活動や人材育成が高く評価されました〜

コールセンター・バックオフィス(事務処理センター)の構築・運営を行うセコムグループの株式会社TMJ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:丸山 英毅、以下TMJ)は、2019年6月7日に開催されたQCサークル本部・(一財)日本科学技術連盟主催の「第12回 事務・販売・サービス〔含む医療・福祉〕部門 全日本選抜QCサークル大会」に、関東支部代表として出場し、2年連続で金賞を受賞しました。

 

■     全日本選抜QCサークル大会概要

全日本選抜QCサークル大会は、全国のQCサークル各支部から推薦されたサークルが集い、優秀事例を発表し相互研鑽する場として毎年行われています。第12回目となる本年度は、6月7日(金)に日経ホールにて開催され、多種多様な企業や組織の事務・間接部門から13チームが出場。各チームが、職場の活性化と人材育成に関する日頃の活動成果を発表しました。
TMJは、4年連続で全日本選抜大会出場を果たし、昨年度に続いて2年連続の金賞受賞となりました。

主催:QCサークル本部・一般財団法人日本科学技術連盟
共催:QCサークル北海道支部、東北支部、関東支部、東海支部、北陸支部、近畿支部、中国・四国支部、九州支部、沖縄支部
詳細:http://www.juse.or.jp/src/seminar/detail/page/12jhs

■     受賞チーム概要

サークル名 : 多摩バックオフィス
活動内容  : バックオフィス業務を行うセンター内で日々発生する短納期・大量の突発的な業務に対して、チームの垣根を越えた『バーチャルチーム』を組織。チームメンバーの作業工数とスキルを可視化、業務のスキマ時間を有効活用することで、突発業務に対応しました。チーム一体による改善活動の体制づくりやメンバーを巻き込こみ組織の成長を促していく取り組みが高く評価されました。

■     直近のQCサークル大会受賞歴

QCサークル活動の普及・発展と活性化に貢献したサークルを表彰する『QCサークル石川 馨賞奨励賞』を受賞。2018年度に発表された1,849件の活動の中から厳しい審査を経て受賞しました。『QCサークル石川 馨賞奨励賞』を受賞したサークルは、全体の約2%と希少かつ名誉ある受賞となりました。

第6120回 QCサークル全国大会-札幌-


・開催日   :2019年5月23日、24日
・受賞  :QCサークル石川 馨賞奨励賞
・チーム名:解決力開発室
・活動内容:顧客ロイヤリティを測る指標として用いられる指標、『NPS(Net Promoter Score)』。クライアントの評価軸であるNPSの向上を図るべく、解決率とNPSの相関関係に注目した業務改善を実施。クライアント企業のNPS向上へと貢献した。

 

 




今後もTMJでは、企業文化となっている「小さな改善」活動を通じて、業務の品質向上による自社クライアントへの事業貢献と、業界全体の研鑽・地位向上へと繋げてまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社TMJ >
  3. 第12回 事務・販売・サービス〔含む医療・福祉〕部門全日本選抜QCサークル大会において、2年連続で金賞受賞