チャット・ソリューションのチャネルトーク、2.5億円の資金調達を実施

D2C市場やBtoB SaaS市場の拡大を見込んで累積調達額は約9.3億円に。

チャット・ソリューションのチャネルトークを運営する株式会社ZOYI Corporation(ゾイコーポレーション、東京都新宿区)は、KB インベストメントなど複数のVCから約2.5億円を調達しました。今回の資金調達によって、ZOYI Corporationの累積調達額は約9.3億円となります。今後はLineやFacebookなど、様々なソリューションとの連携を強化していきます。
チャネルトークはウェブサイトやアプリに手軽にチャットを導入できるソリューションです。ウェブサイトやアプリの利用者は同一画面上でチャットボタンをクリックすることで運営者と会話を行うことができ、運営者側は専用
のデスクトップ/スマートフォン用アプリでストレスなく顧客対応を行うことが可能になります。​

チャネルトーク導入イメージチャネルトーク導入イメージ

近年、D2C(Direct to Consumer)やBtoB SaaS領域の新規企業参入が相次いでいますが、顧客との接点を強化する意味で対話は必要不可欠となっており、特に製品サービスの特性上、ウェブでの顧客とのコミュニケーションが重要となっています。ZOYI Corporationは、チャットが単なるお問い合わせやクレームの窓口ではなく、顧客が持つ企業への要望や課題を共有し、製品・サービスを強化するためのタッチポイントとして機能する重要なコミュニケーションツールとなると考え、チャネルトークを提供して来ました。
2017年からの正式ローンチ以降、チャネルトークはグローバルで12,000サービス以上に導入されており、日本でもChuuやVAIOなど800以上のサイト・アプリにて顧客とのコミュニケーションを円滑にするサービスとして広く導入されています。

さらに、チャネルトークはこれまでペライチやカラミーショップなど、各種サービスと連携していますが、今後はLineやFacebook Messengerなどとのさらなる連携の強化を行い、新規顧客を獲得していく予定です。

今回の資金調達に関して坂本 彩(さかもと あや)リージョン・マネージャーは”「答えは顧客の中にある」というチャネルトークの製品哲学はAmazonやAppleなどの先進企業の顧客中心主義とも一致する”としながら"チャネルトークを利用するユーザーが自社の顧客に集中できるようサポートすることでより多くの企業のインフラとなるBtoB企業となることが目標”とコメントしました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZOYI Corporation >
  3. チャット・ソリューションのチャネルトーク、2.5億円の資金調達を実施