【建築業界で働く若手社員1000人の本音を大公開!】転職を視野に入れている割合はまさかの半数以上!?転職を考え直すには給与アップはもちろん、業務フローを改善することが最も重要であることが判明!!

【2019年最新】顧客満足度・コスト満足度・住宅関係者・工務店が選ぶ工務店基幹システム 第1位

建築業界に特化した基幹システムなどを開発・販売しているエニワン株式会社は、20代~30代の工務店・建築業界に勤めている男女を対象に「工務店で働くうえでの悩み」に関する意識調査を実施しました。
現在、工務店の経営者が抱える悩みの中で「人材不足」が深刻な問題となっています。
苦労して採用した若手社員に長く安定して働いてもらうためには、どのような取り組みが必要なのでしょうか。
そこで今回エニワン株式会社(http://www.any-one.jp/)は、工務店・建築業界に勤めている20代~30代の若手社員を対象に「工務店で働くうえでの悩み」に関する意識調査を実施しました。


調査概要:「工務店で働くうえでの悩み」に関する意識調査
【調査日】  2019年5月23日(木)~ 2019年5月28日(火)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,058人
【調査対象】 20代~30代の工務店関係者・建築業界関係者の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
 
  • 半数近くが転職を考えていることが判明。業務のあり方が業界全体で問題に

工務店・建築業界で働く20代~30代の若手社員に「現在転職を考えていますか?」と質問したところ、半数近くの方が「はい」-48.3%と回答し、人材不足と言われる昨今においてこの数値は衝撃的ではないでしょうか。「はい」という回答に次いで、「どちらともいえない」-32.3%「いいえ」-19.4%と続きました。

それぞれの理由を質問したところ、

「はい」
・激務だから
・休みがないから
・年収アップのため
・人間関係の悪化

「どちらともいえない」
・良い条件があれば考える
・入社、間もないから
・なんとなく転職に踏み切れない

「いいえ」
・不満な点はないから
・安定しているから
・成長が見込めるから
 

上記のような理由が多く挙げられました。

では、転職希望者が転職を考え直すためには、どのような改善に取り組むべきなのでしょうか。
 

  • 転職を考え直すには何が必要・・・?

 

上記で「はい」と回答した方に、「どうなれば転職を考え直しますか?」と質問したところ、


・給料が上がれば
・業務が円滑に進めば
・経営が安定すれば
・休みが増えれば
・働きやすい職場環境になれば


といった意見が挙がりました。
業務の効率化、給与のアップ、休日取得数増加などが、転職希望者の減少につながるようです。
 

  • 有給休暇取得や休暇日数の改善のためにするべきこととは

 


昨今、日本全体で働き方改革の実施に向けた動きがありますが、転職希望要因としても挙げられていた休日についてなど、『有給休暇取得の義務化』は大きく働き方を変える政策のひとつではないでしょうか。
「有給休暇取得や休暇日数の改善のために何をするべきですか?」と質問したところ「人員の補充」-33.2%、次いで「業務効率の改善」-31.9%「労働時間の改善」-22.4%「社内体制の変更」-11.2%と続きます。

現在、人材不足は日本全体で問題となっており、様々な政策のもと改善に動いていますが、人材不足解消に至るにはまだまだ時間がかかるでしょう。

そこで、有給休暇が取得できないことや、長時間労働が起因となる離職は、業務効率を上げることで転職希望者を減少させることができるのではないでしょうか。

また、「現在勤めている会社の業務効率はいかがですか?」と質問したところ、「良い」という意見を「良くない」という意見が圧倒的に上回るという結果になりました。非効率で非生産的な業務は、業界全体で考えるべき問題と言えるでしょう。
 

  • 業務効率を高めるためのシステム導入率は約半数という結果に。その使い勝手は・・・?

 


業務効率向上の見直しのひとつとして、「新しいシステムやツールを導入する」という方法が考えられます。しかし、業務効率を高めるためのシステム導入率は約半数という結果になりました。

では、実際にシステムを導入していると回答された方に「自社で導入しているシステムはどのようなものですか?」と質問したところ、「会計システム」「労務・給与システム」「勤怠システム」「顧客管理システム」「工程管理システム」「予算管理システム」「スケジュール管理システム」といった、多くのシステムを使用していることが分かりました。
しかし、「システムに不満はありますか?」と質問したところ、なんと6割以上の方が「はい」-63.6%と回答され、システムを導入していても現在の職場の業務効率は良くないという意見が多くありました。
 

 


導入しているシステムに不満を持っている方に、「システムの具体的な不満は?」と質問したところ、「導入しているソフトがバラバラで使いにくい」-32.2%という回答が多く、次いで「システム業者の対応が不満」-30.7%「イレギュラーな案件に対応できない」-20.1%「工務店用のシステムではないから中途半端」-12.2%「機能がずっと変わらないので、今の業務と合わない」-3.0%など様々な不満が挙がりました。

多くのシステムを導入しているものの、それぞれの工務店業務に合うシステムではないせいで、迅速な対応が出来ないなど、業務改善のために導入しているシステムが、むしろ業務効率を下げてしまっていることが多々あるようです。
 

  • エニワン株式会社の建築・住宅業界に特化したオールインワン基幹システム

 


住宅建築業界の業務効率の改善には、工務店業務に特化したオールインワン基幹システム「AnyONE」http://www.any-one.jp/)がオススメです。
「AnyONE」は地元密着型の工務店から、広範囲で営業・施工している住宅建築会社まで、2,700社が活用している基幹システムです。


エニワン株式会社が取り組んでいる体制としては、大きくわけて

■機能のアップデートを毎月ペースで実施
■実際に使っている工務店の方からの要望を反映、全体のアップデートとして公開
■お客様の改善要望に対するレスポンスが早い

の3つが挙げられます。
体制が整っているからこそ、より効率的な業務フローの確立を実現できるのです。

情報管理の方法は工務店様によって異なります。
「AnyONE」(http://www.any-one.jp/)は2,700社以上のノウハウをアップデートとして公開している為、工務店様が抱える様々なお悩みに寄り添うことが可能です。


工務店・住宅建築会社の豊富なノウハウが凝縮された「AnyONE」を導入することで、情報の一元化が図れ、業務効率化につながり不要な労働時間の削減だけでなく、お客様にエネルギーを注ぎ込むことができます。
また、継続安定的に深く長く信頼関係を築きたいという想いから、導入しやすい低コスト月額制の料金体系で、費用の心配を軽減しています。

今回の調査で、若手社員の多くが転職を考えているという結果になりました。

そして、若手社員の離職問題を解決するためには、「業務効率の改善」「労働時間の改善」「人員の補充」などといった取り組みが必要であることが判明しました。

中でも、業務の効率化を図ることは、労働時間の改善や売上アップなどにつながります。 業務効率でお悩みの工務店様におすすめしたいのが、新しいシステムの導入です。

システムを導入していない工務店様や、システムを導入しているものの悩みや不満を抱えている方は、ぜひ「AnyONE」http://www.any-one.jp/)の導入を検討してみてください。
「働きやすい環境で社員の定着率を向上させたい」「お客様と向き合う時間を増やしたい」という工務店・住宅建築会社の方は、お気軽にエニワン株式会社までご相談ください。
 

  • エニワン株式会社

 


■エニワン株式会社:http://www.any-one.jp/
■TEL:06-6265-2311
■お問い合わせ:https://www.any-one.jp/contact
■facebook:https://www.facebook.com/anyone.japan
■Twitter : https://twitter.com/AnyONE_japan
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エニワン株式会社 >
  3. 【建築業界で働く若手社員1000人の本音を大公開!】転職を視野に入れている割合はまさかの半数以上!?転職を考え直すには給与アップはもちろん、業務フローを改善することが最も重要であることが判明!!