大好評につき荒川商業高校で再び特別授業学年全体に拡大 「楽しかった」93%、「またやりたい」95% FP開発の「ゲームでお金を学ぶ」研修プログラム『G-トレ』

大学や企業などにお金やビジネスに関する研修会やコンサルティング業務を提供し、2020年からは独自に開発した「お金」について学べるカードゲーム講習を実施している合同会社「FPal(エフパル)」(東京都豊島区東池袋1-34-5-6F 代表社員:坂田卓也)では、東京都立荒川商業高校で第2回目となる特別授業を実施しました。

前回、同校総合ビジネス科の生徒たちに行った授業が満足度88%と好評だったことからオファーをいただき、今回は(旧)2年生全員を対象と規模を拡大しました。
(※Gトレの詳細はこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000068538.html
(※荒川商業での1回目授業の詳細はこちら https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000068538.html

対象が学年全体となったことで、興味や理解の面で私どもも不安を抱えていましたが、生徒のみなさんたちはこちらの不安をよそに真剣かつ楽しみながら取り組み、事後アンケートでは93%が「とても楽しかった」「楽しかった」、96%が「またやりたい」と回答しました。

内容をご確認のうえ、ぜひ、ほかの高校や大学、企業の研修の担当者のみなさまにもご検討いただければ幸いです。


【実施概要】
場所:東京都立荒川商業高校
参加人数:(旧)2年生6クラス135人
ゲーム:Money Poker (ポーカーの要領で支出と貯蓄について考えるゲーム研修)
※ゲームの詳細はこちら(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000068538.html

【当日の様子】
前回授業で実施したゲームは内容が社会人向けで難しめでしたが、今回はゲームのルールや目的がシンプルなものだったためか、最初から興味を持ってくれているようでした。授業の合間には休み時間も設けたのですが、その休み時間にも自発的にゲームに挑戦する生徒たちもいて、楽しんでいる様子がうかがえました。

ゲーム終了後には、限られた収入の中で生きていく上で、自分のライフスタイルを守りつつ、将来やりたいことができたりたりトラブルがあったりしたときのために貯蓄をしておくことが大事であることを説明しました。さらに、貯蓄に当たっては、「先取り貯蓄」の重要性を伝え、使い切れなかった分を貯めていくのではなく、ゴールから割り出した貯蓄額をあらかじめ収入から差し引いて、消費はその残りで行うと効果的というアドバイスも伝えました。

【生徒の満足度】 回答総数135人

 

【教諭のコメント】
「家計と貯蓄を学ぶ入り口として非常にいい教材で、生徒たちの反応も大変よかったと思いました。貯蓄をすることはもちろん大事ですが、その先に投資・資産運用という方法でお金を増やすことができるということも生徒たちにはいずれは知ってもらいたいので、そういうゲーム授業も期待しています」

★エフパル今後の活動
4月10日(土)に東京ビッグサイトで始まる、電源を使用しないアナログゲームのイベント『ゲームマーケット2021』の「ゲーム研修ラボブースに共同出展いたします。『Gトレ』のラインナップ展示と試遊をしますので、ぜひお立ち寄りください。

合同会社エフパルの概要https://fpal.jp/
(1)商号: 合同会社FPal
(2)代表社員: 坂田卓也
(3)本社所在地: 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-34-5 いちご東池袋ビル6階
(4)事業内容: ゲームを使った研修「G-トレ」の提供
        ファイナンシャルプランナーの講師を育てる「三ツ星FP講座」の運営
        オリジナルビジネスゲーム開発
        研修会、講演会、イベント、シンポジウム及びセミナー等の企画、開催及び運営
        法人及び個人に対する各種コンサルティング業務の提供

本件のお問い合わせ先
合同会社エフパル 代表電話:03-4500-8078(平日9時~18時)

 
  1. プレスリリース >
  2. 合同会社FPal >
  3. 大好評につき荒川商業高校で再び特別授業学年全体に拡大 「楽しかった」93%、「またやりたい」95% FP開発の「ゲームでお金を学ぶ」研修プログラム『G-トレ』