浜松湖北高校にて、プロのデザイナーが『商品開発』の授業を実施

-商業科の高校生に、本格的な商品開発の現場を伝える-

パッケージデザイン開発を行う株式会社プラグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川亮)のデザイナーが講師を務め、静岡県立浜松湖北高校の『商品開発』の授業を行いました。(2021年9月15日実施)プロのデザイナーが講師となることで、より本格的な商品開発を高校生に体験してもらう取り組みとなり、浜松湖北高校での授業は3年目になります。
■開催の狙い
代表の小川が文部科学省 学習指導要領作成協力者として、商業の学習指導要領作成に携わっておりました。高校生が市場調査結果を元に考えた商品企画に、普段商品開発に携わるプロのデザイナーがアドバイスすることで、実際の商品開発の魅力を感じてもらい、将来的にビジネスを通じ、地域産業で力を発揮できるような資質・能力開発に、貢献したいと考えています。

【オンラインで実施した授業風景】
■授業の内容
浜松湖北高校では1年間かけて商品開発を学びます。テーマは校内で採れるミカンを使った商品の企画です。優秀な商品企画を行ったチームは、実際に販売されるため、生徒たちは熱が入ります。

今年度、プラグは6月と9月の2回授業を実施。6月の授業では、商業科3年生の生徒が9つのグループに分かれて、それぞれが企画した商品のアイデアとターゲットについて発表。デザイナーのアドバイスを受け、完成度を高めていきます。9月の授業では、生徒がパッケージデザイン案を作成し、より魅力的なパッケージデザイン案になるようデザイナーが具体的に指導。生徒からは「ビジネスマンをターゲットにした商品なので、どんなときに食べるのかわからずパッケージを考えるのが難しかった」「高級感を出すパッケージにするのが難しかった」などの意見がでました。

【生徒が考えたデザイン案】

【デザイナーが指導した内容】

 

■先生のご感想
素晴らしいフィードバックをいただき誠にありがとうございました。
生徒たちも「一つのモノができる大変さ」や「デザインが人に与える影響」等の思いを持ったようです。次回の授業で、今回の授業で生徒たちが感じたことやアドバイスを班ごとにまとめ、パッケージデザインをよりコンセプトに合うもの、班で思い描いている形にしていきたいと思います。

■今後の取り組みについて

浜松湖北高校で試作品の製作や校内販売などを行っていきます。次年度も引き続き協力し、商品開発やデザインに携わる人材育成に貢献していきたいと考えています。

■静岡県立浜松湖北高等学校について
静岡県立浜松湖北高等学校は、静岡県浜松市北区引佐町金指1428に所在し、引佐高等学校、気賀高等学校、三ヶ日高等学校の3校が再編され、平成27年4月に開校した全日制課程の高等学校です。これまで3校が地域で果たしてきた役割や伝統を受け継ぎ、普通科、農業科、工業科及び商業科を設置することで、生徒一人ひとりの個性を大切にした多様な教育活動を展開しています。
URL:http://www.edu.pref.shizuoka.jp/kohoku-h/home.nsf/IndexFormView?OpenView
       
■プラグについて
【会社概要】 
株式会社プラグ 代表者:代表取締役社長 小川 亮 社員数75名
所在地:〒101-0051東京都千代田区神田神保町1-3-5   URL:http://www.plug-inc.jp/

事業内容:パッケージデザイン開発、マーケティング・リサーチ、商品開発支援 
代表の小川は(公社)日本パッケージデザイン協会監事、(一社)日本マーケティング・リサーチ協会理事。2008年~2019年文部科学省学習指導要領作成協力者として、学習指導要領作成に参加。商業科の先生に向けた講演、高校生への授業も多数実施。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラグ >
  3. 浜松湖北高校にて、プロのデザイナーが『商品開発』の授業を実施