【デリバリー弁当利用実態調査】88%の人がデリバリー弁当に求めるのは「味」と回答 今人気のお弁当が分かる!ジャンル別お弁当人気ランキングも発表!

日本最大級の法人・団体向けお弁当デリバリーサービス「くるめし弁当」を運営する日本フードデリバリー株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:石川 聡 以下JFD)は、デリバリー弁当利用の実態を把握するため、「くるめし弁当」会員を対象に「デリバリー弁当利用に関する調査」を行いました。その調査結果をお知らせするとともに、人気のお弁当ランキングも併せて発表します。
  • 調査サマリ
〇デリバリー弁当を利用するのは「会議」の際と回答した人が60%以上!ビジネスシーンで有効活用

〇88%もの人がデリバリー弁当に求めるものは「味」と回答、好きなジャンルは「和食」がダントツの1位

〇老舗店からグランプリ受賞の実力店まで揃い踏み、お弁当人気ランキングを発表!

 
  • 調査結果
​〇デリバリー弁当を利用するのは「会議」の際と回答した人が60%以上!ビジネスシーンで有効活用

「デリバリー弁当を利用するのはどんな時か」という問いに対し、「会議」と回答した人が62%、「セミナー」「会社行事」と回答した人がそれぞれ28%、24%と上位にきました。ビジネスシーンで一度に複数の食事を必要とする際にデリバリー弁当をご利用いただくことが多いようです。また、「その他」と答えた人の中には、「友人が自宅に遊びに来る際に頼む(30代女性)」「テンションを上げたい時のランチに頼む(40代女性)」などの回答がありました。

〇88%もの人がデリバリー弁当に求めるものは「味」と回答、好きなジャンルは「和食」がダントツの1位
 「デリバリー弁当に求めるものは何ですか?」という問いに対し、88%の人が「味」と回答しました。次いで53%の人が「彩り」と回答し、実際にお弁当を食べる人に関わる項目が上位にきました。この際男性で「彩り」と回答した人が44.9%なのに対し、女性で「彩り」と回答した人が58%と、男性よりも女性の方が「彩り」をより重視する結果となりました。それ以外に「温まる容器に入っているお弁当(40代女性)」や、「ベジタリアンやハラルに対応したお弁当(30代男性)」などの回答もあり、多様な食の価値観に対応できるお弁当が必要とされていることがうかがえます。

 

「好きなデリバリー弁当のジャンルは何ですか?」という問いに対し、「和食」と回答した人が88%と大半を占めました。先述の調査からも分かるようにデリバリー弁当はビジネスシーンでの利用が多いことから、幅広い年齢層から好まれる「和食」が1位になったのではないかと考えられます。また世代別での回答を見た際、20代は3位に「中華・韓国」を凌いで「焼肉・ステーキ」がランクイン。焼肉やステーキなどのボリュームがあり満腹感を得やすい主菜が入ったお弁当が好まれる傾向にあるようです。


〇老舗店からグランプリ受賞の実力店まで揃い踏み、お弁当人気ランキングを発表!
 アンケート調査結果で上位だった3つのジャンル「和食」「洋食」「中華・韓国」ごとに、お弁当人気ランキングを発表します。
集計期間:2019年4月18日~6月17日 エリア:東京

■ジャンル別お弁当人気ランキング、「和食」部門 第1位はとんかつの老舗『とんかつ まい泉』

 1位に輝いたのは老舗、『とんかつ まい泉』の様々なおかずを楽しむことができる、「いろいろ弁当」。会議や宴会など様々なシーンで利用しやすく、幅広い年代の方に支持をいただいています。2位と3位はロケ弁で人気の『塚田農場』のお弁当がランクイン!ボリュームのあるチキン南蛮、老若男女問わず人気の幕ノ内弁当と定番の中に塚田農場らしさを感じられるお弁当が人気です。

■ジャンル別お弁当人気ランキング、「洋食」部門 1位2位を独占したのはロケ弁グランプリ優勝の実力店『SOMY’S DELI』

 「洋食」部門で1位・2位を独占したのは、過去ロケ弁グランプリで優勝の経験もある『SOMY’S DELI』。肉だけでなく野菜もしっかり食べることができ、カフェのご飯のようなお洒落な見た目も人気の理由です。3位には「和食」部門でもランクインした『塚田農場』。肉厚なハンバーグが食べ応え抜群と、ファンが多いお弁当です。

■ジャンル別お弁当人気ランキング、「中華・韓国」部門 第1位はくるめし弁当サービス当初から続く『中華の匠』

 「中華」部門で1位・2位に輝いたのは、くるめし弁当のサービス開始当初から続く『中華の匠』のお弁当。主食をチャーハンと白米から選べる点やおかずの種類の豊富さなどが響き、リピーターも多い人気店です。3位にはボリュームがありながら価格を抑えた『中華太郎』のお弁当がランクインしました。大人数でのロケなどでご利用いただいています。

《アンケート回答者のコメント》
◆おすすめのデリバリー弁当活用法
・月1回ほど高級なお弁当を買い、自宅でいただいています。外食するよりもリーズナブルに満足できるので、自宅でのお弁当をお勧めします。(30代女性)
・会社の親睦会の花見で、お弁当を公園までデリバリーしました。(30代男性)
・通常は業務用で利用することがほとんどですが、たまに同僚と昼休みに高級なお弁当をデリバリーして楽しんでいました。(50代女性)
・日曜出勤の社員たちに、いつもよりちょっと贅沢な昼食として提供しています。弊社では、日曜ランチがちょっとした楽しみになっています。(20代女性)
・子供のスポーツ大会の際に会場受け取りで購入しています。(40代男性)
・いつも取締役会用にお弁当を手配しています。年配の男性には、オシャレで小分けにされている高級弁当より、ちょっと品質の高いのり弁とか鮭弁が喜ばれました。(30代女性)
・料理が作れない高齢の親の食事や、自分が料理を作りたくないときに使用します。(50代女性)
・塾で生徒に提供する昼食・夕食として活用しています。(40代女性)
・子供の運動会で頼みました。子供たちはいつもと違うお弁当に大興奮! 母親である私たちは、いつもと違って朝の余裕があってとても楽しく運動会に全力投球できました。(50代女性)
・職場に主婦の方が多く夜の飲み会に参加できない人が多いため、昼休みにお弁当を取って歓送迎会を行います。普段食べられないような高級なお弁当を頼んでいます。(40代女性)
 
  • 調査概要
「デリバリー弁当利用に関する調査」
調査対象:20歳以上 男女1029人
調査方法:インターネットを用いたアンケート調査
調査期間:2019年5月23日(木)~6月5日(水)
 
  • 「くるめし弁当」とは
法人・団体向けのお弁当総合サイト(https://www.kurumesi-bentou.com/)です。ロケ弁当や会議、イベント等のシーンでご利用いただくことが多く、年間600万個以上のお弁当を「くるめし弁当」で販売しています。初期費用0円でサイトにお弁当を掲載でき、飲食店や企業に新たな販路を提供しております。現在は加盟店420店舗、9500種類以上のお弁当が掲載されています。お弁当開発が初めてでもご安心頂けるよう、商品開発から配送に至るまで日本フードデリバリーがサポートします。

【日本フードデリバリー株式会社 概要】
所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2‐10‐12 新大宗ビル3号館9F
代表者:代表取締役社長 石川聡
WEBサイト:https://www.jfd.co.jp/
事業概要:法人向けフードデリバリー事業 「くるめし弁当」「シェフコレ」
資本金:7,625万円(資本準備金を含む)
設立年月日:2010年8月26日
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本フードデリバリー株式会社 >
  3. 【デリバリー弁当利用実態調査】88%の人がデリバリー弁当に求めるのは「味」と回答 今人気のお弁当が分かる!ジャンル別お弁当人気ランキングも発表!