ティーリアム、日本法人のカントリーマネージャーに酒井 秀樹が就任

Tealium Japan株式会社(米国本社:サンディエゴ、日本法人:東京都渋谷区、以下:ティーリアム)は、新しいカントリーマネージャーに酒井 秀樹が就任したことを発表しました。酒井はティーリアムにおいて、カスタマーサクセスの拡大をはじめとする、ビジネス目標の達成を担います。
 

ティーリアム アジア太平洋日本(APJ)地域担当 バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのウィル・グリフィス(Will Griffith)は次のように述べています。「酒井は、ERP、BI、CXプラットフォームやデジタルマーケティングソリューションの企業向け販売に重点を置き、テクノロジー分野において30年以上にわたる豊富な経験を持っています。日本市場はビジネスチャンスに恵まれており、酒井のリーダーシップを通じて、実りある未来の実現を計画していきます。」

ティーリアム入社前は、CXプラットフォームで知られるサイトコアのカントリーマネージャーを務めていました。日本総合研究所でキャリアを始めた酒井は、まずSAPビジネスの立ち上げに携わり、その後はOmniture、Adobe、Qlikで、さまざまな管理職・要職を歴任してきました。

このたびの就任にあたり、酒井は次のように述べています。「カントリーマネージャーとして、ティーリアムの一員になれたことを光栄に思います。ティーリアムは最も信頼される顧客データプラットフォームであり、企業が消費者からの信頼を維持しながら、顧客体験を革新することを可能にします。デジタルトランスフォメーション時代において、日本企業がデータ主導型のCXイノベーションを最適化できるようサポートできることを楽しみにしています。」

ティーリアムは10年以上にわたり顧客データソリューションのプロバイダとして信頼を得ており、世界のトップ企業は、データ戦略を強化し、パーソナライズされた顧客体験を大規模に展開するために、ティーリアムを活用しています。国内でも、NEC、FANCL、JCB、ANAなど、CXイノベーションの最前線にいる企業にTealiumを採用いただいています。最も重要な瞬間・接点における有意義なデータ主導型の顧客体験を通じて、企業のCX戦略向上をお手伝いします。

Tealiumについて
Tealiumは、Web、モバイル、オフライン、IoT等からの顧客データをつなぎ、企業と顧客とのつながり強化を支援します。Tealiumの統合エコシステムは、1,300以上のシステムやサービスとの接続機能を標準で備え、企業やブランドが完全かつリアルタイムで顧客データを活用できる環境作りに貢献します。

Tealiumが提供する機械学習を備えたカスタマーデータプラットフォーム(CDP)、タグマネジメント、APIハブは、顧客データをより実用的で価値のあるものにするソリューションで構成されており、プライバシーに準拠した安全な運用が可能です。

 世界で850社以上の大手企業が、Tealiumに信頼を寄せ自社の顧客データ戦略強化に活用しています。詳細については、https://tealium.com/ja/ をご覧ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tealium Japan >
  3. ティーリアム、日本法人のカントリーマネージャーに酒井 秀樹が就任