ペーパーパレードとササキハルキ氏がタッグを組み、クリエイティブユニット「PP+H」を発足

新たにプロデュースするアップサイクルレーベル『Ligaretta』の新ビジュアル(アオイヤマダ起用)が公開

「紙と印刷の新たな価値の創造」を追求するデザイン会社・株式会社ペーパーパレード(東京都渋谷区 代表:和田由里子、以下「当社」)は、ファッションデザイナーとして活躍するササキハルキ氏とタッグを組み、クリエイティブユニット「PP+H(ピーピーエイチ)」を発足したことをお知らせします。

  • PP+Hについて
PP+Hは、グラフィックデザインとファッションデザインの観点からクリエイティブ、ブランディング、サステナブルなものづくりを提案するクリエイティブユニットです。
当社とササキハルキ氏はアートライフブランド「HERALBONY(ヘラルボニー)」のアートディレクションを通じて出会い、これまで、SDGsを考えるコンセプトストア「Sustainable Think.(サステナブルシンク)」や体験ショールーム店舗「Social Good Gallery(ソーシャルグッドギャラリー)」の共同プロデュースを手掛けてきました。そして今回、“サステナブルなものづくり”という共通の価値観を強みに、当社のアート領域とササキハルキ氏のファッション領域それぞれの知識を合わせることで更にイノベーティブな提案を可能にしていくことを目的としたクリエイティブユニットを発足する運びとなりました。
PP+Hの次なるプロジェクトは、NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会が新たに設立したアップサイクルレーベル「Ligaretta(リガレッタ)」の全面プロデュースです。

Webサイト:https://pph.design
 
  • Ligarettaについて

「Ligaretta(リガレッタ )」は、NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会の法人設立20周年を記念し、大手町・ 丸の内・有楽町エリアにおいて掲出されたバナーフラッグやイベントで使用した什器などの‟まち”での役割を終えたものを再生し、新たにまちへと循環させることを目的としたアップサイクルレーベルです。

大丸有エリア内から出た廃棄されゆくものをまちの物語が沁み込んだ「素材」として考え、廃棄量を減らすだけではなく「まちの物語を繋いでいく」がコンセプト。まちというコミュニティーを起点としたアップサイクルレーベルは、国内外を見渡してみても事例は多くありません。それに、まちの中にはまだまだ未活用な資源が存在します。まちから素材を採取し、その素材に沁み込んだ物語を繋ぎ再びまちへと循環させていく。‟まちの物語が沁み込んだファッションを纏う”、そんなライフスタイルを提案していきます。

 

「Ligaretta」においては、コンセプトからブランド戦略、グラフィックやファッションなどの総合面からレーベルの世界観をPP+Hが全面プロデュースします。
コンセプトビジュアルには、ダンサーや女優など幅広く活躍するアオイヤマダを起用。ヘアメイクアーティストとして冨沢ノボル氏に参加いただきました。

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000061816.html

 

  • 株式会社ペーパーパレード  プロフィール

「紙や印刷の新しい価値を生み出す」をテーマに、アートディレクター 守田篤史とタイプデザイナー 和田由里子がデジタルとフィジカルの境界を横断しながら独自の世界観を創出するデザイン会社。アートライフブランド『HERALBONY』、SDGsを考えるコンセプトストア『Sustainable Think.』等のブランディングを手掛ける他、屋外広告を素材化するサーキュラープロジェクト『open material』のプロデュースといったサステナブルな領域も得意とする。和紙を活用して開発した『折り紙マスク』ではA’Design Award & CompetitionでSilver A’Design Awardを受賞。伝統産業のサステナブルな在り方も同時に追求する。

Webサイト:https://paperparade.tokyo/
プレスリリース一覧:https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/57221

 
  • ササキハルキ氏  プロフィール

株式会社ikurahdesign代表。ファッションデザイナー。文化服装学院アパレルデザイン科在籍中より『TSUMORI CHISATO』でアシスタントデザイナーとして働く。その後、15年以上に渡り ”大人げない大人の服”『FRAPBOIS(フラボア)』のデザイナーを歴任。アパレル全般の深い見識に限らず、サステナブル領域にも精通。アートライフブランド『HERALBONY(へラルボニー)』を統括。2022年より北日本製袋にて米や米資材の新たな可能性を創る『COME SACK(カムサック)』ブランドの立ち上げ。2023年よりPP+Hに参画し、サステナブルなものづくりを目指す。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ペーパーパレード >
  3. ペーパーパレードとササキハルキ氏がタッグを組み、クリエイティブユニット「PP+H」を発足