100万円から投資できる個人投資家向けユニコーンファンド第3弾、投資予定企業がフードテックの米ユニコーン企業「Eat Just」に決定

植物由来の代替卵製品を欧米・アジアを中心に販売するほか、シンガポール食品庁の認証で世界初の培養肉販売も行うSDGs注目企業「Eat Just」に投資するファンド。2021年11月30日(火)募集開始

HiJoJo Partners株式会社が、100万円から投資できる個人投資家向けユニコーンファンド「HiJoJoユニコーンファンド」シリーズの第3弾ファンドの投資予定企業を、代替卵や培養肉のフードテック企業「Eat Just(イートジャスト)」に決定し、2021年11月30日(火)にファンドの募集を開始します。
ユニコーン企業(*1)を中心に国内外の非上場スタートアップ企業に投資するファンドを組成・販売・運用するHiJoJo Partners株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:スピリドン・メンザス、以下HiJoJoパートナーズ)は、100万円から投資できる個人投資家向けユニコーンファンド「HiJoJoユニコーンファンド」シリーズの第3弾ファンド(以下本ファンド)の投資予定企業と募集開始日を決定しましたので、お知らせします。

 

ファンド名 Eat Justファンド(イートジャストファンド)
投資予定企業 Eat Just, Inc.
募集開始日 2021年11月30日(火)

投資予定企業の紹介を含む具体的な募集内容の閲覧、および投資のお申込は、HiJoJoパートナーズの個人投資家向けサイト「HiJoJo.com( https://www.hijojo.com )」で登録済の投資家限定となります(登録は無料)。なお、募集金額および募集人数には上限があり、お申込は先着順での受付となります。

*1) ユニコーン企業とは、企業評価額が10億USドルを超えているが上場はまだしていない急成長スタートアップ企業の総称。

【重要事項】
HiJoJo Partners株式会社が取り扱うオンライン販売ファンドは、各種手数料(販売報酬、事務管理委託手数料、営業者運営手数料、管理報酬、成功報酬)が発生します。手数料率、報酬率その他具体的な手数料等の諸費用の内容については、個々のファンドにより異なるため、ファンド商品説明書もしくは契約締結前交付書面をご確認ください。
ファンドの投資対象は国内外の有価証券であること、およびファンド持分は流動性が低いことから、価格変動リスク、為替変動リスク、流動性リスク、信用リスク及びカントリーリスク等があります。これらのリスク要因により、お客様が出資した元本額が欠損する等の損失が生じるおそれがあります。
詳細は、HiJoJo Partners株式会社ホームページ( https://www.hijojo.com/important-matter )をご参照ください。

【HiJoJo Partners株式会社について】
HiJoJo Partnersは、外資系証券出身者を中心に証券市場のプロフェッショナルが結集した金融スタートアップです。海外の有力スタートアップ投資家や起業家のインナーサークルにアクセス可能な独自ネットワークや、豊富なスタートアップ投資経験に裏付けられた調査能力を背景に、ユニコーン企業を中心とした国内外の非上場企業に投資するファンドを多数組成・販売・運用しています。
登録番号:  関東財務局長(金商)3065号
登録業務:  第二種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業加入協会: 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. HiJoJo Partners株式会社 >
  3. 100万円から投資できる個人投資家向けユニコーンファンド第3弾、投資予定企業がフードテックの米ユニコーン企業「Eat Just」に決定