流通経済研究所、ショッパーの視線を学習したAIを共同で育成開始

リアル店舗活性化プロジェクト2020

公益財団法人 流通経済研究所(東京都千代田区 理事長 青山 繁弘、以下流通経済研究所)は、主催する「リアル店舗活性化プロジェクト」の中で、ショッパーの視線を学習したAI(人工知能)の育成を研究パートナーと共同で行います。
研究パートナーである、株式会社NeU(東京都千代田区 代表取締役CEO 長谷川 清、以下NeU)と株式会社ジオクリエイツ(本社:東京都港区 代表取締役:本田 司、以下ジオクリエイツ)と連携し、これまでにベースモデルの開発を進めてきました。
今後は、視線データと同時に収集している脳活動データを学習データとして設定し、ショッパーの購買行動における無意識的な評価についても検討できるよう、育成を進めていきます。また、消費財メーカーなどに研究プロジェクトへ参加を募り、追加でショッパーの視線および脳活動の情報を取得する調査を行い、AIの活用の幅を広げていく予定です。

流通経済研究所は、主催する「リアル店舗活性化プロジェクト(以下本プロジェクト)」の中で、ショッパーの視線を学習したAI(人工知能)の育成を研究パートナーと共同で行います。
研究パートナーである、近赤外光を使った脳計測技術(NIRS)による脳活動をリアルタイムに可視化する技術を持つNeUと空間体験価値を定量化するVR用SaaS「ToPolog(トポログ)」を展開するジオクリエイツと連携した研究により、このたびショッパーの視線推定ができるAIのベースモデルが開発できました。
今後、開発したベースモデルを用いて、ショッパーが売場で見やすいパッケージデザインの検討や販促物、クリエイティブデザインの検討、店頭での商品陳列、売場演出の評価などへ活用することを想定し、学習データを増やしながら育成していく予定です。
本プロジェクトは、進化し続けるリテールテクノロジーを活用し、店舗内における買物客の行動を分析し、買物価値を高め、ストア・ロイヤルティを高める売場施策について研究する流通経済研究所・店頭研究開発室が企画・運営する研究プロジェクトです。2018年度から、新展開としてVR(バーチャル・リアリティ)を活用した店舗施策の研究や脳血流計測による無意識の買いやすさ評価に取り組んでいます。

育成中のAIによる視線推計結果育成中のAIによる視線推計結果


コンシューマー(消費者・使用者)だけでなく、ショッパーの行動や心理の深い理解に基づきマーケティング活動を行うショッパー・マーケティングへの注目が高まっており、商品開発、マーケティングの段階においてもショッパーの視点を考慮することが必要になっています。
これまでの研究で蓄積してきたショッパーの視線データを学習データに用いてベースモデルを開発できたため、今後は、視線データと同時に収集している脳活動データを学習データとして設定し、ショッパーの購買行動における無意識的な評価についても検討できるよう、育成を進めていきます。また、消費財メーカーなどに研究プロジェクトへ参加を募り、追加でショッパーの視線および脳活動の情報を取得する調査を行い、AIの活用の幅を広げていく予定です。

本プロジェクトにおけるVRを用いた売場評価の様子本プロジェクトにおけるVRを用いた売場評価の様子


リアル店舗活性化プロジェクト2020では、より広くAIを活用していくために、本プロジェクトにご参加いただける消費財メーカー、卸売業を募集しています。本プロジェクトのご紹介のためのセミナーを企画いたしましたので、ぜひご参加ください。
 
  •  VRと脳活動・視線データを用いたリアル店舗評価のための共同研究プロジェクトご紹介セミナー(参加費無料)
 https://www.dei.or.jp/seminar/seminar_200715

■開催日時:  2020年7月15日(水)15:00~17:00(受付開始:14:30~)
■会場: 【リアル会場】流通経済研究所セミナールーム1(デモ実施・10名まで聴講可)
    【バーチャル会場】zoomによるライブ配信(200名まで聴講可)
■参加費:  いずれも無料
■対象者:   消費財メーカーのマーケティング、ブランド開発に関わる方
     消費財メーカー、卸売業で小売業のプロモーション企画、提案に関わる方
               消費財メーカー、卸売業で新しい視点でリアル店舗活性化のための店頭施策を考えたい方
※上記の業種以外の場合、お申込みをお受けできない場合がございます。あらかじめご了承ください。
■お申込み:流通経済研究所サイトより受け付けます
 https://www.dei.or.jp/seminar/seminar_200715
なお、ご紹介セミナー会場では、「VRによる売場評価の体験」と「AI視線推定」を体験いただくことができます。会場での聴講をご希望の方は、お申込み後、別途メールにてご用意いただくものをお伝えします。
 
  • 研究パートナー
 ■株式会社NeU(ニュー)
設立  : 東北大学の認知脳科学の知見と、日立ハイテクノロジーズの携帯型脳計測技術を軸に2017年8月に設立
所在地 : 東京都千代田区神田司町2-2 新倉ビル
代表者 : 代表取締役 長谷川 清
資本金 : 3億5,900万円(資本剰余金含む)
事業内容: 脳科学の産業応用事業
URL  : https://neu-brains.co.jp/
株式会社NeUは、東北大学加齢医学研究所川島研究室の「認知脳科学知見」と、日立ハイテクの「ウェアラブル脳計測技術」とを軸に、社会のさまざまな分野で人にフォーカスしたソリューションを展開しています。また企業向けには、商品企画や設計段階からグローバル化・多様化するニーズに応じたモノづくりを脳科学で支援します。

■株式会社ジオクリエイツ
設立  : 2012年6月15日
所在地 : 東京都港区浜松町2-7-17 イーグル浜松町ビル2階B号室
代表者 : 代表取締役 本田 司
資本金 : 1億50万円(資本準備金含む)
事業内容: VR用SaaS「ToPolog」開発・運営、VR/ARサービスの企画・開発
URL  : http://geocreates.net/
「すべての人に最高の空間体験を!」をビジョンに掲げ、空間体験価値を定量化するVR用SaaS「ToPolog(トポログ)」を展開しています。国内外の様々なインテリアや建築や都市のプログラムでの関与実績から、設計者・事業主・エンドユーザー間の課題を捉え、設計段階や設計前後の現地のVRでの視線や脳波を測定・推定でデータベース化・AI化して、不動産や小売などの空間デザインの民主化を実現します。

■公益財団法人 流通経済研究所
設立  : 1966年10月
所在地 : 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10F
代表者 : 理事長 青山 繁弘
事業内容: 流通・マーケティング分野専門の研究機関
URL  : https://www.dei.or.jp/
公益財団法人流通経済研究所は、1966年(昭和41年)の設立以来およそ半世紀にわたり、流通・マーケティングの専門研究機関として、小売業店頭における購買行動の研究、食品流通構造・サプライチェーンの高度化、食品ロス削減に向けた研究、農産物・地域振興の振興などの研究活動・事業支援を行っています。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人流通経済研究所 >
  3. 流通経済研究所、ショッパーの視線を学習したAIを共同で育成開始