ラフール、「テレワークカンファレンス」に登壇決定!テレワーク時代におけるサーベイの必要性・生産性の高い組織づくりを行うためのノウハウをお伝えします!

「心理的安全性」と「エンゲージメント」を可視化するツール『ラフールサーベイ』を提供する株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:結城啓太、代表取締役副社長:小梨明人、以下「ラフール」)は、2020年4月27日(月)~28日(火)の2日間にわたってオンラインで開催される「テレワークカンファレンス」に、当社執行役員大塚が『テレワーク時代における「組織分析」を活用したサーベイの必要性/生産性の高い組織づくり』をテーマに登壇いたします。

 


SaaSベンダー25社以上が集結し、2日間にわたって開催される「テレワークカンファレンス」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響から、急な在宅勤務・テレワークの要請となった企業を支援する目的で、「テレワークをどうおこなえば良いかわからない」「テレワークで困っていることがある」といった課題を抱えた企業に向け、在宅勤務・テレワークに関する情報を提供いたします。

第3回目となる今回は、テレワークに加え、バックオフィス、営業活動、人材・採用、エンゲージメントなどの観点から、以下6名の講師を招いて基調講演を開催します。

〇基調講演の登壇者一覧(順不同)
  • サイボウズ株式会社:大槻 幸夫氏(コーポレートブランディング部 部長)
  • 社会保険労務士法人スマイング:成澤 紀美氏(代表社員)
  • 総務省:箕浦 龍一氏(行政評価局総務課長)
  • 株式会社digsas:石井 友規氏(Founder & CEO )
  • 株式会社キャスター:石倉 秀明氏(取締役COO)
  • 株式会社NEWONE :上林 周平氏(代表取締役社長)


2日目の「テレワーク × エンゲージメント」枠において、当社執行役員大塚が『テレワーク時代における「組織分析」を活用したサーベイの必要性/生産性の高い組織づくり』をテーマに登壇致します。テレワーク導入が進み、社員は大きな外的要因のもと、働き方/仕事に対する考えを根本から見直すきっかけになりました。そのような状況下だからこそ、「組織分析」により、社員の心身の不調やホンネ、どこの部署にどんな課題があるかを可視化することが重要だと考え、テレワーク時代におけるサーベイの必要性/生産性の高い組織づくりの手法をお伝えします。

「テレワークカンファレンス」では他にも、在宅勤務・テレワークでの運動不足の解消方法や、在宅環境を整えるための役立つ情報も提供予定です。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の1日も早い収束を願うとともに、テレワーク・リモートワークを導入する企業様が安心・安全に業務を進めるうえでの、ご参考になれば幸いです。

下記URLより詳細をご確認の上、お申込みください。
https://mpages.chatwork.com/Telework_conference_v3.html


当社では、働く方々のメンタルヘルスケアを通じて仕事や人生をポジティブに捉えられる方を1人でも多く増やすことで、会社や日本を元気にしていきたいと強く考えております。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に負けず、当社のミッションである「ラフールネスで世界を笑顔に」を実現すべく、今後も引き続き、企業・個人問わず、メンタルヘルス課題解決の一助になれますよう、努めて参ります。


■ テレワークカンファレンス 概要
名称:テレワークカンファレンス(第3回)
登壇日時:2020年4月28日(火) 17:40~18:00 ※前後する可能性がございます。
会場:オンライン開催 ※お申込みいただいた方に参加用URLをお送りします。
参加費:無料
定員:なし
主催:株式会社あしたのチーム、株式会社ラフール、株式会社アトラエ、株式会社エイトレッド、株式会社オウケイウェイヴ、株式会社OKAN、カラクリ株式会社、株式会社キャスター、株式会社スタディスト、社会保険労務士法人スマイング、株式会社SmartHR、総務省、Chatwork株式会社、株式会社ティップネス、ドコデモ株式会社、株式会社NEWONE、株式会社ネオキャリア、株式会社ネオラボ、株式会社PR TIMES、ファースト&タンデムスプリント法律事務所、弁護士ドットコム株式会社、Marketing-Robotics株式会社、株式会社マツリカ、株式会社マネーフォワード、Unipos株式会社、株式会社リフカム、株式会社RECEPTIONIST、株式会社Revcomm、株式会社ROXX、株式会社ROBOT PAYMENT (順不同、敬称略)
当社登壇テーマ:『テレワーク時代における「組織分析」を活用したサーベイの必要性/生産性の高い組織づくり』


■ 当社登壇者
株式会社ラフール 執行役員 社長室長
大塚 友広(おおつか ともひろ)

1983年群馬県生まれ。
2005年新卒一期生として株式会社イノベーションに入社、その後スタートアップの立ち上げバイアウトを経験。
2015年群馬県にある富岡製糸場の世界遺産プロジェクトに民間登用で世界遺産および観光プロジェクトのトップに着任。
その後izuru株式会社代表取締役、Marketing-Robotics株式会社取締役COOを経て、株式会社ラフールに参画。社長室付き役員として、大型アライアンスやセミナー企画を中心に担当。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、企業活動や経済活動を前に進めるため、企業間でプロダクトやサービスを紹介し合うプロジェクト【Interactive Co-creation~to overcome covid-19】を発足。


■ ラフールについて
・社名:株式会社ラフール
・本社所在地:〒103-0025 東京都中央区⽇本橋茅場町2-9-5 ⽇進ビル7階
・設⽴:2011年11⽉30⽇
・代表者:代表取締役社⻑ 結城啓太
・事業内容:メンタルヘルステック事業、スリープテック事業、保育園事業
・URL:http://www.lafool.co.jp


■『ラフールサーベイ』について
企業の健康経営が注目されつつあり、社員の「心理的安全性」と「エンゲージメント」の関係性が重要視されています。『ラフールサーベイ』は、その心理的安全性とエンゲージメントを可視化できるツールです、通常のストレスチェックだけでは見えづらい心の状態が可視化されることで、社員が安心して働ける職場環境をつくり、人材の定着と組織改善に繋げられます。最大の特長は、約3,000社の従業員18万⼈以上のメンタルヘルスデータから、⼤学や臨床⼼理⼠の知⾒を取り⼊れた独⾃の調査項⽬を従来のストレスチェックに加えることにより、多⾓的な分析ができる点です。組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能です。
・URL:https://survey.lafool.jp/ 
・アプリ版対応端末:iPhone/Android
・対応言語:日本語
・サービス地域:日本
・サービス開始日:2019年2月(Web版)、2019年6月(アプリ版)
・価格:ダウンロード無料
・開発・運営:株式会社ラフール
・App Store:https://apps.apple.com/jp/app/lafool/id1342462230
・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lafool.lafoolapp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラフール >
  3. ラフール、「テレワークカンファレンス」に登壇決定!テレワーク時代におけるサーベイの必要性・生産性の高い組織づくりを行うためのノウハウをお伝えします!