味の素㈱「マッケンチーズ」の売上が計画比1.5倍に!デザインを瞬時に評価するAIがパッケージ開発に寄与

パッケージデザイン開発とマーケティング・リサーチを行う株式会社プラグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亮)が提供するパッケージデザイン評価サービス『パッケージデザインAI』を、味の素株式会社(本社:東京都中央区、社長:藤江 太郎、以下味の素社)の新商品『マッケンチーズ』のデザイン開発に導入いただきました。

味の素社ではネットショッピング限定の新商品開発を進める中、デザイン開発の期間とコストを削減するため新たな手法を探す中で、パッケージデザインAIを導入いただきました。従来、デザイン開発に2か月ほどの期間と数百万円のコストをかけていましたが、本AIを使うと低価格で瞬時にできることを評価いただきました。本導入によって、デザイン開発期間が半分で完了することを実現しました。「マッケンチーズ」の売上は計画比150%(2021年11月発売11~3月の5か月) と好調。2022年度は、当初計画の110%、前年比250%(2021年度着地数量をベースとして)の販売を見込んでいます。

​■AIを使って9のデザイン案を2案に絞り込む
デザイン開発の過程において、本AIを2度活用。1回目でデザイン9案を2案に絞りこみ、デザインの修正の方向性を決定。2回目で修正前の案に比べ、好意度やイメージワードが向上していることを確認し、最終デザインが決定されました。


1回目:方向性の異なる9つのデザイン案をAIにかけ、好意度とバラつき、イメージワードの結果を確認。AI評価と同時に社内の担当者にアンケートも実施し、2案に絞りました。本商品はネットショッピング限定の商品であるため、スマホ画面で見ても「おいしさ」と「高級感・上質感」が伝わることを重視。AIの結果を元に、2案をよりおいしさが伝わるシズルに変更したり、高級感がでる背景色を変更するなどのデザイン修正が行われました。

2回目:修正案が修正前のデザインに比べ、好意度やおいしそう、高級感・上質感等のイメージワードのスコアが向上したことを確認し、最終デザインを決定しました。

■導入の背景:低価格で瞬時に結果の出るAI
味の素社ではネットショッピング限定の新商品開発を進める中、店頭で販売する商品開発に比べ時間や予算が限られるため、従来の商品開発の方法とは異なるやり方を模索していました。デザイン開発について適した方法を探す中で、低価格で瞬時に結果がわかるパッケージデザインAIを導入いただきました。


■味の素株式会社 生活者解析・事業創造部 ECグループ 谷田 泉氏のコメント
パッケージデザインAIを活用するメリットは時間短縮とコスト削減、そして、膨大なユーザーデータをベースとした評価と言い切れる点です。コストと時間をかけていたデザインの絞り込みが、瞬時にリーズナブルにできることは、生産性の向上につながります。商品開発期間を短くする新たな取り組みとして、社内でも評価されています。引き続き、新商品のパッケージデザインの絞り込みに使用していきたいです。

パッケージデザインAIとは
1020万人の消費者調査の結果を学習データに使い、東京大学と共同研究したシステムです。2つのメニューがあり、消費者がデザインをどのように評価するかをAIが予測する「評価AI」と、デザイン生成と評価を繰り返し行い1時間で1,000のデザイン案を生み出す「生成AI」があります。今回、味の素社では「評価AI」を活用いただきました。フルオンラインで、短時間に消費者のデザイン評価を得ることができる『パッケージデザインAI』は、従来の消費者調査よりも手軽に結果が得られることが評価され、多くのマーケターの関心を集め、普及・活用が進んでいます。

◆『パッケージデザインAI』活用のメリット
本サービスを活用いただくことで、以下のようなメリットを創出します。
・商品開発期間の大幅な短縮とコスト削減
・新商品、リニューアル商品の売上アップに貢献
・商品開発に携わる商品開発担当者やブランドマネジャー、デザイナーの業務効率化に貢献
・ビールや飲料、菓子、食品、調味料、日本酒、パスタソース、医薬品、衛生用品、化粧品、ペット用品、和日配、ビジネス書をはじめとする、51のカテゴリーで使用が可能
・性別、年代別にターゲティングが可能で、ターゲット層にささるパッケージ開発を実現します
・消費者調査を行わないため、情報漏えいのリスクが大幅に軽減されます
・利用料金は評価AIが1画像15,000円、もしくは、月額50万~70万円(契約月数で変動)。生成AIが1プロジェクト30万円から。

パッケージデザインAI 受賞歴
『ディープラーニングビジネス活用アワード』特別賞受賞
(主催:日経クロストレンド・日経ⅹTECH 後援:日本ディープラーニング協会・経済産業省)
『Tokyo Contents Business Award2021』 (主催:東京都) 奨励賞受賞
『第3回 スタ★アトピッチJapan』(主催:日本経済新聞社) アトツギベンチャー部門賞受賞 等

パッケージデザインAI URL:https://hp.package-ai.jp/

【株式会社プラグ 会社概要】
所在地:東京都千代田区神田神保町1-3-5  
代表者:代表取締役社長 小川 亮 
事業内容:パッケージデザイン開発、マーケティング・リサーチ、商品開発支援
URL:http://www.plug-inc.jp/

社内にマーケティング・リサーチ部とパッケージデザイン部があり、パッケージデザイン評価について、国内で有数の実績があります。代表小川は、(公社)日本パッケージデザイン協会理事長、(一社)日本マーケティング・リサーチ協会理事、早稲田大学 マーケティング・コミュニケーション研究所 招聘研究員、明治大学 グローバルビジネス研究科(MBA)講師 等を務めます。著書に『売れるパッケージデザイン150の鉄則』(日経BP)等があります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラグ >
  3. 味の素㈱「マッケンチーズ」の売上が計画比1.5倍に!デザインを瞬時に評価するAIがパッケージ開発に寄与