留学生の就職率向上を目的に、株式会社Helteが運営する日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」が明海大学に導入されました。

留学生の就職率向上を目的に、株式会社Helte(本社:千葉県柏市、代表:後藤学、以下「Helte」)が運営する日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」が学校法人明海大学(千葉県浦安市、学長:安井利一、以下「明海大学」)に導入されました。
  • 導入の背景と目的

株式会社Helteは国内外の大学や教育機関への導入実績を活かし、日本での就職において様々な課題を抱えている留学生の就職率を向上させるため、日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」を軸としたソリューション展開を拡大することとなりました。
明海大学への導入を皮切りに、日本語、生活、就職等、様々なサポートを提供できる「Sail」のメリットを最大限に活かし、全国の大学への導入を進めていきます。

 

 

<留学生の就職率向上に向けた「Sail」導入のメリット>

 

大学では日本語の基礎や日常生活での日本語コミュニケーションに加え、JLPT N1/N2という高いレベルの級を取得しています。
しかし就職後には、さらに高いレベルの日本語によるコミュニケーションが求められるため、Sailで幅広い年齢層の日本人との会話を実践し、敬語やマナー、日本の企業で働く上での基礎知識を身につけることができます。
 

 

  • 明海大学について

創立以来、社会性・合理性・創造性豊かな国際社会で活躍する人材を育成すると共に、人類共存の理念に基づき広く社会の発展に貢献することを目的としています。
高度な語学力を備えた国際人、グローバル経済社会で活躍できるビジネスパーソン、暮らしとビジネスのクリエーター、ホスピタリティ業界のエキスパート、多様なニーズに応えられる歯科衛生士、広い視野を備えた新時代の歯科医師など、各分野において、国際社会で活躍できる人材を育てます。

 

 

  • 「Sail」の国内外の大学・教育機関への導入実績

日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」は、これまで国内外の大学や日本語学校に導入されてきた実績を持ち、日本で就職を希望する日本語学習者などの来日後の会話力向上のため活用されてきました。


<これまでの導入実績>


<大学との研究事例>
日本語学習者の日本語会話力向上と文化理解の向上について、英国Sussex大学と「Sail」を活用した共同研究を実施しています。

 

▼(株)Helteと英国Sussex大学が「Sail」を活用した日本語学習者の日本語コミュニケーション能力・日本文化理解度の向上に関する研究共同研究を開始します。(プレスリリース)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000057665.html

 

日本の人と日本ファンの世界の人を"日本語"で繋ぐ「日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス」です。予約、会話、評価、分析まで一気通貫で行い、日本の高齢化問題、外国人の教育や文化理解の課題をワンストップで解決。


神奈川県や豊田市、東京大学、奈良女子大学といったパブリックセクターとの連携も行い、日本の人と世界の人を繋げ、社会課題の解決、産学連携でのソーシャルインパクトの創出に取り組んでいます。

 

  •  Helte会社概要

社名:株式会社HelteURL:https://helte.jp/
Sail URL:https://sailglobal.helte.jp/
所在地:千葉県柏市東上町 2-28 第一水戸屋ビル 3F Nob+内
代表取締役:後藤学
資本金:130,181,703円
事業内容:
・日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」の運営業務
・オウンドメディアの運営
・海外人財と企業のマッチング
 

  • 本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社Helte
担当者:三浦 智絵美
e-mail:support@helte-corp.com

  1. プレスリリース >
  2. Helte >
  3. 留学生の就職率向上を目的に、株式会社Helteが運営する日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」が明海大学に導入されました。